美味しい梨の見分け方はどこをチェックすればいいのか

シャキシャキしてて甘味のある梨は、とても美味しいですよね。

そんな美味しい梨を買う時は、美味しい梨かあまり美味しくない梨か見分けて買わなくていけません

そこで、美味しい梨の簡単な見分け方や

甘くない梨を買ってしまった時の甘くない梨を甘くする方法などについて書いていきます。

甘くて美味しい梨を食べたいですからね。

スポンサーリンク

美味しい梨の見分け方はコレ

美味しい梨の見分け方っていうのは、実はそんなに難しくなくて誰でも簡単に見分けて買うことができます。

梨には、青梨と赤梨の種類があります。

青梨は、甘味は少し少ないけど水分が多くシャキシャキして美味しい梨で、黄緑色した梨です。

青梨の代表的な梨といえば、「二十世紀」ですね。

赤梨は、糖度が高くとても甘くて美味しい梨で、茶色の梨です。

赤梨の代表的な梨といえば、「幸水」「豊水」などですね。

この2つの種類の梨がありますが、どちらも美味しい梨の見分け方は同じです。

そこで、美味しい梨の簡単な見分け方っていうのは

色がしっかり全体にムラなくついている
表面にツブが沢山ついている
形が左右均等になっている
お尻がどっしりしている
重みがある
表面がツルツルしている
触ると硬い

などです。

色がしっかり全体にムラなくついている

美味しい梨の見分け方で、色がしっかり全体にムラなくついているっていうのは

黄緑色の青梨は、全体がしっかりと黄緑色になっている

茶色い赤梨は、全体がしっかりと茶色になっている

っていうことです。

この梨全体に色がムラなくついている梨っていうのは、それだけ日光を沢山浴びた成熟した梨です。

なので、糖度が高く水分も多いのでとても美味しい梨です。

部分的に色が薄い箇所がある場合は、その部分だけ日光をあまり浴びていない状態です。

表面にツブが沢山ついている

美味しい梨の見分け方で、梨の表面にツブが沢山ついているっていうのは、黒い小さなツブのことです。

黒い小さなツブが沢山ついている梨っていうのは、袋掛けされていない梨です。

袋掛けされていないっていうことは、それだけ日光をしっかりと浴びているので、美味しい梨です。

形が左右均等になっている

美味しい梨の見分け方で、梨の形が左右均等になっているっていうのは、全体的にしっかりと日光を浴びています。

なので、梨の形が少し左右で違って形が綺麗じゃない梨よりも、左右均等で形が綺麗な梨の方が美味しい梨です。

お尻がどっしりしている

美味しい梨の見分け方で、梨の形がお尻がどっしりしているっていうのは、お尻が少し扁平になっていて大きい梨です。

梨っていうのは、上の部分よりもお尻の方に糖度が多く集まります。

なので、全体的に横に少し広がっていて高さが少し低い梨の方が、高さがある梨よりもより多くの糖度が詰まっているので甘くて美味しい梨です。

重みがある

美味しい梨の見分け方で、梨の重みがあるっていうのは、水分を多く含んでてシャキシャキして美味しい梨です。

梨の水分っていうのは、時間が経つにつれて自然と抜けていってしまいます。

なので、同じ大きさの梨を持って、重い方が水分が多く含まれている梨になるので美味しい梨です。

スポンサーリンク

表面がツルツルしている

美味しい梨の見分け方で、梨の表面がツルツルしているっていうのは

梨の表面がツルツルしている状態は、成熟している梨です。

そして、逆に梨の表面がザラザラしている状態は、まだ少し成熟していない若い梨です。

なので、梨の表面がツルツルしている梨は、糖度も高くちょうど食べごろの梨なので美味しい梨です。

固い

美味しい梨の見分け方で、固い梨っていうのは、梨にしっかりと水分が含まれている梨です。

持った時に少し柔らかい梨は、水分が少なくなっていたり、少し傷んでいたりすることがあります。

なので、梨を持った時にしっかりと固い梨が美味しい梨です。

これらが、美味しい梨を見分ける簡単な見分け方のコツです。

甘くない梨を甘くする方法

美味しい梨の見分け方については、わかってもらえたと思います。

しかし、食べた時に梨が甘くなくて美味しくない時があります。

そんな、甘くない梨を甘くする簡単な方法があります。

それは

梨を切って少し砂糖をつけて冷蔵庫で冷やす
梨を切って電子レンジで加熱する

です。

切った梨に砂糖をつけて冷蔵庫で冷やす

切った梨に砂糖をつけて冷蔵庫で冷やすっていうのは、砂糖をつけて冷蔵庫で冷やすことで甘味が出ます。

冷蔵庫に入れて冷やしておく時間は2時間くらいで大丈夫です。

砂糖をつけることで当然梨は甘くなりますし、梨っていうのは冷やすことで美味しく食べることができます。

切った梨を電子レンジで加熱する

切った梨を電子レンジで加熱するっていうのは、梨をコンポートします。

甘くなくて少し酸っぱい梨も加熱することで、糖分が増して甘くなります。

電子レンジで加熱する方法は、500Wで約6~7分ほど温めてください。

温かいまま食べてもいいですし、温めてから少し冷蔵庫で冷やして食べても甘くて美味しいです。

これが、梨が甘くなかった時の簡単な梨を甘くして食べる方法です。

甘くない梨を甘くする方法や美味しい食べ方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

甘くない梨を美味しく食べる方法!

まとめ

美味しい梨の見分け方はコレ!甘くない梨を甘くする方法は!について書いていきました。

水分が多くてシャキシャキしていて甘くて美味しい梨の見分け方は

色がしっかり全体にムラなくついている
表面にツブが沢山ついている
形が左右均等になっている
お尻がどっしりしている
重みがある
表面がツルツルしている
触ると硬い

などです。

そして、梨を食べた時に甘くなかった時に、簡単に梨を甘くして食べる方法は

梨を切って少し砂糖をつけて冷蔵庫で冷やす
梨を切って電子レンジで加熱する

このどちらかの方法で、甘くて美味しい梨にして食べることができます。

梨を食べることで得られるおすすめの効果や1日に食べる量などについては、コチラの記事に書いてあります。

梨の凄い効果と1日に食べてもいい量!

腐った梨の簡単な見分け方については、コチラの記事に書いてあります。

腐った梨かどうか見分ける方法!

梨を長持ちさせる正しい保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

梨を長持ちさせる正しい保存方法はコレ!

スポンサーリンク