灯油が入っているポリタンクの保管方法は、どう保管するのが正しいのか

おすすめの置き場所や置く時に注意する置き方

そして、ポリタンクに入っている灯油の使用期限などについて書いていきます。

家やアパートやマンションなど、ヒーターやストーブなどの暖房器具に使う灯油をポリタンクに入れている時っていうのは

置き場所や保管方法などに困ってしまうことが多いですし、灯油が劣化や変質しないように正しく保管しておきたいですからね。

スポンサーリンク

灯油のポリタンクの保管方法

灯油をポリタンクに入れて保管する時の正しい保管方法として気をつけてほしいことは

灯油専用のポリタンクを使う
直射日光が当たらない場所に保管する
雨が当たらない場所に保管する
温度差が少ない場所に保管する
換気ができる場所に保管する
1シーズンだけ保管する

です。

ポリタンクに灯油を入れて保管する時は、これらのことをしっかりと守って保管するようにしてください。

そうしないとポリタンクの中の灯油がすぐに劣化してしまったり、変質してしまったりしてしまいます。

灯油専用のポリタンクを使う

灯油をポリタンクに入れて保管しながら使う場合は、必ず灯油専用のポリタンクに入れてください。

灯油専用のポリタンクは、日光が直接当たらないように赤色だったり青色だったり色がついていますし

ポリタンク自体が灯油によって劣化しにくいように作られています。

なので、必ず灯油専用のポリタンクを購入して使用していってください。

直射日光が当たらない場所に保管する

直射日光が当たらない場所に保管するっていうのは、直射日光を多く浴びてしまうといくら灯油専用のポリタンクでも中の灯油が劣化しやすくなってしまいます。

灯油が劣化して変質してしまうと、灯油の中にタールが発生してしまい灯油がうまく燃焼できなくなってしまいます。

更に灯油の劣化だけじゃなくて、直射日光によってポリタンクの中の灯油が膨張してこぼれてしまったり、発火などの危険性があります。

なので、必ず直射日光が当たらない場所で保管するようにしてください。

雨が当たらない場所に保管する

雨が当たらない場所に保管するっていうのは、いくらポリタンクに入れてフタを閉めていても雨が多く当たるとポリタンクの中に雨が入ってきてしまいます。

灯油の中に雨が混じってしまうと、灯油は不純灯油になってしまってうまく燃焼できなくなってしまいます。

更に水が混じってしまっている灯油を使うことによって、ヒーターやストーブなどが故障しやすくなってしまいます。

なので、雨が当たらない場所で保管するようにしてください。

温度差が少ない場所で保管する

温度差が少ない場所で保管するっていうのは、温度差が激しい場所で保管してしまうとその温度差によってポリタンクの中に水滴ができてしまいます。

その水滴が灯油の中に混じってしまいます。

温度差が少ない場所っていうのは、ポリタンク内の温度と外の温度の差があまり出ない場所です。

暖房がガンガンきいて暑い場所や外の冷過ぎてしまう場所も、ポリタンク内との温度差が大きくなってしまうので注意してください。

換気ができる場所で保管する

換気ができる場所で保管するっていうのは、ポリタンクから灯油を入れる時に、どうしても灯油の臭いが充満してしまいます。

なので、換気ができない場所だと灯油の臭いがずっと充満して残ったままの状態になってしまいます。

なので、自然としっかりと換気が行える場所で保管してください。

1シーズンだけ保管する

1シーズンだけ保管するっていうのは、灯油を使う冬の寒い季節だけ保管しておくっていうことです。

灯油をポリタンクに入れて一年中保管してしまうと、どんな場所で保管していても灯油は劣化したり変質してしまいます。

なので、灯油をポリタンクに入れて保管する期間は、灯油を使う時期の1シーズンだけにしてください。

使いきれなかったポリタンク内の灯油は、そのまま保管せずに必ず処分してください。

スポンサーリンク

灯油のポリタンクの保管でおすすめの置き場所

灯油のポリタンクの正しい保管方法については、わかってもらえたと思います。

そこで、じゃどの場所に置いて保管すればいいのか、保管場所としておすすめなのが

車庫や物置
玄関内
廊下
ベランダ

などです。

灯油のポリタンクの保管場所として一番おすすめなのが、車庫や物置などです。

直射日光が当たらないですし、雨にも濡れないですし、家の中ではないので臭いも気にならないですからね。

しかし、アパートやマンションなどに住んでいる場合は、車庫や物置などが無い場合が多いですよね。

そこで、次におすすめの灯油のポリタンクの保管場所としては、玄関内や廊下です。

そして、玄関内や廊下などにも灯油のポリタンクを置くスペースが無い場合は、ベランダなどにおくようにしてください。

玄関内や廊下の灯油のポリタンクの置き方

玄関内や廊下に灯油のポリタンクを置く時の置き方のコツとしては

新聞紙を下に敷く
ポリタンクのフタの上に古いタオルを置いておく
近くに重曹を置いておく

などです。

新聞紙を下に敷く

新聞紙を下に敷くっていうのは、灯油を入れる時っていうのは、どうしてもポリタンクから灯油がこぼれてしまうことが多いです。

玄関内や廊下などに灯油がこぼれてしまうと、綺麗に灯油を拭き取るのがとても大変です。

なので、灯油がこぼれてもいいようにポリタンクの下に最初から新聞紙などを敷いておいてください。

灯油がこぼれても、新聞紙を捨てて取り替えるだけで済みます。

灯油を床や畳にこぼしてしまった時の灯油の綺麗な取り方や臭い消しの方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油を床や畳の上にこぼした時の対処法!

