寒い冬の日に車のフロントガラスが凍っている

早く出かけなくてはいけないのになかなか凍ったフロントガラスが溶けない

そんな車の凍ったフロントガラスを早く溶かしていくにはどうすればいいのか

凍ったフロントガラスを早く溶かしていくおすすめの対策方法や溶かす時に注意してほしいことなどについて書いていきます。

ただエアコンの暖房をつけて待っているだけでは、なかなか凍ってしまっているフロントガラスは解けないので

暖房のつけ方や解氷アイテムなどを上手く使っていかなくてはいけませんからね。

スポンサーリンク

車の凍ったフロントガラスを早く溶かす対策方法

寒い冬の時期に困ってしまうのが車のフロントガラスが凍ってしまっていて前が見えなくて車を動かすことができないことですよね。

特に時間が無い朝などは、凍ってしまっているフロントガラスを早く溶かしていきたいです。

そこで、凍ってしまっているフロントガラスを早く溶かしていく対策方法は

暖房をつけてガラスの内側を温めて溶かしていくこと
解氷アイテムを使ってガラスの外側から溶かしていくこと

この2つのことを行っていきます。

多くの人が、ただ暖房をつけるだけだったり、解氷アイテムをつけるだけだったりどちらか1つのことだけをやっていることが多いです。

確かにそれでも凍っているフロントガラスを溶かしていくことはできますが、どうしても溶けるまでに時間がかかってしまいます。

なので、凍ったフロンガラスを早く溶かしていくには、この2つのことを同時に行っていくようにしてください。

溶け始めてきたらワイパーを動かす

上記の2つのことを同時に行っていくことで、フロントガラスの下の方から徐々に凍っている状態が溶けてきます。

そこで、氷が解け始めてきた時に初めてワイパーを動かしてください。

ワイパーを動かすことによって、溶け始めてきた氷をガラスから排除してくことができるのでよりエアコンの熱がガラスに伝わりやすくなり溶けやすくなります。

全く溶けていない状態でワイパーを動かしてもワイパー自体が凍ってしまっていて動かなかったり

動いてもワイパーに付着してしまっている氷や霜でガラスを傷つけてしまったりしてしまいます。

なので、必ず溶け始めてきてからワイパーを使うようにしてください。

凍ったフロントガラスを早く溶かしていく暖房のつけ方やおすすめの解氷アイテムもあるので、更に詳しく書いていきますね。

車の凍ったフロントガラスを早く溶かす暖房のつけ方

車の凍ったフロントガラスを早く溶かす暖房のつけ方は

車のエンジンをかけて暖房をつける

デフロスターのスイッチを入れる

デフォッガーのスイッチを入れる

暖房の温度設定をMAXにする

暖房の風量設定をMAXにする

です。

車のエンジンをかけて暖房をつける

まずは、すぐに車のエンジンをかけて暖房をつけてください。

車に雪が積もってしまっている場合は、ドアを開けれる状態にしてエンジンをかけて暖房をつけた後に、車に積もった雪をどかしていくようにしてください。

ただしこの時に、車のマフラーが雪で覆われていないかを必ず確認してください。

車のマフラーが雪で覆われてしまっていると、エンジンをかけた時に排気ガスを外に排出していくことができなくて車内に排気ガスが入り込んできてしまいます。

車のマフラーが雪で覆われてしまっている時は、エンジンをかける前に必ずマフラー周りの雪をどかして排気ガスがしっかりと外に排出されるようにしてください。

デフロスターとデフォッガーのスイッチを入れる

デフロスターとデフォッガーのスイッチっていうのは、上記の画像のスイッチです。

デフロスターは、フロントガラスの下からエアコンの風が吹き出てくるスイッチ

デフォッガーは、リアガラスの熱線のスイッチです。

この2つのスイッチをオンにすることによって、早くフロントガラスやリアガラスが凍ってしまっているのを溶かしていくことができます。

暖房の温度設定をMAXにする

エアコンの温度設定を一番高い温度に設定して、エンジンが暖まってきた時に暖かい風がしっかりと出てくるように設定します。

暖房の風量をMAXにする

暖房の風量もMAXにするっていうのも、温度設定を一番高い温度に設定するのと同じで、エンジンが暖まってきた時に、暖かい風を多くガラスに当てていく為です。

まずは、このようにすぐに車のエンジンをかけて暖房をつけてください。

車の暖房はつけてもすぐには、暖かい風は出てきません

暖かい風が出てくるのは、エンジンが暖まってきてからです。

