喪中を行う範囲はどこまでなのか

喪中を行う期間はいつまでなのか

身内や親族など、大切な人が亡くなってしまった後に、故人を偲ぶ喪中があります。

喪中を行う続柄などの範囲や喪中期間はいつまでなのか

そして、よく間違いやすい喪中と忌中の違いは何なのか

喪中や忌中の期間に控えることなどについて書いていきます。

意外と喪中や忌中っていうのは、わからないことが多いですからね。

スポンサーリンク

喪中の範囲

身内や親族など、大切な人が亡くなってしまった時に、故人を偲んで一定の期間、喪に服すのが喪中ですよね。

そこで、喪中を行っていく続柄の範囲としては、2親等までが一般的です。

2親等までというと

0親等⇒夫や妻

1親等⇒自分の父母、配偶者の父母、子供

2親等⇒自分の兄弟や祖父母、兄弟の配偶者、配偶者の兄弟や祖父母

までです。

これらの2親等までの範囲の続柄の身内の方が亡くなってしまった時に、大切な故人を偲ぶ喪中を行っていくのが一般的です。

ただし

3親等⇒自分のひいじいちゃんやひいばあちゃん、配偶者のひいじいちゃんやひいばあちゃん、姪っ子や甥っ子

など、3親等の大切な人が亡くなってしまった場合でも、喪中を行っていっても全く問題はありませんので、故人を偲んであげてください。

喪中の期間はいつまで

喪中を行っていくのは、一般的には2親等までの続柄の人っていうのは、わかってもらえたと思います。

そして、喪中を行っていく期間はいつまでなのかっていうと、これも続柄によって喪中期間が違ってきます。

12~13カ月の喪中期間

自分の配偶者、自分の父母、配偶者の父母、子供が亡くなってしまった時の喪中期間は12~13カ月です。

3~6カ月の喪中期間

自分の兄弟や祖父母、配偶者の兄弟や祖父母が亡くなってしまった時の喪中期間は3~6カ月です。

故人が亡くなった月から数えての喪中期間になります。

スポンサーリンク

喪中と忌中の違い

2親等までの身近な大切な人が、亡くなってしまったのを偲ぶのが喪中期間です。

しかし、実は忌中期間っていうのもあって

故人が亡くなってから四十九日の法要が終わるまでの期間を忌中期間といい

四十九日の法要が終わったら喪中期間といいます。

この喪中と忌中は両方とも、故人を偲ぶ期間っていうのは同じなのですが、意味合いが少し違っていて

忌中期間っていうのは、身近な人が亡くなってしまい、寂しさや辛さなどから自分の気力を失ってしまっている状態を周りの人達に広めない期間と言われています。

なので、喪中と忌中の違いは、故人が亡くなってしまった日から喪中に入りますが

四十九日の法要が終わっているか終わっていないかで、呼び方が違ってきます。

特に忌中期間は、喪中期間よりもあまり外に出たり、慶事や祭典などに参加しないようにしなくてはいけません

喪中や忌中に控えること

喪中や忌中期間中に控えることとしては

神社でのお参りや初詣
年賀状のやりとり
正月のお飾り
新年のあいさつ回り
結婚式
忘新年会
お中元やお歳暮

などです。

喪中期間中は、故人を偲ぶために、慶事や祭典などお祝いごとなどはできるだけ控えなくてはいけないですし

喪中期間と忌中期間で少し違いなどもあるので、注意してください。

神社でのお参りや初詣

神社でのお参りや初詣っていうのは、特に忌中期間は神社に行かれること自体を避けるようにしてください

ただし、忌中期間中であってもお寺に行かれるのは、故人の供養などになるので大丈夫です。

忌中期間が過ぎて、喪中期間に入っている時は、神社でのお参りや初詣に行かれてもいいのですが

忌中期間中に神社へお参りや初詣に行くっていうのは、神様に寂しさや辛さなどの穢れを持っていってしまい広めてしまうと言われています。

なので、神社へのお参りや初詣は控えるようにしてください。

喪中期間中の初詣やお守りやおみくじなどについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

喪中期間中の神社やお寺でも初詣の注意点!

年賀状のやりとり

年賀状のやりとりっていうのは、新年の喜びを届けることです。

なので、忌中や喪中期間中は、年賀状のやりとりは送ったり受け取らないようにしてください。

そして、喪中期間中なので、年賀状のやりとりを控えるのを伝える為に、12月上旬までに、喪中はがきを毎年年賀状をもらっている人達に送ってください。

喪中はがきを送る時期や出す範囲や書き方などについては、コチラの記事に書いてあります。

喪中はがきを送る時期や出す範囲や書き方!

正月のお飾り

正月のお飾りも新年をお祝いするめでたいことです。

なので、忌中期間中はもちろんのこと、喪中期間中も正月のお飾りは控えるようにしてください。

新年のあいさつ回り

新年のあいさつ回りも、忌中期間中や喪中期間中は控えるようにしてください。

親戚などの家に行って、新年のあいさつ回りをするのは、もちろんのこと

できれば、親戚などが家に来てもらうのも控えるようにしてください。

喪中期間中の正月のおすすめの過ごし方やおせち料理や子供へのお年玉などについては、コチラの記事に書いてあります。

喪中期間中の正月の過ごし方はコレ!

結婚式

結婚式を挙げたり、参加したりするのは、忌中期間中は控えてください。

忌中期間が過ぎて、喪中期間に入っている時もできるだけ結婚式は避けた方がいいのですが

既に結婚式の日取りが決まってしまっていたりする場合は、結婚式に参加してもらう人達の予定などもあるので行っても良いと言われることが多いので両家で相談して決めてください。

忘新年会

忘新年会は、忌中期間中はもちろんのこと

喪中期間中もできるだけ控えるようにしてください。

お中元やお歳暮

お中元やお歳暮を贈るのは、忌中期間中は控えるようにしてください。

忌中期間が過ぎて、喪中期間の場合は、お中元やお歳暮は、お祝いなどではなくて日ごろの感謝の気持ちなので特に贈っても問題はありません

まとめ

喪中の範囲と期間はいつまで?忌中との違いや控えること!について書いていきました。

身近な人や親族などが亡くなってしまい、喪中を行っていく続柄の範囲は、2親等までです。

喪中の期間は、その続柄によって12~13カ月と3~6カ月が喪中期間の目安になっています。

そして、故人が亡くなってから四十九日の法要が終わるまでの期間を忌中期間といい

四十九日の法要が終わった後を喪中期間といいます。

忌中期間や喪中期間中は、故人を偲んで喪に服する期間なので、慶事や祭典などお祝いごとなどは、控えるようにしてください。

特に、忌中期間は喪中期間よりも控えた方がいいことが多いので注意してください。

喪中でも子供の七五三祝いやお参りができる時とできない時のおすすめの対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

喪中でも子供の七五三ができる時とできない時の違い!

喪中で年賀状が届いてしまった時の返信の仕方は、寒中お見舞いはがきを出していくので、寒中お見舞いはがきの出し方や文面などについては、コチラの記事に書いてあります。

喪中でもらった年賀状を返信する寒中お見舞いはがきの送り方!

スポンサーリンク