去年の灯油が使えるか見分け方はあるのか

古い灯油を使ったらダメな理由や灯油の処分方法などについて書いていきます。

寒い季節になると部屋を暖かくするのにヒーターやストーブを使うのに灯油を入れますよね。

そこで気になるのが、去年の灯油がまだポリタンクなどに残っている時に、使っても大丈夫なのかどうかですよね。

去年の灯油だからまだ使えると思っていると危険ですしヒーターやストーブの故障の原因になるので注意してください。

スポンサーリンク

去年の灯油が使えるか見分け方

まず最初に、去年の灯油は使わない方が絶対にいいです。

去年の灯油が使えるかどうかの見分け方を書いていきますが、見分けるのはとても難しいです。

そこで、去年の灯油が使えるかどうかの見分け方は

灯油から刺激臭がするかどうか
コップに入れて黄色く変色しているかどうか
コップに入れて濁っているかどうか

などがあります。

これらのうちどれか1つでも該当する物があるとその灯油は変質してしまっているので使えません

そして、この3つ以外にも臭いや見た目ではわからない、灯油に水分が混じってしまっていることも多いです。

特にポリタンクに入れて保管していた場合は、ポリタンクの中と外の温度差によってポリタンクの中に水滴ができてしまいます。

その水滴が灯油に混じってしまうと、不純灯油になってしまい使っていくことができません

灯油から刺激臭がする

灯油っていうのは、もともと臭いにおいがしますが

その臭いが強烈だったり、目がしみるような臭いだったりなど

灯油から刺激臭がする時は、その灯油は劣化してしまっているので使うことができません

コップに入れると黄色く変色している

灯油は透明ですが、透明なコップなどに入れて灯油が少しでも黄色く変色してしまっているとその灯油は使うことができません

何カ月もポリタンクの中に保管していることによって、紫外線などの影響によって灯油が変質してしまっています。

コップに入れると濁っている

透明なコップに入れて黄色く変色していなくても、少しでも濁ってしまっている場合もその灯油は使っていくことができません

灯油の中に不純物が混じってしまっていたり、タールなどが発生してしまっていて濁っています。

ポリタンクに入れている灯油の正しい保管方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

ポリタンクの灯油の正しい保管の仕方!

去年の灯油を使うのがダメな理由

去年の灯油が使えるかどうかの見分け方については、わかってもらえたと思います。

そして、見分けるのはとても難しいので、去年の灯油は使わないのが絶対にいいっていうのもわかってもらえたと思います。

そこで、いったいどうして去年の古い灯油を使うのがダメなのか

その理由は

灯油が上手く燃焼できない
ヒーターやストーブが壊れてしまう

からです。

灯油が上手く燃焼できない

灯油が変色して変質してしまっていると、灯油の中にタールが発生してしまいます。

このタールによって灯油が上手く燃焼できなくなってしまいます。

それによって、ヒーターやストーブなどから黒い煙や白い煙などが発生してしまい

臭いにおいが発生してしまったり、一酸化炭素などが多く発生してしまいとても有害ですし

急に火力が強くなってしまったり、うまく消火できなくなってしまうことがあります。

ヒーターやストーブが壊れてしまう

ヒーターやストーブが壊れてしまうっていうのは、灯油がうまく燃焼できなかったり不純物が混ざってしまっていることによって、すすが多く発生してしまいます。

そのすすが、ヒーターやストーブ内にこびりついてしまい壊れてしまったり

水分を含んでしまっていることによって、ヒーターやストーブ内が錆びついてしまったりして壊れてしまいます。

スポンサーリンク

新しい灯油と混ぜて使うのもダメ

去年の古い灯油を使うのはダメっていうのは、わかったけれど

じゃ去年の灯油が残っているポリタンクに新しい灯油を入れて混ぜて使えばいいんじゃないの?って思うこともありますよね。

しかし、古い灯油に新しい灯油を混ぜて使うのもダメです。

新しい灯油を混ぜても、タールや水分を含んでしまっている灯油はそのままの状態です。

なので、使用すると同じように、うまく燃焼できなかったり、ヒーターやストーブが壊れてしまいます。

なので、去年の灯油はしっかりと処分してから、新しい灯油をポリタンクに入れてください。

石油ファンヒーターや石油ストーブが臭い時に注意してほしい原因とやってほしい対処法については、コチラの記事に書いてあります。

石油ファンヒーターやストーブが臭い時の対策!

去年の灯油の処分方法

去年の使わずにポリタンク内に残ってしまっている灯油の処分方法は、ガソリンスタンドに持っていって処分してもらってください。

灯油を販売しているガソリンスタンドでは、ほとんど古い灯油を処分してくれます。

無料で処分してくれるガソリンスタンドもあります。

なので近くのガソリンスタンドに灯油を処分できるか確認してください。

ガソリンスタンドで処分できない場合は、不用品回収業者さんなどでも処分してもらうことができます。

不用品回収業者の場合は、取りに来てもらうので、ガソリンスタンドで処分してもらうよりも少し料金が高くなってしまうこともあります。

灯油を車の中でこぼしてしまった時の綺麗な取り方や、臭いにおいを早く消していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油を車内でこぼした時の取り方と臭い消し!

まとめ

去年の灯油が使えるか見分け方!使うとダメな理由と処分方法!について書いていきました。

去年のポリタンクなどに残ってしまっている古い灯油が使えるかどうかの見分け方としては

灯油から刺激臭がするかどうか
コップに入れて黄色く変色しているかどうか
コップに入れて濁っているかどうか

などです。

しかし、自分で見分けるのはとても難しいので、去年の灯油はガソリンスタンドなどで処分して

新しい灯油を使っていくようにしてください。

去年の古い灯油を使ってしまうと

うまく灯油が燃焼できなくて、一酸化炭素が多く発生してしまい危険ですし

ヒーターやストーブなどが壊れてしまうこともあるので注意してください。

灯油を床や畳などにこぼしてしまった時の拭き取り方や臭い対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油を床や畳にこぼした時の拭き取り方と臭い対策!

灯油が服やズボンについてしまった時の洗濯の仕方や臭いが取れない時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油が服やズボンについた時の洗い方と臭い消し対策!

灯油が手について臭いが取れない時の臭いを簡単に取っていく洗い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油が手についた時の簡単に落とす洗い方!

スポンサーリンク