灯油が手についた時に臭いをすぐ消すのにおすすめのアイテムは何か

灯油が手についた時に簡単に落としていく洗い方はどうすればいいのか

灯油を灯油タンクに入れている時や持ち運んでいる時に、うっかり手についてしまうことがよくあります。

手についてしまった灯油は、ただ普通に手を洗ってもなかなか落ちないですし、灯油の臭いにおいがずっと残ってしまいます。

そこで、灯油が手について時に臭いをすぐに消すおすすめのアイテムや簡単に落としていく洗い方のコツなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

灯油が手についた時の臭い消すアイテム

灯油が手についてしまうと、灯油のヌルヌルした感触や臭いがなかなか取れないですよね。

いくらすぐに手を洗っても臭いが取れないので困ってしまいます。

そんな灯油が手についてしまった時に、手についてしまった灯油を簡単に落としていく臭い消す効果あるおすすめのアイテムがあります。

そこで、灯油が手についた時の臭い消すアイテムは

食器用洗剤
サラダ油
消毒用エタノール
歯磨き粉
みかんの皮

などです。

えーこんなアイテムで、手についてしまった灯油を綺麗に落としていき、臭いにおいをすぐに消していってくれるの?

って思ってしまいますが、びっくりするくらい簡単に手についてしまった灯油を落としていき臭いを消していってくれます。

食器用洗剤で灯油の臭いを消す

食器用洗剤を手につけることによって灯油を落として臭い消すおすすめの理由は、油分をうまく分解していってくれるからです。

食器用洗剤っていうのは、食器についている油や汚れなどを綺麗に分解して落としていってくれる成分が含まれています。

なので、手についてしまっている灯油の油も食器用洗剤が綺麗に分解して落としていってくれます。

食器用洗剤は、どこの家にも必ず台所にあるので、すぐに使うことができますよね。

サラダ油で灯油の臭いを消す

サラダ油を手につけることによって灯油を落として臭い消すおすすめの理由は、油を油で分解していってくれるからです。

サラダ油を手につけると余計に手がヌルヌルしてしまって逆効果ではないかって思ってしまいますよね。

しかし、手についてしまった灯油をサラダ油がうまく剥がしていってくれます。

これは、化粧を落とす時にクレンジングオイルをつけて落とすのと原理は同じです。

サラダ油もどこの家庭の台所にあるので、簡単に手につけることができます。

消毒用エタノールで灯油の臭いを消す

消毒用エタノールを手につけることによって灯油を落として臭い消すおすすめの理由は、消毒用エタノールが灯油を中和して溶かしてくれるからです。

消毒用エタノールは、灯油を床や畳などにこぼしてしまった時にも、臭いを素早く消していくのにおすすめのアイテムです。

消毒用エタノールは、ドラッグストアーなどで簡単に購入することができるので、1本家に置いておくのがおすすめです。

灯油を床や畳の上にこぼしてしまった時の拭き取り方や臭い消しのやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油を床や畳にこぼした時の綺麗な拭き取り方!

