車に灯油をこぼした時にまずすぐにやってほしい対処法や

なかなか臭いが取れない灯油の効果的な臭い消し方法や

車で灯油を運ぶ時のこぼさないように運ぶ予防対策などについて書いていきます。

寒い冬の時期っていうのは、ヒーターなどの灯油をガソリンスタンドなどでポリタンクに入れて車に入れて運びますよね。

しかし、ポリタンクに入れた灯油が、いつの間にかシートやマットやトランク内にこぼれてしまうことがよくありますからね。

スポンサーリンク

車に灯油をこぼした時の対処法

車に灯油をこぼしてしまった時に、まず一番最初にすぐにやってほしいことは、こぼしてしまった灯油を綺麗に拭き取っていくことです。

そこで、車に灯油をこぼした時の対処法としては

ポリタンクのフタをしっかりと閉めなおす

ポリタンクを車から出す

車の全ての窓を全開に開けて換気する

新聞紙やキッチンペーパーやタオルでこぼれた灯油を吸い取る

消毒用エタノールを使って灯油を中和させて拭き取る

です。

ポリタンクのフタをしっかりと閉めなおす

灯油がこぼれるのは、灯油を入れているポリタンクのフタの部分からです。

なので、まずはポリタンクのフタをしっかりと閉めなおして、これ以上灯油がこぼれないようにしてください。

運転中の場合は、車を一旦安全な場所に止めてから、フタを閉めなおしてください。

ポリタンクを車から出す

フタをしっかりと閉めなおしてから、灯油の入ったポリタンクを車から出します。

ポリタンクが車に入っている状態では、綺麗に灯油を拭き取っていくことができないですからね。

車の窓を全て全開に開けて換気する

ポリタンクを車の外に出した後は、車の全ての窓を全開に開けて換気してください。

冬に車の窓を全開に開けるのはとても寒いですが、灯油の臭いが充満している車内にいると体にとても悪い影響を与えてしまいます。

なので、必ず車の窓は全て全開に開けてしっかりと換気をしてください。

新聞紙やキッチンペーパーやタオルでこぼれた灯油を拭き取る

シートやマットやトランク内にこぼれてしまった灯油を拭き取っていくのに、新聞紙やキッチンペーパーやタオルを使っていきます。

新聞紙は、普通の紙と比べてとても吸水性が高いです。

おすすめの灯油の拭き取り方は

まずはタオルを使って灯油をタオルに染み込ませていく

タオルで大方の灯油を拭き取った後にキッチンペーパーを使っていく

最後に、新聞紙を灯油をこぼした部分に敷いて上に重たい物を乗せる

です。

灯油を拭き取る時は、擦らずに上からシートやマットなどを押さえつけるように叩いていってください。

擦ってしまうと、灯油が他の場所にも染み込んでいってしまうので注意してください。

消毒用エタノールを使って灯油を中和させて拭き取る

灯油は、一度シートやマットなどに染み込んでしまうとうまく拭き取っていくことができません

なので、上記のようにしてある程度灯油を拭き取った後に、消毒用エタノールなどアルコール性の洗剤を使っていきます。

アルコールが灯油に混ざると灯油の成分が中和されてうまく拭き取っていくことができます。

なので、最後に消毒用エタノールをキッチンペーパーやタオルなどに染み込ませて、叩いていくようにします。

消毒用エタノールをつけた場所は、硬く絞った濡れタオルで消毒用エタノールを綺麗に拭きとってから乾かしていってください。

灯油が服やズボンについてしまった時の綺麗に落としていく洗い方や臭い消し方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

服やズボンについた灯油を綺麗に落とす洗い方!

灯油が手についてしまった時の汚れや臭いを簡単に落としていく洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

灯油が手についた時の汚れや臭いを落とす洗い方!

