りんごを甘くして食べたい時はどうすればいいのか

買ってきたりんごを食べた時に、甘くない時がありますよね。

そんなりんごが甘くない時に甘くする方法は、りんごを冷蔵庫に入れて冷やすことです。

いったいどうしてりんごは冷やすと甘くなるのか、その理由や

りんごをすぐに甘くして食べたい時の食べ方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

りんごを甘くする方法は冷蔵庫で冷やす

りんごを食べた時に、甘くないりんごだった時は結構ショックですよね。

そんなりんごが甘くなかった時に、りんごを甘くする方法はとても簡単で冷蔵庫でりんごを1~2日ほど冷やすことです。

りんごを冷蔵庫で冷やすとなぜ甘くなるのか

その理由は、りんごの成分である果糖が変化するからです。

果糖っていうのは、α(アルファー)とβ(ベータ)の2つの種類があって

α(アルファー)の果糖⇒甘味が少ない

β(ベータ)の果糖⇒甘味が多い

っていう感じです。

甘くないりんごの果糖は、α(アルファー)が多い時です。

それを、冷蔵庫に入れて冷やすことによって、α(アルファー)の果糖がβ(ベータ)の果糖に変化します。

それによってβ(ベータ)の果糖の成分が増えるので、甘くないりんごが甘くなります。

なので、りんごが甘くなかった時は、冷蔵庫に入れて1~2日冷やすことで、果糖が変化して甘いりんごになります。

冷蔵庫での冷やし方

りんごを冷蔵庫に入れて1~2日ほど冷やすと甘くなるっていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、りんごを甘くする為に冷蔵庫で冷やす時の冷やし方は

ビニール袋にりんごを入れて冷やす
りんごを何個か一緒に入れて冷やす

です。

ビニール袋にりんごを入れて冷やす

ビニール袋にりんごを入れて冷やすっていうのは、りんごをそのままの状態で冷蔵庫に入れないでください。

りんごっていうのは、追熟といってそのまま放置していてもデンプンが分解されて果糖に変化して完熟していきます。

この時に、りんごからエチレンガスが発生されます。

このエチレンガスは、他の果物や野菜などの追熟も早めてしまいます。

そうなってしまうと、先に冷蔵庫で冷やしていた果物や野菜などの賞味期限を早めてしまいます。

なので、りんごを冷蔵庫で冷やす時は、りんごだけをビニール袋に入れて密封して冷やしてください。

りんごを何個か一緒に入れて冷やす

りんごを何個か一緒に入れて冷やすっていうのは、追熟の効果を高めていきます。

先ほども書いたように、りんごはエチレンガスを発生させます。

なので、ビニール袋にりんごを何個か一緒に入れておくことで、それぞれがエチレンガスを発生させてりんごの追熟を良くしてくれます。

りんごを買う時っていうのは、何個かまとめて買うことが多いですよね。

なので、りんごをいくつかまとめてビニール袋に入れて冷やしておくと追熟の効果を良くしてくれてより甘味が増します。

ただし、多くビニール袋に入れ過ぎてしまうと、それだけまとめて食べなくてはいけないので注意してください。

これが、甘くないりんごを冷蔵庫で冷やして甘くする方法です。

りんごを買う時に甘いりんごかどうかを見分ける簡単な方法については、コチラの記事に書いてあります。

甘いりんご選んで買う見分け方!

スポンサーリンク

りんごをすぐに甘くして食べる食べ方

りんごを甘くする方法については、わかってもらえたと思います。

しかし、冷蔵庫に入れて1~2日ほど冷やさなくてはいけないのですぐに食べることができません

そこで、今すぐりんごを甘くして食べたい時はどうすればいいのか

りんごをすぐに甘くして食べる食べ方としては

温めて食べる
ハチミツを少しかけて食べる
適温にして食べる

などが、おすすめの食べ方です。

温めて食べる

りんごを温めて食べるっていうのは、加熱してから食べるっていうことです。

りんごを加熱して温めることで、りんごの水分が少なくなります。

水分が少なくなると、それだけ糖分の濃度が高くなるので甘味が増します。

なので、電子レンジなどでりんごを5分ほど温めてから食べてください。

温かいりんごが苦手な場合は、少し覚ましてから食べても糖分の濃度は変わらないので甘く美味しく食べることができます。

ハチミツを少しかけて食べる

ハチミツを少しかけて食べるっていうのは、一番簡単な食べ方ですね。

りんごに少しだけハチミツをかけることで、甘味が増して美味しく食べれます。

適温にして食べる

適温にして食べるっていうのは、冷蔵庫で冷やしていたりんごをより甘く食べる食べ方です。

冷やしたりんごを食べると、甘くはなっているのですが甘いよりも冷たいっていう触感の方が強く感じてしまいます。

なので、冷蔵庫で冷やしたりんごを食べる時は、冷蔵庫から出して少し待って適温になってから食べた方がより甘味を感じて食べることができます。

これらが、りんごをすぐに甘くして食べたい時のおすすめの食べ方です。

りんごに含まれている成分効果やよりりんごの効果を高めるおすすめの食べ方については、コチラの記事に書いてあります。

りんごが体に良い効果の秘密とおすすめの食べ方!

まとめ

りんごを甘くする方法は冷蔵庫で冷やす!すぐ食べたい時は?について書いていきました。

りんごが甘くなかった時に、りんごを甘くする方法は

りんごをビニール袋に入れて冷蔵庫で1~2日ほど冷やしてから食べることです。

冷蔵庫で冷やすことによって、より甘味の強い果糖に変化させることができます。

そして、すぐに甘いりんごを食べたい時の食べ方としては

電子レンジなどで少し加熱することによって、りんごの水分が少なくなって糖分濃度が高くなるので甘いりんごを食べることができます。

りんごの食べ過ぎで起こりやすい注意してほしい症状や1日に食べる量などについては、コチラの記事に書いてあります。

りんごの食べ過ぎで出やすい症状と食べる量!

切ったりんごが茶色く変色してしまうのを防いでいく簡単な予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

りんごが茶色く変色するのを防ぐ対策方法!

りんごが腐っている状態や腐ったりんごの見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

腐ったりんごの簡単な見分け方!

りんごを美味しく長持ちさせる保存の仕方や保存できる期間などについては、コチラの記事に書いてあります。

りんごの正しい保存方法と保存期間!

スポンサーリンク