ポリタンクのフタの上に古いタオルを置いておく

ポリタンクのフタの上に古いタオルを置いておくっていうのは、灯油の臭いを防いでくれる効果と灯油がこぼれないようにする予防対策です。

ポリタンクのフタをどれだけしっかり閉めても、灯油の臭いが出てきてしまいます。

しかし、フタの上に古いタオルを置いておけば、フタから灯油の臭いがしてしまうのを防いでいくことができます。

更に、玄関内や廊下っていうのは、人の出入りが多いのでポリタンクにぶつかってしまい灯油がこぼれてしまうことがあります。

しかし、フタの上に古いタオルを置いておけば、フタの隙間からこぼれた灯油をタオルが吸い込まれるので下に落ちるのを防いでいくことができます。

近くに重曹を置いておく

近くに重曹を置いておくっていうのは、重曹を置いておくことによって灯油の臭いを消してくれる消臭効果があります。

なので、ストッキングに重曹を入れて、灯油が入ったポリタンクの横などに置いておいてください。

灯油の臭いだけじゃなくて、玄関の臭いにおいも重曹がしっかりと吸い取ってくれるのでおすすめです。

玄関が臭い時の臭いをうまく消す対策方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

玄関が臭い時の原因と臭い消し対策!

ベランダに灯油のポリタンクの置き方

ベランダに灯油のポリタンクの置き方としては

ベランダに置いていいか管理人に確認する
ポリタンク収納ケースに入れる

です。

灯油が入ったポリタンクを屋外に置いて保管するのは、できるだけやらない方が安全です。

しかし、どうしても置き場所が無い時などは、ベランダに置くしかないので、その時は必ずこの2つのことを守ってください。

ベランダに置いていいか管理人に確認する

アパートやマンションなどの場合は、灯油の入ったポリタンクをベランダに置くのを禁止している場合があります。

なので、まずは管理人や管理会社に連絡して、ベランダに灯油が入ったポリタンクを置いてもいいかどうか確認してください。

無理な場合は、上記で書いた玄関内や廊下に置いて保管してください。

ポリタンク収納ケースに入れる

ポリタンク収納ケースに入れるっていうのは、ポリタンク自体を収納するケースがあるのでその中にポリタンクを入れてください。

ベランダにポリタンクを直接置いておくと、どうしても雨などが当たってしまったり

直射日光に多く当たってしまいます。

なので、必ずポリタンク収納ケースを購入して、その中にポリタンクを入れて置いてください。

ポリタンクの灯油の使用期限

ポリタンクに入れている灯油の使用期限は、3~4カ月の1シーズンです。

それ以上長い期間ポリタンク内で保管してしまうと

灯油が劣化する
灯油が変質する
灯油に不純物が入る
灯油に水が入る

などの症状が起こりやすくなってしまいます。

それによって、「不良灯油」や「不純物灯油」になってしまい上手く燃焼できなくなってしまったり

ヒーターやストーブの故障の原因になってしまいます。

なので、灯油のポリタンクでの保管期間も、灯油を使用する3~4カ月の1シーズンだけにしてください。

そして、使いきれずに残ってしまった灯油は、すぐに処分してください。

灯油の劣化や変質などを見分ける方法や灯油の処分の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油の劣化や変質の見分け方と処分の仕方!

まとめ

灯油のポリタンクの保管方法!置き場所や置き方と使用期限!について書いていきました。

灯油のポリタンクの保管方法は

灯油専用のポリタンクを使う
直射日光が当たらない場所に保管する
雨が当たらない場所に保管する
温度差が少ない場所に保管する
換気ができる場所に保管する
1シーズンだけ保管する

などのことをしっかりと守って正しく保管してください。

そして、保管場所としては車庫や物置などがベストです。

しかし、アパートやマンションなど車庫や物置などが無い場合は、玄関内や廊下に置いて保管してください。

そして、ベランダで保管する場合は、必ず管理人にベランダに置いてもいいか確認してから

ポリタンク収納ケースに入れて、直射日光や雨などが当たらないように十分に注意して保管してください。

灯油が手についてしまった時の簡単な落とし方と臭い消しにおすすめのアイテムなどについては、コチラの記事に書いてあります。

手についた灯油を簡単に落とす洗い方のコツ!

灯油をこぼしてしまった服やズボンの洗い方と注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油をこぼした服やズボンの洗濯方法!

灯油を車の中にこぼしてしまった時の綺麗な拭き取り方や臭いを早く消していく方法については、コチラの記事に書いてあります。

灯油が車内にこぼれた時の掃除方法と臭い対策!

石油ファンヒーターや石油ストーブが臭い時に注意してほしい原因ややってほしい対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

石油ファンヒーターが臭い時の原因と直す方法!

スポンサーリンク