車のガラスが見えにくくなってしまう時がありますよね

雨の日にガラスがぼやけて見えにくくなってしまったり

ガラスが白っぽくなってぼやけて見えにくくなってしまったり

など

そんな車のガラスが見えにくくなってしまう原因に多いのが油膜や水垢があります。

どうして車のガラスに油膜や水垢がついてできてしまうのか

車のガラスが見えにくくなる原因や油膜や水垢がガラスにこびりついてしまう原因などについて書いていきます。

スポンサーリンク

車のガラスが見えにくくなる原因

車のガラスがいつの間にかぼやけてしまったりして見えにくくなって運転中の視界が悪くなってしまうことがあります。

車のガラスが曇ってしまい見えにくくなっている時は、ワイパーを動かしたりタオルで拭いたりして曇りを取っていくとすぐに視界は良くなります。

しかし、ワイパーを動かしたりタオルでガラスを拭いたりしても、ガラスがぼやけてしまって見えにくい時があります。

そんな車のガラスが見えにくくなってしまっている時の大きな原因は

ガラスに油膜がついている
ガラスに水垢がついている

この2つです。

そして、このガラスに油膜がついて見えにくくなる時の症状と

ガラスに水垢がついて見えにくくなる時の症状には違いや特徴があります。

雨の日にガラスが見えにくくなる症状が出る

雨の日にガラスが見えにくくなる症状が出る時は、油膜が原因です。

晴れていてガラスが乾いている時は、特に視界が悪くないけど

雨の日になるとガラスがにじんで視界がぼやけてしまったり

雨の日の夜になると、対向車のライトや外灯の明かりなどが反射して見えにくくなったり

などの症状が出る時ですね。

晴れている日にガラスが白っぽく見えにくくなる症状が出る

晴れている日にガラスが白っぽく見えにくくなる症状が出る時は、水垢が原因です。

晴れている日でガラスが乾いている時に、ガラス全体が白っぽくぼやけていて見えにくかったり

白いウロコ状の斑点がガラスに多く出来てしまっていて見えにくくなっていたり

などの症状が出る時ですね。

お風呂場の鏡が水垢で汚れてしまっている時の症状と同じですね。

車のガラスが見えにくくなる油膜がつく原因

車のガラスに油膜がついてしまって、ガラスが見えにくくなってしまっているっていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、いったいどうして車のガラスに油膜がついてしまうのか

その油膜がついてしまう原因として多いのが

車の排気ガス
雨に混じっている油分
車のワックスのはがれ
ガラスの撥水コーティング剤の劣化
手の油

などです。

車の排気ガス

車の排気ガスっていうのは、車の排気ガスには脂分が含まれています。

車の排気ガスっていうのは、車を運転している時は、前の車の排気ガスだったり、渋滞している時などは色々な車の排気ガスがガラスについてしまいますし

車を駐車場などに止めていても、周りの車の排気ガスがついてしまいます。

雨に混じっている油分

雨に混じっている油分っていうのは、工場の煙だったり、車の排気ガスだったりの油分が雨に混じってガラスについてしまいますし

家庭やお店などから出る煙にも、料理した時の脂分などが雨に混じったりしてガラスについてしまいます。

車のワックスのはがれ

車のワックスのはがれっていうのは、車を洗車した時など車にワックスなどをつけたりしますよね

そのワックスが劣化したりして、ワックスに含まれている油分が雨などによってガラスについてしまったりしてしまいます。

ガラスの撥水コーティング剤の劣化

ガラスの撥水コーティング剤の劣化っていうのは、撥水コーティング剤に含まれている撥水被膜などの成分が劣化して、そのまま油膜となってガラスに残ってしまいます。

スポンサーリンク

手の脂

手の脂っていうのは、皮脂などの脂分ですね。

車の洗車した後に、タオルで拭く時にガラスを手で触ってしまったり

特に車内で子供などがガラスを触ったりしてしまうと、ガラスの内側に油膜がつきやすくなってしまいます。

これらの多くのことが原因となって、徐々にガラスに油膜がこびりついていってしまいます。

雨の日にガラスがぼやけて見えにくくなる油膜を綺麗に落としていく油膜取りのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスにこびりついた油膜の綺麗な落とし方!

車のガラスが見えにくくなる水垢がつく原因

車のガラスが白っぽくなり見えにくくなってしまう原因の水垢がついてしまう原因として多いのが

洗車後の拭き取り不足
雨に含まれているホコリやチリ

などです。

洗車後の拭き取り不足

洗車後の拭き取り不足っていうのは、綺麗に水を拭き取れていないことです。

水で車を洗った後に、しっかりと拭き取っていないと水滴などが残りますよね

その水滴などが乾燥すると、水の中に含まれているカルシウムやミネラルなどの成分が固まって結晶となってガラスに残ってしまいます。

この乾燥して結晶となったカルシウムやミネラルなどが水垢となってガラスを白くしたり

白いウロコ状になって残ってしまいます。

雨に含まれているホコリやチリ

雨に含まれているホコリやチリっていうのは、雨の中には多くのホコリやチリなども含まれています。

そのホコリやチリなどがガラスに残ってしまい、水垢が出来てしまいます。

後は、先ほど書いた雨の中に含まれている油分なども油膜と同じで、水垢としてもガラスに残ってしまいます。

車のガラスについた頑固な水垢を綺麗に落としていくおすすめの落とし方と簡単にできる水垢をつけない予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスの水垢のおすすめの落とし方と予防対策!

まとめ

車のガラスが見えにくくなる原因!油膜や水垢がつく原因は!について書いていきました。

車のガラスが見えにくくなる原因は

ガラスに油膜がついてしまっている
ガラスに水垢がついてしまっている

です。

雨の日に車のガラスがぼやけてしまったりして見えにくくなってしまう時は、ガラスの表面に油膜が大量についてしまっています。

晴れた日のガラスが乾いている時に、白っぽくぼやけてしまったり、白いウロコ状の斑点がある時は、ガラスの表面に水垢が大量にできてしまっています。

車のガラスに油膜が大量についてしまう原因は

車の排気ガス
雨に混じっている油分
車のワックスのはがれ
ガラスの撥水コーティング剤の劣化
手の油

車のガラスに水垢が大量についてしまう原因は

洗車後の拭き取り不足
雨に含まれているホコリやチリ

です。

油膜がつく原因も水垢がつく原因も、普通に車に乗っていると自然に起こってしまうことばかりです。

なので、普段からこまめに車のガラスを綺麗に拭いたりして掃除していないと、油膜も水垢も両方ともガラスについていて見えにくくなる原因になってしまっていることが多いです。

車のガラスが曇りやすい原因と曇った時に素早く曇りを取っていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇る原因と簡単な曇り取り対策!

車のガラスの内側が汚れやすい原因と綺麗に汚れを取っていく掃除の仕方については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスの内側の汚れを簡単に綺麗に取る方法!

車のフロントガラスが凍っている時の早く溶かしていくおすすめの対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

車のフロントガラスが凍った時の溶かし方!

車のシートやマットにこびりついたガムを綺麗に取っていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

車のシートやマットにこびりついたガムの取り方のコツ!

スポンサーリンク