りんごを食べると体に良い効果が沢山あるっていうのを良く聞きますよね。

昔からよくりんごは、医者いらずって言われたりしています。

そこで、りんごを食べることで体に良い効果があると言われる

りんごに含まれている体に良い成分とは、どんな成分があるのか

そして、りんごの効果をより発揮することができるおすすめのりんごの食べ方などについて書いていきます。

りんごの効果ってほんとうに凄いですからね。

スポンサーリンク

【りんごの効果】体に良い成分はコレ

りんごを食べると体に良いって本当によく言われますよね。

そこで、りんごを食べることでいったいどんな効果が体にあるのかっていうと

・疲労回復
・便秘解消
・美肌
・シミやそばかすが増えない
・太りにくくなる

などの効果があると言われています。

りんごを食べるだけで、いったいどうしてこれらの効果を得ることができるのか

その効果の秘密は、りんごに含まれている成分にあります。

そこで、りんごに含まれている成分で特に体に良い成分っていうのは

ポリフェノール
食物繊維(ペクチン)
ビタミンC

などです。

ポリフェノールの効果

りんごに含まれているポリフェノールの効果っていうのは、抗酸化作用と脂肪吸収作用があることです。

抗酸化作用

りんごには多くのポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールには、活性酸素を抑える効果があります。

活性酸素を抑えることで、活性酸素が酸化(サビ)てしまうのを防いでいってくれます。

体内に活性酸素が増えてしまい酸化(サビ)が多くなってしまうと、体内の細胞などが劣化してしまい働きが悪くなってしまいます。

それを、ポリフェノールが防いでくれるので、りんごを食べることで

体内の細胞の働きを良くしてくれて、体を健康な状態に保っていってくれることができますし

疲労回復なども早めてくれます。

脂肪吸収作用

ポリフェノールには脂肪吸収作用もあるので、体内の余分な脂肪をうまく吸収して排出していってくれる効果があります。

なので、りんごを食べることで、太る原因になってしまう余分な体内の脂肪をうまく排出して減らしていってくれるので、太りにくくなります。

食物繊維(ペクチン)の効果

りんごに含まれている食物繊維(ペクチン)の効果っていうのは、腸内環境を良くしてくれます。

りんごには多くの食物繊維(ペクチン)が含まれています。

この食物繊維(ペクチン)は、腸内の善玉菌である乳酸菌を増やしてくれます。

腸内の善玉菌である乳酸菌が増えることで、腸内環境が良くなり腸の働きが良くなります。

腸の働きが良くなることで、便などの排出も良くなり便秘を解消していくことができます。

ビタミンCの効果

りんごに含まれているビタミンCの効果っていうのは、メラニン色素が発生するのを抑えていってくれます。

メラニン色素っていうのは、髪の毛に色をつけて黒髪にしていってくれる髪の毛にとっては大切な色素です。

しかし、メラニン色素っていうのは、肌などにも発生してしまいます。

この肌などにメラニン色素が多く発生してしまうと、肌が黒くなってしまったりシミやそばかすなどが増えてしまいます。

それを、ビタミンCがうまくメラニン色素の発生を抑えていってくれることで

白くて綺麗な美肌にしてくれたり、シミやそばかすが増えてしまうのを防いでいってくれます。

これらの成分がりんごには多く含まれているので、りんごを食べることで体に良い効果を与えていってくれます。

りんごを食べ過ぎてしまうことで出やすい注意してほしい症状などについては、コチラの記事に書いてあります。

りんごの食べ過ぎがダメな理由!

【りんごの効果】おすすめの食べ方はコレ

りんごを食べることで、りんごに含まれている色々な成分が体に良い効果をもたらしてくれるっていうことについては、わかってもらえたと思います。

そして、普通にりんごを食べても上記で書いた効果を得ることができるのですが

よりりんごの効果を良くするおすすめの食べ方があります。

そこで、リンゴの効果を良くするおすすめの食べ方としては

皮も食べる
加熱して食べる
朝に食べる
1日に半分食べる

などです。

スポンサーリンク

皮も食べる

りんごを食べる時は、できるだけ皮も一緒に食べるようにしてください。

りんごの皮には、上記で書いたポリフェノールや食物繊維(ペクチン)などがとても多く含まれています

なので、りんごの皮を剥かずに、そのままりんごを皮ごと食べた方が多くの成分を得ることができます。

りんごの皮も食べる食べ方

りんごの皮も食べる食べ方としては、まずはりんごを水で洗ってから

・皮ごと切って食べる
・皮ごとすりおろして食べる

などが、おすすめの食べ方です。

加熱して食べる

りんごを加熱して食べるっていうのは、少し意外かもしれませんが

りんごを100℃以上で加熱することで食物繊維(ペクチン)の量が5倍以上になる効果があると言われています。

りんごを加熱して食べる食べ方

りんごを加熱して食べる食べ方としては、まずはりんごを洗って皮ごと加熱していきます。

簡単な加熱のやり方としては、600Wの電子レンジで4~5分程加熱します。

皮ごとそのまま食べやすい大きさに切ってからサランラップに包んで加熱してもいいですし

りんごをまるごと加熱する時は、りんごの芯をくり抜いてからサランラップに包んで加熱してください。

朝に食べる

りんごを朝に食べるっていうのは、朝にりんごを食べた方がよりりんごの効果が発揮されやすくなります。

朝にりんごを食べることで、紫外線によってメラニン色素が増えてしまうのをしっかりと防いでいくことができますし

朝から腸の働きが良くなることで、一日中しっかりと食べた物をうまく消化していくこともできます。

なので、りんごは朝に食べても昼に食べても夜に食べてもいいのですが

より、りんごの効果をしっかりと発揮して実感できるのは、朝にりんごを食べることだと思います。

1日に半分食べる

りんごを1日に半分食べるっていうのは、りんごを食べ過ぎないようにするっていうことです。

りんごに含まれている成分は、体にとってとても良い効果があるものばかりです。

しかし、そうかといってりんごを食べ過ぎてしまうと成分の過剰摂取になってしまい

・胃痛
・腹痛
・下痢

などを起こしやすくなってしまいます。

なので、りんごを食べる量は、1日に半分までにして食べていくようにしてください。

これらが、りんごの効果をしっかりと得るおすすめの食べ方です。

りんごを長持ちさせるおすすめの保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

りんごを長持ちさせる保存の仕方!

まとめ

【りんごの効果】体に良い成分とおすすめの食べ方はコレ!について書いていきました。

りんごを食べることで、疲労回復や便秘解消や美肌など体にとってとても良い効果を沢山得ることができます。

それは、りんごに含まれている

ポリフェノール
食物繊維(ペクチン)
ビタミンC

などの成分によってです。

なので、りんごを食べることは体にとってとても良いことです。

そして、よりりんごの効果をしっかりと発揮して高める食べ方としては

皮も食べる
加熱して食べる
朝に食べる
1日に半分食べる

などが、おすすめのりんごの食べ方です。

切ったりんごが茶色く変色してしまうのを防いでいく方法については、コチラの記事に書いてあります。

切ったりんごを変色させないコツ!

腐ったりんごの簡単な見分け方のポイントについては、コチラの記事に書いてあります。

腐ったりんごの見分け方のポイント!

りんごを買う時に甘いりんごかどうかを簡単に見分ける方法については、コチラの記事に書いてあります。

甘いりんごの見分け方のポイント!

甘くなかったりんごを甘くするやり方については、コチラの記事に書いてあります。

甘くないりんごを甘くするやり方!

スポンサーリンク