部屋が寒い

エアコンをつけているのに上手く部屋が暖まらない

寒い冬の時期にエアコンや暖房をつけているのになかなか部屋が暖まらなくて困ってしまうことがあります。

そんなエアコンをつけているのに部屋が暖かくならない時に簡単ですぐにできる効果的な部屋を暖かくする7つの対策方法について書いていきます。

ただ部屋が寒い寒いと言って我慢していても暖かくはならないですし体調を崩してしまう原因にもなってしまうのでしっかりと対策をとっていってください。

スポンサーリンク

部屋を暖かくする7つの方法

寒い冬の季節に部屋を暖かくして快適に過ごそうとエアコンの暖房をつけているのになかなか部屋が暖かくならなくて寒い思いをしてしてしまうことがあります。

そんなエアコンの暖房をつけているのになかなか上手く部屋が暖かくならない時の原因として多いのが外の冷たい外気が部屋に入ってしまっていていたり暖かい空気が上に溜まってしまっていたりすることが多いです。

そこでそんな時に部屋を暖かくする簡単で効果的な方法があってそれが

窓ガラスにプチプチシートを貼る
窓の隙間にテープを貼る
ドアの隙間を埋める
厚手のカーテンをつける
扇風機やサーキュレーターを使う
加湿器をつける
足元を暖める

この7つの方法です。

窓ガラスにプチプチシートを貼る

窓ガラスにプチプチシートを貼るっていうのは窓ガラスに梱包用のプチプチシートを貼って冷たい外気を遮断するっていうことです。

窓ガラスっていうのは外の寒さが室内に入ってこないようにガードしてくれています。

しかし冷たい窓ガラスに室内の暖かい空気が触れてしまうとその熱を吸い取ってしまい部屋の温度を下げてしまいます。

なので冷たい窓ガラスに直接室内の暖かい空気が触れないように梱包用のプチプチシートを窓ガラス全面に張り付けていきます。

結露防止シートなどでもいいのですがプチプチシートの方が窓ガラスとプチプチシートの間に上手く空気を溜め込むことができるので室内の熱をしっかりとガードしてくれるので効果的です。

プチプチシートは100均とかでも売っているので安くて簡単に購入することができます。

窓ガラスを少し濡らしてそこにプチプチシートを張り付けると簡単に貼ることができます。

窓の隙間にテープを貼る

窓の隙間にテープを貼るっていうのは窓ガラスっていうのカギをかけて閉めていても少し隙間が出来てしまっています。

その隙間から外の冷たい空気が入ってきてしまったり部屋の暖かい空気が逃げていってしまったりして部屋が寒くなってしまいます。

なので窓と窓の間や窓とサッシの間などをテープなどで止めて空気が入れ替わってしまうのを防いでいきます。

ドアの隙間を埋まる

ドアの隙間を埋めるっていうのは窓の隙間を埋める事と同じです。

部屋のドアっていうのは下に1cm程度床との間に隙間ができています。

そのわずかな隙間から暖かい空気が逃げていったり冷たい空気が入り込んでしまい部屋が暖かくなりません

なのでその隙間を埋めていきます。

手っ取り早く簡単に埋める方法としては新聞紙やタオルなどを隙間に挟むことです。

後はドア下部シールテープなどの専用のテープなどがあるのでおすすめです。

厚手のカーテンをつける

厚手のカーテンをつけるっていうのは普段使っているカーテンよりも厚い断熱カーテンや遮光カーテンなどをつけるようにしてください。

カーテンを厚くすることによって外の外気を遮断することができます。

後はカーテンの長さも少し長めにして床にしっかりとくっつくようにしてカーテンとカーテンの間やカーテンの横の端などもしっかりと洗濯バサミやテープなどで止めて外からの冷たい外気が室内に入ってこないようにしてください。

扇風機やサーキュレーターを使う

扇風機やサーキュレーターを使うっていうのは暖かい空気っていうのは冷たい空気よりも軽いのでどうしても暖かい空気は上に溜まりやすく停滞してしまって下まで降りてきません

なので扇風機を使ったりサーキュレーターなどを使ったりして部屋の上に溜まってしまっている暖かい空気を部屋全体にしっかりと行き渡るようにします。

エアコンの風もなるべく下に向かって吹いてくるようにしておくのも部屋全体を暖かくするのにおすすめの設定です。

なかなか寒い時に扇風機やサーキュレーターを使うっていうのは最初は抵抗がありますが部屋を効率よく暖かくしてくれます。

加湿器をつける

加湿器をつけるっていうのは寒い季節っていうのはどうしても湿度が低くなってしまい部屋自体がエアコンをつけていても乾燥してしまいます。

湿度が低いと同じ部屋の温度でも寒く感じてしまうので湿度を少し上げる為に加湿器をつけてください。

加湿器の効果的な使い方やおすすめの置き方や使う時に注意することなどについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器を効果的に使っていく方法!

加湿器が無い場合などは濡れたタオルなどを部屋に置いておくだけでも効果はあります。

寒い時期に部屋が乾燥してしまうのを防ぐ方法や加湿対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

部屋の乾燥対策でおすすめの方法!

足元を暖める

足元を暖めるっていうのは先ほども書きましたが冷たい空気っていうのは重たいので下が寒くなってしまいます。

なのでカーペットをひいたりスリッパを履いたり靴下を履いたりしてできるだけ足元を暖かくしてください。

スポンサーリンク

エアコンの設定チェックや掃除も大事

エアコンの暖房をつけているのになかなか部屋が暖かくならない時に部屋を効率よく効果的に暖めていく簡単な方法についてはわかってもらえたと思います。

そしてエアコンの自体の設定や状態などもチェックしていくことも大事です。

エアコンの設定温度がいつの間にか低くなってしまっていたり

風量が強ではなくて自動になっていたり

などしてしまっているとなかなか部屋を暖めていくことが出来なくなってしまいます。

そしてエアコンの掃除をしていないことによってフィルターや吹き出口にホコリやゴミが溜まってしまっていたりすると上手く暖かい風を送り出していくことが出来なくなってしまいます。

なのでエアコンの設定チェックやきちんと掃除されているかなどもしっかりと確認してください。

エアコンの暖房が急に止まってしまったり暖かい風が出なくなってしまう原因や対処法などについてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!

まとめ

部屋を暖かくする方法!簡単ですぐできる効果的な7つの対策について書いていきました。

エアコンの暖房をつけているのに上手く部屋が暖かくならない時は暖かい空気が外に逃げていってしまっていたり外の冷たい空気が部屋の中に入ってきてしまっていたりして部屋が暖かくなりにくかったり

暖かい空気が部屋の上ばかりに溜まってしまい部屋の下に冷たい空気が溜まってしまっていたりすることが原因として多いです。

なので

窓ガラスにプチプチシートを貼る
窓の隙間にテープを貼る
ドアの隙間を埋める
厚手のカーテンをつける
扇風機やサーキュレーターを使う
加湿器をつける
足元を暖める

などすぐにできる簡単な方法で部屋を効率よく効果的に暖かくしていってください。

加湿器の種類によっては、保湿効果はあるけど、部屋は暖かくならない種類もあるので、加湿器の種類の特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器を選ぶ時の種類の特徴や違いをチェック!

後はエアコンの調子が悪くならないように掃除などもしっかりと行っていくようにしてください。

エアコンから臭い臭いがしてしまう時の対処法や掃除の仕方などについてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンの臭い対策と掃除方法!

スポンサーリンク