退院祝いのお返しの仕方はどうすればいいのか

病気や怪我などで入院していて、退院した時に退院祝いをもらうことがあります。

そこで、退院祝いのお返しの仕方はどうすればいのか

退院祝いのお返しの金額の相場やおすすめの品物などについて書いていきます。

退院祝いを頂いた時は、頂いた方にしっかりとお返しをしたいですからね。

スポンサーリンク

退院祝いのお返しの仕方

退院祝いのお返しの仕方として、まずは退院祝いのお返しをするのは退院してから一カ月以内がおすすめです。

退院してすぐだと、やらなくてはいけないことなどがあったり

少し家でゆっくりと安静にしていなくてはいけなかったりするので

退院して自分が落ち着いてから退院祝いのお返しをすればいいので、だいたい退院してから一カ月以内がおすすめです。

退院祝いのお返しを頂いた方も、すぐに頂いてしまうとバタバタさせてしまって迷惑をかけてしまったなって思ってしまいますからね。

そして、退院祝いのお返しをする時に悩んでしまうのが、のしに何て書けばいいのかですよね。

そこで、退院祝いのお返しをする時は、快気祝いもしくは快気内祝いとのしに書いてください。

快気祝いと快気内祝いの違い

退院祝いのお返しをする時は、「快気祝い」か「快気内祝い」とのしに書きますが

快気祝いと快気内祝いはいったい何が違うのかっていうと

快気祝い⇒病気や怪我が良くなったという意味

快気内祝い⇒病気や怪我が良くなって退院はしたけど、まだ療養や通院を少ししなくてはいけないという意味

です。

一般的には、退院祝いのお返しをする時は、「快気祝い」でも「快気内祝い」でもどちらでも大丈夫です。

これが、退院祝いのお返しの仕方です。

スポンサーリンク

退院祝いのお返しの金額の相場

退院祝いのお返しの仕方については、わかってもらえたと思います。

そこで、退院祝いのお返しをする時に一番悩んでしまうのが金額ですよね。

いったいいくらくらいの金額なのか悩んでしまいます。

そこで、退院祝いのお返しの金額の相場は、退院祝いで頂いた金額の半分から三分の一ほどです。

退院祝いに一万円頂いた時は、退院祝いのお返しは五千円~三千円ほどですね。

退院祝いにお金ではなくて、何か品物を頂いた場合は、その品物がいくらくらいなのかを簡単に調べてみて退院祝いのお返しの金額を決めてください。

あまり高価な退院祝いのお返しをしてしまうと、頂いた方が困ってしまうので気をつけてくださいね。

退院祝いのお返しにおすすめの品物はコレ

退院祝いのお返しの金額の相場については、わかってもらえたと思います。

そして、退院祝いのお返しをお金ではなくて何か品物にしようと考えている時に

退院祝いのお返しをする時にあまり贈らない方がいい品物があります。

それは、後に残るような品物は退院祝いのお返しには贈らないようにしてください。

後に残るような品物は、病気や怪我が後に残ってしまうと言われています。

なので、退院祝いのお返しをする時は、できるだけ後に残らない品物を贈るようにしてください。

そこで、退院祝いのお返しにおすすめの品物としては

お菓子類
飲み物類
洗剤
入浴剤

などですね。

お菓子類や飲み物類などは、食べたり飲んだりするとすぐに無くなりますし

洗剤や入浴剤なども使えばすぐに無くなります。

なので、退院祝いのお返しにはおすすめの品物です。

まとめ

退院祝いのお返しの仕方!金額の相場・おすすめの品物はコレ!について書いていきました。

退院祝いのお返しの仕方は、退院してからだいたい一カ月以内にするようにしてください。

退院祝いのお返しをする時は、のしに「快気祝い」もしくは「快気内祝い」と書く

そして、退院祝いのお返しの金額の相場は、退院祝いで頂いた金額の半分から三分の一程度で

おすすめの品物としては、後に残らない

・お菓子類
・飲み物類
・洗剤
・入浴剤

などです。

退院祝いと快気祝いの違いや贈る時のマナーなどについては、コチラの記事に書いてあります。

退院祝いと快気祝いの違いとそれぞれのマナー!

スポンサーリンク