なので、すぐにエンジンをまずはかけて暖房をつけてから、車に積もっている雪かきをしたり

凍っているフロントガラスの霜を取っていく作業を行っていきます。

スポンサーリンク

車の凍ったフロントガラスを早く溶かす解氷アイテム

車のエンジンをかけて暖房をつけた後は、凍ったフロントガラスの早く溶かしていく作業を行っていきます。

そこで、おすすめの解氷アイテムが

スクレイパー
解氷スプレー

です。

スクレイパーっていうのは、ガラスに付着している氷を上手くこすり落としていってくれるアイテム

解氷スプレーっていうのは、凍っているガラスに吹きかけることで凍っている霜を早く溶けるようにしてくれるスプレーです。

解氷アイテムの使い方

解氷アイテムの使い方は

スクレイパーでフロントガラスを軽く擦る

解氷スプレーをフロントガラスに吹きかけていく

溶け始めてきたらワイパーを動かす

です。

まずは、凍っているフロントガラスにスクレイパーを当てて軽く擦っていきます。

スクレイパーで軽く擦ることによって、ガラスについている凍っている霜を少し取り除いていきます。

それから解氷スプレーをフロントガラスに吹きかけていきます。

最初にスクレイパーで凍っている霜をある程度落としていくことができているので、その状態で解氷スプレーを使う事によって

ガラスについている凍っている霜により多くの解氷スプレーの成分を浸透させていくことができるので、早く溶かしていくことができます。

車の凍ったフロントガラスを溶かす時に注意すること

フロントガラスが凍ってしまっているのを早く溶かしていく対策方法についてはわかってもらえたと思います。

そこで、凍ったフロントガラスを早く溶かしていく時に注意してほしいやってはいけないことがあります。

それは、熱湯を凍ったフロントガラスにかけて溶かしていくことです。

多くの人が凍ったフロントガラスを早く溶かしたい時に、熱湯をかけることが多いです。

しかし、実はこの熱湯対策は

急激な温度差によってガラスが割れやすくなってしまう
溶けてもすぐにまた凍ってしまう

などのことが起こりやすいので注意しなくてはいけません

熱湯をガラスにかけてしまうことによってガラスがひび割れてしまう可能性がありますし

瞬間的に熱湯によって解凍していくことができても、その熱湯がすぐに冷めてしまうことによって、その水によってまたガラスが凍りやすくなってしまいます。

どうしてもすぐに溶かしていきたい場合は30℃くらいのぬるめのお湯を使っていくようにしていってください。

まとめ

車の凍ったフロントガラスを早く溶かす対策方法!暖房のつけ方と解氷アイテム!について書いていきました。

寒い冬の季節は、どうしても車のフロントガラスが凍ってしまうことが多いです。

そこで、凍ったフロントガラスを早く溶かしていく対策方法は

すぐに暖房をつけること

車の雪かきをしてから、解氷アイテムを使っていく

溶け始めてきたらワイパーを動かしていく

です。

暖房をつける時は

デフロスターとデフォッガーのスイッチを入れる
温度設定をMAXにする
風量をMAXにする

ようにしておいてください。

おすすめの解氷アイテムは

スクレイパー
解氷スプレー

です。

熱湯をかけて凍ったフロントガラスを溶かしていくのは、ガラスが割れやすくなったり

すぐにまた凍ったりしてしまうので注意してください。

車のガラスが曇りやすくなる原因や曇りを素早く取っていく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇る原因と曇りを素早く取る方法!

車の暖房が効かない時の原因や効きを良くしていく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

車の暖房が効かない原因と効きを良くする方法!

車の暖房を早く効かせて車内を暖めるコツについては、コチラの記事に書いてあります。

車の暖房を早く効かせて暖かくするコツ!

冬に車の燃費を良くする為のおすすめの対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

冬に車の燃費を向上させる対策方法!

車の中で灯油をこぼした時の対処法や臭いを早く消していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

車の中で灯油がこぼれた時の正しい対処方法!

スポンサーリンク