スポンサーリンク

車の灯油の臭い消し方法

車の中に灯油をこぼしてしまった時の灯油の拭き取り方の対処法については、わかってもらえたと思います。

しかし、灯油は揮発性が悪くいくらこぼした灯油を綺麗に拭き取っていっても灯油臭いにおいが車の中に充満してしまいて臭いです。

そこで、車の中の灯油の臭い消しにおすすめの方法は

マットにこぼした灯油は食器用洗剤で洗う
シートやトランク内にこぼした灯油は食器用洗剤と重曹を使う

です。

マットにこぼした灯油は食器用洗剤で洗う

マットに灯油をこぼしてしまった時の臭い消し方法は、シートを食器用洗剤で洗ってください。

やり方は

バケツにお湯を入れる

食器用洗剤を混ぜる

シートをバケツの中に入れてスポンジなどで擦る

水で綺麗に洗い流す

天日干しでシートを乾かす

です。

マットは取り外すことができるので、取り外した後に丸洗いしていきます。

この時に、ただ水で洗い流すだけではうまく灯油を洗い流していくことができないので

マットが入るくらいの大きいバケツに40~50℃のお湯を溜めて、その中に食器用洗剤を入れてよくかき混ぜてください。

そのバケツの中に、マットを入れてスポンジなどでしっかりと擦って洗っていきます。

洗い終った後は、水で綺麗に洗い流した後に、天日干しでしっかりとマットを乾燥させていきます。

シートやトランク内にこぼした灯油は食器用洗剤と重曹を使う

シートやトランク内など簡単に外して洗うことができない場合は、食器用洗剤と重曹を使って臭い消しをしていきます。

やり方は

バケツにお湯を溜めて食器用洗剤を入れてよくかき混ぜる

タオルに洗剤液を染み込ませて硬く絞る

硬く絞ったタオルで灯油をこぼした部分を叩いていく

水で濡らして硬く絞ったタオルで拭いていく

重曹をシートやトランク内に撒いて半日~1日放置する

掃除機で重曹を綺麗に吸い込んでいく

です。

まずは、マットの臭い消しと同じでバケツにお湯を入れて、その中に食器用洗剤を入れてよくかき混ぜてください。

そのバケツの中にタオルを入れて、洗剤液をたっぷりと染み込ませてから硬くタオルを絞ってください。

硬く絞ったタオルで、シートやトランク内を叩いていきます。

この時も擦ってしまうと灯油が広がってしまうので、上から叩いて洗っていってください。

洗い終った後は、洗剤液を拭き取っていくのに、水で硬く絞ったタオルを使っていきます。

そして、シートやトランク内に重曹を撒いていきます。

重曹を撒く事によって、重曹がシートやトランク内の繊維の中に入り込んでいる灯油を上手く吸収していってくれますし

消臭効果も高いので、灯油の臭いにおいをうまく吸い込んで消していってくれます。

最後に、掃除機で重曹を綺麗に吸い込んでとっていってください。

車のシートにこびりついた嫌な臭いを取っていく簡単な掃除の仕方については、コチラの記事に書いてあります。

車のシートが臭い時の臭い取りのやり方!

車の灯油の臭い消しで注意すること

車の灯油の臭い消しのおすすめの方法については、わかってもらえたと思います。

上記で書いた臭い消しの方法でも、灯油の臭いはすぐには完全に消していくことができません

なので、しばらくの間は、運転している時も少し窓を開けてしっかりと換気対策をとっていってください。

そして、臭い消しにファブリーズなどを使うことがあると思いますが、ファブリーズだけでは灯油の臭いをしっかりと消していくことができません

なので、ファブリーズを使う場合は、上記で書いた臭い消し対策をやった後に、ファブリーズを使っていくようにしてください。

車で灯油をこぼさない予防対策

車の中で灯油をこぼさない予防対策としては

ポリタンクいっぱいに灯油を入れない
フタの周りにタオルを巻く
ポリタンクをゴミ袋に入れる
ポリタンク台に乗せる
シートでポリタンクを固定する

などです。

ポリタンクいっぱいに灯油を入れない

ポリタンクいっぱいに灯油を入れないっていうのは、灯油を入れるのはポリタンクの容量の3分の2程度にしてください。

車はどうしても振動して揺れてしまいます。

なので、いくらポリタンクのフタがしっかりと閉まっていても、揺れでフタから灯油がこぼれやすくなってしまいます。

なので、揺れてもフタまで灯油がこないように、容量の3分の2程度の灯油をポリタンクに入れるようにします。

フタの周りにタオルを巻く

フタの周りにタオルを巻くっていうのは、フタにタオルを巻いておくことで、フタの隙間からこぼれてきた灯油をタオルが吸収してくれます。

タオルがしっかりと灯油を吸収してくれることによって、シートやマットなどに灯油が付着するのを予防していくことができます。

ポリタンクをゴミ袋に入れる

ポリタンクをゴミ袋に入れるっていうのは、ゴミ袋に入れてゴミ袋を縛っておけば、灯油がこぼれてもゴミ袋の中なのでシートやマットなどには付着しません

灯油を入れたポリタンクをゴミ袋に入れるのは、重くて大変なので、最初からゴミ袋にポリタンクを入れた状態で、灯油を入れるようにします。

スタンド台に乗せる

スタンド台に乗せるっていうのは、ポリタンクには専用のスタント台があります。

そのスタンド台に乗せることによって、ポリタンクが車の中で倒れてしまうのを予防していくことができます。

スタント台に乗せることによって、ポリタンクが車内で揺れて動いてしまうのも防いでいくことができます。

シートでポリタンクを固定する

シートでポリタンクを固定するっていうのは、ポリタンクを後部座席の下に置いて助手席のシートを後ろに下げて固定させる方法です。

ポリタンクをシートで固定することによって、揺れを抑えていくことができます。

ポリタンクに入れている灯油の正しい保管方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

ポリタンクの灯油の正しい保管の仕方!

まとめ

車に灯油をこぼした時の対処法!臭い消し方法やこぼさない対策!について書いていきました。

冬の時期は、ヒーターなどを使うのに灯油が必要になってきます。

その灯油をガソリンスタンドなどで入れて車で移動している時に、揺れなどで灯油がポリタンクからこぼれてしまうことがよくあります。

そんな車で灯油がこぼれてしまった時の対処法は、まずは灯油がこぼれたシートやマットやトランク内の灯油の拭き取りをすぐに行ってください。

新聞紙やキッチンペーパーやタオルなどが灯油の拭き取りにおすすめです。

必ず車の窓を全て全開に開けた状態で作業をしていってください。

そして、こぼれた灯油を拭き取った後は、食器用洗剤や重曹などを使ってしっかりと灯油の臭いにおいを消していくようにしてください。

灯油は揮発性が良くないので、臭いにおいがずっと残ってしまいます。

後は、灯油が車の中でこぼれないようにしっかりと予防対策を取っていくようにしてください。

灯油を床や畳にこぼしてしまった時の綺麗な拭き取り方や臭いをすぐに消していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油を床や畳にこぼした時の正しい拭き取り方!

車のガラスが曇った時に早く曇りをとっていくやり方や曇らないようにしていく対策については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇った時の対処法と曇らせない対策!

車に乗る時や降りる時に起こる静電気を予防していく方法については、コチラの記事に書いてあります。

車の静電気を抑えて予防していく対策!

車のエアコンの暖房を早く効かせて車内を温めていくコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

車のエアコンの暖房を早く効かせる対策方法!

車のシートやマットにガムが張り付いてしまった時に綺麗に取っていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

車のシートやマットにガムがついた時の綺麗な剥がし方!

スポンサーリンク