エアコンの暖房が急に止まることがありますよね

さっきまで普通に動いていたのに急にプシューっていう音がして暖房が止まってしまう

そんな急にエアコンの暖房が止まる原因はいったい何なのか

エアコンの暖房が止まってしまった時に、早く動かす方法はどうすればいいのか

エアコンの暖房が止まらないようにする予防対策は何をするばいいのか

エアコンの暖房が止まる原因や止まった時に早く動かす方法や止まらないようにする予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

エアコンの暖房が止まる原因はコレ

エアコンの暖房が急にプシューというような音を出して止まる時があります。

あれ?何の音?

どうしてエアコンの暖房が突然止まってしまったの?

今までちゃんと動いていたのに

暖房が止まってしまったから、暖かい風が出てこなくて部屋が寒くなって困ってしまうんだけど

いったいエアコンに何があったの?って悩んでしまう時がありますよね。

そんなエアコンの暖房が急に止まる時の原因として一番多いのが

エアコンの室外機に霜が発生している
エアコンの室外機が雪で覆われている

などです。

エアコンの室外機に霜が発生している

エアコンの室外機に霜が発生していると、室外機から空気を取り込むことができなくなってしまいます。

そうなってしまうとエアコンが故障してしまいます。

なので、エアコンの室外機に霜が発生してしまうと、エアコンが故障しないように自動的に暖房運転を止めて霜取り運転に切り替わります。

エアコンの室外機に霜が発生する原因

エアコンの室外機に霜が発生してしまう原因は、室外機が冷たく冷え込んでしまってです。

暖房をつけている時っていうのは、室外機から冷たい風が出てきています。

その冷たい風と外が物凄く冷え込んでしまっている時に、空気中の水蒸気が結露して凍ってしまい

それが霜となって室外機に付着してしまいます。

エアコンの室外機が雪で覆われている

エアコンの室外機が雪で覆われているっていうのは、室外機が雪で完全の覆われてしまっていると

室外機の吸引口や吹き出口から、空気を吸い込んだり出すことが出来なくなってしまいエアコンが止まってしまいます。

更に、雪で室外機が覆われてしまっていることによって、霜も発生しやすくなってしまいます。

この2つのことがエアコンの暖房が急に止まる原因として一番多いです。

エアコンの暖房が止まった時の早く動かす方法

エアコンの暖房が急に止まる原因は、室外機の中に霜が発生してしまっていたり室外機自体が雪で覆われてしまっていることが多いです。

そこで、エアコンの暖房が急に止まった時の早く動かす方法は

エアコンを止めないこと
エアコンの設定温度を少し下げる

室外機の周りの雪をどける

などです。

エアコンを止めないこと

エアコンを止めないことっていうのは、エアコンの暖房が止まって霜取り運転をしている時っていうのは、冷たい風が出てきます。

暖かい風が出てこなくて、冷たい風が出てきてしまうと余計に部屋が寒くなってしまうのでエアコンを止めることがあります。

しかし、エアコンを止めてしまうと、霜取り運転もできなくなってしまい霜を取るのに時間がかかってしまいます

なので、エアコンを止めないようにしてください。

エアコンの設定温度を少し下げる

エアコンの設定温度を少し下げるっていうのは、設定温度を下げると室外機に暖かい風が行くようになります。

冷房をつけている時っていうのは、室外機からは暖かい熱い風が出てきていますよね。

寒い時に冷房に切り替えるのは無理ですが、設定温度を少し下げることで、室外機に発生している霜を早く取ることができるようになります。

それによって霜取り運転の時間も短くなって、早く暖房運転に切り替わってくれます。

室外機の周りの雪をどける

室外機の周りの雪をどけるっていうのは、室外機に積もっている雪を取り除くことと

室外機の周りの雪も最低でも30cmくらいは雪をどけてください。

そうすることによって、室外機の吸引口や吹き出口からしっかりと空気を入れたり出したりすることができますし

室外機の霜も早く取り除いていくことができるようになります。

スポンサーリンク

エアコンの暖房が止まらないようにする予防対策

エアコンの暖房が止まらないようにする予防対策としては

できるだけ霜が発生しないようにする

室外機がしっかりと動くようにする

ことが重要になってきます。

その為の予防対策と

して

室外機の位置を高くする
室外機の周りに物を置かない
暖房の設定温度を21~23℃にする
寒冷地用エアコンをつける

などがおすすめの予防対策です。

室外機の位置を高くする

室外機の位置を高くするっていうのは、室外機を高い場所に設置することによって雪で覆われてしまうのを防いでいくことができますし

地面から少しでも高い場所に室外機を置くことによって、室外機が冷え込んでしまうのを予防していくことができます。

冷たい空気っていうのは、地面に近い場所に多く集まってきてしまいますからね。

室外機の周りに物を置かない

室外機の周りに物を置かないっていうのは、室外機の周りに物などが多く置かれてしまっていると

室外機から出てきた冷たい風をうまく分散させることができなくて、室外機の周りに溜まりやすくなって室外機を早く冷え込ませてしまいます。

なので、室外機から出てきた冷たい風を、うまく分散させていく為に室外機の周りに物をおかないようにして、しっかりとスペースを確保してください。

これは、室外機の周りの雪をしっかりとどけることと同じですね。

暖房の設定温度を21~23℃にする

暖房の設定温度を21~23℃にするっていうのは、暖房の温度を低く設定すれば、その分室外機から出て来る空気も冷たくなくなります。

それによって、室外機が冷たく冷え込んでしまうのを防いでいくことができます。

寒冷地用エアコンをつける

寒冷地用エアコンをつけるっていうのは、寒冷地用エアコンは、寒い地域など用に作られているエアコンです。

なので、霜が発生しにくいように作られていますし

霜取り運転も短い時間で効率よく霜を取り除いていってくれます。

まとめ

エアコンの暖房が止まる原因はコレ!早く動かす方法と予防対策!について書いていきました。

エアコンの暖房が急に止める原因は

室外機に霜が発生して霜取り運転をしている
室外機が雪で覆われてしまっている

ことです。

なので、止まっている暖房を早く動かす方法としては霜取り運転を早く終わらせる為に

エアコンを止めないこと
エアコンの設定温度を少し下げること
室外機の周りの雪をどけること

です。

そして、エアコンの暖房が止まらないようにするおすすめの予防対策としては

室外機の位置を高くする
室外機の周りに物を置かない
暖房の設定温度を21~23℃にする
寒冷地用エアコンをつける

などです。

エアコンの霜取り運転は、エアコンが故障しない為に暖房を自動的に止めて急に行われます。

なので、急にエアコンの暖房が止まってしまいビックリしてしまいますが

霜取り運転が終わると、また普通に暖房運転に切り替わるのでできるだけ早く霜取りができるようにすることと

室外機に霜が発生しないようにしていく対策を心がけてください。

部屋を暖かくする簡単でおすすめの方法については、コチラの記事に書いてあります。

部屋を暖かくする簡単で効果あるおすすめの方法!

エアコンの室外機がうるさい原因と静かにする為の対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

エアコンの室外機がうるさい原因と静かにする対処法!

エアコンから臭い風が出て来る原因と臭い取りに効果ある掃除のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

エアコンの臭い取る掃除の仕方!

車の暖房を早く効かせる方法については、コチラの記事に書いてあります。

車の暖房を早く効かせて車内を暖める方法!

スポンサーリンク