車のシートに染みついてしまっている臭い臭いをとっていく為の臭い取り対策としてシートを綺麗に洗浄していく方法があります。

シートを洗浄していくっていうとお店やプロの人にやってもらうというイメージが強くてなかなか自分ではできないと思ってしまいますが

自分で簡単にできるおすすめのシートを綺麗に掃除していくやり方について書いていきます。

車の臭いがなかなか取れない時などはシート自体に色々な臭いがこびりついて染み込んでしまっているのが原因となってしまっています。

なのでこまめにシートを洗浄していくことが嫌な臭い臭いを取っていく臭わないようにしていく為の予防対策にもなります。

スポンサーリンク

車のシートの汚れが臭いの原因

車に乗った時に車内が臭くて不快な思いをしてしまうことがあります。

窓を開けたりして臭い臭いを無くしていく為に空気の入れ替えをしているのになかなか臭いが取れない無くならない

そんな時はシート自体に臭い臭いの元がこびりついてしまったいることが多いです。

シートが臭くなってしまう臭いの元としては

タバコの臭い
体臭や汗の臭い
食べ物や飲み物の臭い
エアコンからの臭い
ペットの臭い

などがあります。

これらの臭いは服など衣類についてしまうとなかなか臭いが取れないのと同じでシートにこびりついてしまっています。

服や衣類などは洗濯をして綺麗にすれば臭いを取り除いていくことができます。

それと同じでシートも汚れを落として綺麗な状態にしてあげることによって臭い臭いを取り除いていくことができるようになるのでシートの汚れ落とし臭い取り洗浄が大切になってきます。

車内が臭くなってしまう大きな7つの原因についてはコチラの記事に書いてあります。

車内の臭いが取れなくなってしまう原因!

自分でシートを洗浄する簡単なやり方

いつも車に乗った時に嫌な臭い臭いがしてしまう原因はシートが汚れてしまっていて臭いが染み込んでしまっていることが多いということについてはわかってもらえたと思います。

そこでシートの汚れを落として臭い臭いを取っていくのに自分で簡単にできるおすすめのやり方があってその手順が

掃除機でシートのゴミを取る

シートの汚れ落とし

除菌スプレーを吹きかける

ドアや窓を開けて換気する

です。

掃除機でシートのゴミを取る

まずはハンドクリーナーやガソリンスタンドなどにある車内掃除機を使ってシートについているゴミやホコリそして食べかすなどを綺麗に取り除いていきます。

意外とシートの下や横など見えずらい場所に沢山のゴミやお菓子などのクズが溜まっているので綺麗に掃除機で吸い取っていってください。

掃除機を使う時に掃除のコードなどが車に触れてしまい軽い傷などがついてしまう時があるので注意してください。

シートの汚れ落とし

掃除機でシートを綺麗にした後にシートを硬く絞ったタオルなどで水拭きしていきます。

掃除機では取れないこびりついた汚れや臭いの元などを水拭きして取り除いていきます。

この時に注意してほしいことがあって
しっかりと硬く絞る
強くこすり過ぎない
一定方向に拭いていく
これらのことを守ってください。

そして水拭きした後は乾いているタオルで乾拭きをしていきます。

シミや臭いが酷い時は重曹がおすすめ

シートの汚れ落としのやり方としては

掃除機をかける

硬く絞ったタオルなどで水拭きをする

乾いたタオルで乾拭きをする

これだけでも十分シートの汚れや臭いを取り除いていくことができるのですが臭いが酷い時などは重曹を使っていってください。

重曹には嫌な臭い臭いを中和させてなくしていく効果水分や湿気などを吸い取っていく効果があるのでおすすめです。

 

重曹の使い方としては
市販されている食用の重曹を使う
シートに直接重曹をふりかけていく
少しそのままの状態にしておく
最後に掃除機でしっかりと重曹を吸い取っていく

このやり方でシートにこびりついてしまっている嫌な臭いを重曹が取り除いていってくれます。

後はシミなど残ってしまっている場合は重曹をふりかけた後に歯ブラシなどで軽くこすってシミをとっていくようにしてください。

シートで重曹を使う場合の注意点として重曹水などにして使ってしまうとシートに重曹が染み込んでしまい綺麗に洗い流すことができないので重曹をそのままふりかけていくようにしてください。

重曹の臭い取り効果についてはコチラの記事に書いてあります。

重曹で靴の臭い取りをする方法!

除菌スプレーを吹きかける

除菌スプレーを吹きかけるっていうのはシートに付着してしまっている殺菌やウイルスなどを取り除いていきます。

市販されている専用の除菌スプレーでもいいですしエタノールと水を混ぜたエタノール水も効果が高くておすすめです。

ドアや窓を開けて換気する

ドアや窓を開けて換気するっていうのは車内の掃除をしている最中はもちろんドアや窓をしっかりと開けた状態で行ってほしいのですが

掃除し終わった後もシートがしっかりと完全に乾ききるまでドアや窓を開けておいてください。

半乾きの状態だとそれがまた臭い臭いの原因になってしまいます。

車内に繁殖してしまったカビを簡単に除去していくカビ取り掃除方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のカビをスッキリ除去するやり方!

スポンサーリンク

シートを守る為に注意すること

シートを自分で洗浄して綺麗にして臭いなども取り除いていくやり方についてはわかってもらえたと思います。

特別難しい作業もなく誰でも簡単に行っていくことができるおすすめの方法ですが注意してほしいこともあります。

重曹を使っていく場合は布製のシートだといいのですが革製のシートだとシートを傷つけてしまうこともあるのであまり使用しないでください。

そしてシミなどは着いてしまった時にすぐにまずはウェットティシュなどでたたいてシミが酷くならなにようにしてください。

後はなるべくこまめに掃除をしていくようにしてください。

毎回重曹や除菌スプレーなどしなくてもいいですけれど掃除をかけたりなどはこまめに行っていくように心がけていってください。

エアコンからの臭い臭いを即効で消す対処法やおすすめの簡単な掃除のやり方などについてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンの臭いを簡単に消す方法!

まとめ

車のシートの臭い取りの簡単で誰でもすぐに自分でできるおすすめの洗浄方法について書いていきました。

車のシートが汚いと座るのも嫌になりますし何よりも臭いが染みついてしまい車内が臭くなってしまいます。

汚れなどが酷くなってしまうと自分では綺麗な状態に戻していくことが出来なくなってしまうのでこまめにシートの掃除をして車内を綺麗な状態に保っていくようにしてください。

車のシートにべっとりついてしまったガムの上手な取り方や剥がし方などについては、コチラの記事に書いてあります。

車のシートに付着したガムの対処法!

車のシートはもちろん車内を綺麗にして臭い臭いをしっかりと防いでいく為のおすすめの自分でできる掃除のやり方についてはコチラの記事に書いてあります。

車内を自分で綺麗にする掃除のやり方!

車のエアコンが効かない時の3つの原因と解決策についてはコチラの記事に書いてあります。

車のエアコンが冷たくならない原因と対策!

スポンサーリンク