りんごが茶色く変色してしまうのを防いでいく方法は、どうすればいいのか

りんごを切って後で食べようと思ったり、弁当に入れておいたりすると茶色く変色してしまいますよね。

そんな、りんごが変色してしまう原因や変色を防いでいく方法はどうすればいいのか

そして、変色したりんごを元の状態に戻して美味しく食べる方法などについて書いていきます。

りんごが変色してしまっていると、見た目も何となく良くなくて美味しく食べれないですからね。

スポンサーリンク

りんごの変色を防ぐ方法はコレ

切ったりんごっていうのは、時間が経ってしまうと段々と茶色くなっていってしまい変色してしまいますよね。

そこで、りんごを切って時間が経つと変色してしまう原因は、りんごに含まれている成分のポリフェノールが関係しています。

りんごを切ることによって、中のポリフェノールが空気に触れます。

ポリフェノールが空気に触れてしまうことで、酸素と結びついてしまいそれによってポリフェノールが酸化する化学反応が起こってしまいます。

このポリフェノールが酸化してしまうことによって、茶色く変色してしまいます。

なので、りんごが茶色く変色していても、別に腐って変色しているわけではないので、そのまま普通に食べることはできます。

しかし、変色しているりんごっていうのは、食べてもあまり美味しいとは感じないですよね。

できれば、変色していない綺麗な状態でりんごを食べたいですからね。

そこで、りんごを切っても変色させないように防いでいくには

りんごのポリフェノールを空気に触れないようにしていくことです。

そこで、おすすめの簡単なりんごの変色を防ぐ方法は

塩水につける
砂糖水につける
はちみつ水につける
炭酸水につける
レンジで加熱する
真空パックに入れる

などです。

これらの方法をすることで、りんごを切っても茶色く変色するのを防いでいくことができます。

塩水につける方法

塩水につける方法っていうのは、りんごを切った後にすぐに塩水に1~2分つけておいてください。

塩水につけることで、りんごの表面に塩水がつくので、ポリフェノールが酸素にくっつくのを防いでいくことができます。

塩水の作り方は、4ooccの水に塩を一つまみ入れてよくかき混ぜてください。

砂糖水につける方法

砂糖水につける方法っていうのは、りんごを切った後にすぐに砂糖水に5分ほどつけておいてください。

砂糖水につけることで、りんごの表面に砂糖水がつくので、ポリフェノールが酸素にくっつくのを防いでいくことができます。

ただし、砂糖水につける時は、少し時間を長くつけておいてください。

砂糖水の作り方は、400ccの水に砂糖を大さじ2杯ほど入れてよくかき混ぜてください。

はちみつ水につける方法

はちみつ水につける方法っていうのは、りんごを切った後にすぐにはちみつ水に1~2分つけておいてください。

はちみつ水につけることで、りんごの表面にはちみつ水がつくので、ポリフェノールが酸素にくっつくのを防いでいきます。

はちみつ水の作り方は、400ccの水にはちみつを大さじ2杯ほど入れてよくかき混ぜてください。

炭酸水につける方法

炭酸水につける方法っていうのは、りんごを切った後にすぐに炭酸水に5分ほどつけておいてください。

炭酸水につけることで、りんごの表面に炭酸水がつくので、ポリフェノールが酸素にくっつくのを防いでいきます。

炭酸水につける時も、砂糖水と同じで少し長い時間つけておいてください。

炭酸水が無い場合は、普通の炭酸ジューズなどでも大丈夫です。

スポンサーリンク

レンジで加熱する方法

レンジで加熱する方法っていうのは、りんごを切った後にすぐに電子レンジで1~2分ほど加熱します。

りんごを加熱することで、ポリフェノール酸化酵素を壊して蒸発させていきます。

それによって、りんごが変色するのを防いでいくことができます。

真空パックに入れる方法

真空パックに入れる方法っていうのは、りんごを切った後にすぐに、ジップロックなどに入れて密封する方法です。

真空パックにすぐに入れて密封することで、空気に触れることが無くなるのでりんごが変色するのを防いでいくことができます。

これらの方法が、切ったりんごを茶色く変色させない為の簡単な予防対策です。

りんごが体に良いと言われる成分と効果を高めるおすすめの食べ方については、コチラの記事に書いてあります。

りんごが体に良い理由と効果ある食べ方はコレ!

りんごの変色を戻して美味しく食べる方法

りんごの変色を防ぐ方法については、わかってもらえたと思います。

そして、変色してしまったりんごの変色を戻して美味しく食べる方法もあります。

それは、オレンジジュースにりんごを入れて5分ほどつけておきます

そうすることで、りんごの変色を戻していくことができます。

オレンジジュースで変色が戻る理由

オレンジジュースにつけておくことで、りんごの変色が戻る理由は

オレンジジュースに含まれているビタミンCの効果のおかげです。

ビタミンCには、ポリフェノールと酸素の結びつきを外してくれる効果があります。

それによって、変色を戻していくことができます。

これが、切って変色してしまったりんごの変色を戻して美味しく食べていく簡単な方法です。

りんごを長持ちさせて美味しく食べるための保存方法と保存期間については、コチラの記事に書いてあります。

りんごの正しい保存方法と保存期間!

まとめ

りんごの変色を防ぐ方法はコレ!戻して美味しく食べる方法も!について書いていきました。

切ったりんごが時間が経つにつれて茶色く変色していってしまう原因は

りんごに含まれているポリフェノールの成分が酸素と結ぶついてしまうからです。

なので、りんごの変色を防ぐ方法は

塩水につける
砂糖水につける
はちみつ水につける
炭酸水につける
真空パックに入れる

などして、ポリフェノールが酸素と結びつかないようにしたり

電子レンジで加熱してポリフェノール酸化酵素を壊して蒸発させていくことで防ぐことができます。

そして、変色してしまったりんごも、オレンジジュースにつけることで変色した部分を戻して美味しく食べていくことができます。

甘くなかったりんごを簡単に甘くする方法については、コチラの記事に書いてあります。

甘くないりんごを甘くする方法はコレ!

甘いりんごの見分け方のコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

甘いりんごかどうかの簡単な見分け方!

りんごの食べ食べ過ぎると注意してほしい症状や食べる量などについては、コチラの記事に書いてあります。

りんごの食べ過ぎはダメ!1日の食べる量は!

腐ってしまったりんごの簡単な見分け方については、コチラの記事に書いてあります。

りんごが腐ってしまった時の見分け方!

スポンサーリンク