歯磨き粉で灯油の臭いを消す

歯磨き粉を手につけることによって灯油を落として臭い消すおすすめの理由は、歯磨き粉に含まれている研磨剤です。

歯磨き粉に含まれている研磨剤によって、手のシワの間にこびりついてしまっている灯油を綺麗に洗い流していってくれます。

手を洗う時に洗面所で洗いますよね。

その時に、石鹸を使う前にまずは歯磨き粉をつけて手を洗ってください。

みかんの皮で灯油の臭いを消す

みかんの皮を手につけることによって灯油を落として臭い消すおすすめの理由は、みかんの皮に含まれている成分に消臭効果があるからです。

みかんに限らず、レモンなどの柑橘類の皮ならどんなものでも大丈夫です。

冬の季節は、みかんを食べていることが多いので、みかんの皮など柑橘類の皮を手に当てて擦ってください。

これらのアイテムが、灯油が手についてしまって普通に手を洗っても落ちない灯油の臭いを簡単に落としていく臭い消す効果的なアイテムです。

スポンサーリンク

灯油が手についた時の綺麗に落とす洗い方のコツ

灯油が手についた時の臭いを簡単に落としていくことができる臭い消すおすすめのアイテムについては、わかってもらえたと思います。

そして、これらのアイテムを使って手についてしまった灯油を綺麗にすぐに落とす洗い方のコツがあります。

そこで、灯油が手についた時の綺麗に落とす洗い方のコツは

手を濡らす前に臭い消すアイテムをつける

手をしっかりと擦る

石鹸も一緒につける

手をしっかりと擦る

お湯で綺麗に洗い流す

ハンドクリームをつける

です。

手を濡らす前に臭い消すアイテムをつける

まずは、上記で書いた臭い消すアイテムを手を濡らす前にしっかりとつけてください。

最初に手を水などで洗って濡れている状態で、食器用洗剤やサラダ油や消毒用エタノールや歯磨き粉などをつけてしまうと

水と混じってしまって効果が落ちてしまいます。

なので、手を濡らす前に、まずは手が乾いている状態で臭い消しアイテムを手につけて手を擦ってください。

石鹸も一緒につける

乾いた状態の手に、食器用洗剤やサラダ油や消毒用エタノールや歯磨き粉などをつけて手をしっかりと擦った後に

今度は、そのままの状態で石鹸などを一緒につけて洗っていきます。

石鹸をつけることによって、泡立ちが良くなるので、しっかりと隅々まで手を擦って汚れを綺麗に取っていきます。

お湯で綺麗に洗い流す

水で洗い流してもいいのですが、お湯の方が綺麗に灯油や汚れなどを洗い流していくことができます。

洗い流した後に、まだ灯油が手に残っている場合は、また同じようにして手を洗い直してください。

ハンドクリームをつける

ハンドクリームをつけるっていうのは、手を洗った後に保湿をしっかりと行っていきます。

食器用洗剤やサラダ油や消毒用エタノールや歯磨き粉などは、灯油を綺麗に落としていくことができます。

しかしその分、手の皮脂なども多く落としてしまい、手が乾燥しやすくなってしまいます。

なので、手を洗い終った後は、必ずハンドクリームなどをつけて手を保湿していくようにしてください。

特に冬の寒い季節は、手が乾燥しやすいですからね。

これが、灯油が手についた時の綺麗に落とす洗い方のコツです。

灯油がついた服やズボンを洗う時の注意点や臭いが取れない時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油がついてしまった衣類の洗い方!

灯油が手につかないようにする予防対策

灯油が手についてしまった時の綺麗に灯油を落として臭い消すアイテムや洗い方のコツについては、わかってもらえたと思います。

そして、灯油が手につかないようにしていく予防対策も大事になってくるので、簡単なおすすめの予防対策としては

灯油を入れる時はゴム手袋をつける
灯油タンクやポリタンクのフタの開閉時は新聞紙を使う

です。

灯油を入れる時はゴム手袋をつける

灯油を入れる時はゴム手袋をつけるっていうのは、一番おすすめの予防対策です。

ヒーターやストーブから灯油タンクを出す時や、持ち運ぶ時などに灯油が手に一番つきやすいです。

なので、少し面倒ですが灯油が切れて灯油を入れる時は、ゴム手袋をつけるようにしてください。

普通の手袋だと、灯油が付いた時に中に浸透してきてしまうので、注意してください。

灯油タンクやポリタンクのフタの開閉時は新聞紙を使う

灯油タンクやポリタンクのフタの開閉時は新聞紙を使うっていうのは、ゴム手袋をしていない時の予防対策です。

灯油タンクやポリタンクのフタの部分は、一番灯油が多くこぼれていて手につきやすい場所です。

なので、素手で触ってしまうと必ず手に灯油がついてしまいます。

なので、フタを開閉する時は新聞紙を使うようにします。

タオルでもいいのですが、タオルの場合はその後に洗うのが面倒ですし

ティッシュやキッチンペーパーなどは、灯油が浸透しやすいので新聞紙がおすすめです。

新聞紙の場合は、そのまま処分するだけでいいですからね。

去年の残りの灯油が使えるかどうかの確認方法や見分け方、そして古い灯油の処分方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

去年の灯油が使えるか見分け方や正しい処分の仕方!

まとめ

灯油が手についた臭い消すアイテム!落とす洗い方のコツ!について書いていきました。

灯油が手についてしまった時っていうのは、普通に手を洗っただけではうまく灯油が落ちないですし、臭いがずっと残ってしまいます。

そんな灯油が手についた時に、簡単に灯油を落として臭いを消すアイテムとして

食器用洗剤
サラダ油
消毒用エタノール
歯磨き粉
みかんの皮

などがおすすめの臭い消すアイテムです。

そして、灯油を簡単に綺麗に落とす洗い方のコツとしては

手を濡らす前に、上記で書いた臭い消しアイテムを先につけて手を擦っていき

それから石鹸をつけて綺麗に隅々まで手を洗っていき

お湯で綺麗に洗い流していってください。

洗い終った後は、手の皮脂も多く洗い流されてしまっているので、ハンドクリームなどをつけて、しっかりと保湿対策をとっていください。

後は、灯油が手につかないように、ゴム手袋や新聞紙などで予防対策をとって灯油を入れるようにしてください。

手に自転車の黒い油がついてしまった時の綺麗に簡単に落としていく洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

手についた自転車の油汚れを簡単に落とす洗い方!

灯油を安全に保管していく為の保管場所や置き方などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油の正しい保管方法と使用期限!

石油ファンヒーターや石油ストーブが臭い時の原因とすぐにしてほしい対策については、コチラの記事に書いてあります。

石油ファンヒーターやストーブが臭い時の対処法!

車の中で灯油をこぼしてしまった時の灯油の拭き取り方や臭い消し方法などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

車の中で灯油をこぼした時の掃除と臭い消す方法!

スポンサーリンク