腐った梨の見分け方は、どこを見ればいいのか

梨はとても美味しいので結構まとめて買うことが多いですよね。

しかし、梨っていうのは意外と賞味期限が短いので腐りやすいです。

そこで、梨が腐っているかどうかを食べずに簡単に見分ける見分け方や

切った梨が変色してしまったり、こんな状態の梨は食べることができるのかどうかなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

腐った梨の見分け方はコレ

腐った梨かどうか食べずに見分ける見分け方は、どうすればいいのか

甘くてみずみずしくて美味しい梨も腐った梨を食べてしまうと、下痢などの辛い症状などが出てしまうので注意しなくてはいけません

そこで、腐った梨を食べないように、梨が腐っているかどうか見た目や触感や臭いなどで簡単に見分けることができます。

腐った梨の見分け方は

皮がシワシワになっている
触るとブヨブヨして柔らかい
皮が黒っぽく変色している
皮にカビが生えている
切った時に中心が黒っぽくなっている
切った時に酸っぱい臭いがする

です。

このような状態になってしまっている梨は、腐った梨の状態なので食べずに処分してください。

皮がシワシワになっている

腐った梨の見分け方で皮がシワシワになっているっていうのは

梨の皮がシワシワになっている状態は、梨の水分がほとんど失われて無くなっている状態です。

梨の皮っていうのは、新鮮な梨の皮は少し触った感じがザラザラしています。

それが、時間が経つにつれて段々とツルツルな状態になり、それが更に進むとシワシワになってきてしまいます。

それだけ放置している期間が長くなってしまっているので、梨がもう腐り始めているので食べないでください。

触るとブヨブヨして柔らかい

腐った梨の見分け方で触るとブヨブヨして柔らかいっていうのは

梨を触った時に、ブヨブヨして柔らかすぎる梨は果肉がもう腐って溶けてしまっている状態です。

なので、ブヨブヨな柔らかい梨は腐っているので食べないでください。

皮が黒っぽく変色している

腐った梨の見分け方で皮が黒っぽく変色しているっていうのは、濃い茶色など黒っぽい色に皮が変色してしまっている梨です。

梨の皮が黒っぽくなってしまうのは、果肉が腐ってしまっていてそれが梨の皮まで腐り出している状態です。

なので、梨の皮が黒っぽく変色してきている梨は腐っているので食べないでください。

皮にカビが生えている

腐った梨の見分け方で皮にカビが生えているっていうのは

梨の皮にカビが生えてしまっているとカビの根っこが果肉にまで浸透してしまっています。

カビの生えている部分だけを落としても果肉にまでカビの粒子が浸透してしまっています。

なので、少しでも梨の皮にカビが生えてしまっている梨は食べることができないので食べないでください。

切った時に中心が黒っぽくなっている

腐った梨の見分け方で切った時に中心が黒っぽくなっているっていうのは

梨を半分に切った時に、果肉の中心が黒っぽくなっている状態は、梨が腐り始めてきています。

なので、梨の皮の変色と同じで、梨の果肉の中心が濃い茶色や黒っぽくなっている梨は腐り始めているので食べないでください。

切った時に酸っぱい臭いがする

腐った梨の見分け方で切った時に酸っぱい臭いがするっていうのは

梨を切った時に酸っぱい異臭がする時は、完全に梨が腐ってしまっている状態です。

なので、梨を切った時に少しでも酸っぱい臭いがする時は、梨が腐ってしまっているので食べないでください。

これらが、梨が腐っているかどうか食べる前に腐った梨を見分ける見分け方です。

スポンサーリンク

切って変色した梨は食べれる?

腐った梨の簡単な見分け方については、わかってもらえたと思います。

そして、梨っていうのは切って少し時間が経つと果肉の表面が少し茶色く変色してしまうことが多いですよね。

そんな、切って少し時間が経って果肉の表面が少し茶色くなった梨は、普通に食べることができます

切った梨の果肉の表面が少し茶色く変色してしまう原因は、梨の成分であるポリフェノールが空気に触れて酸化してしまうからです。

しかし、これは別に腐ってしまったわけではないので、そのまま普通に食べることができます。

ただし、切ってそのまま1日以上放置していて濃い茶色などに変色してしまった時は、梨が腐り始めているので食べないでください。

切った梨の果肉の表面が少し茶色く変色してしまうのを防いでいきたい時は

切った直後に一旦、梨をレモン水や食塩水につけると空気に触れて変色するのを防いでいくことができます。

梨のこんな状態は食べれる?

切った梨が少し茶色く変色してしまった時は、普通に食べていくことができるっていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、梨を切った時に

・半透明になっている
・少し柔らかくなっている

などの状態の時がありますよね。

こんな状態の梨は食べても大丈夫なのかな?って少し心配になってしまいますが

切った梨がこんな状態になっている梨は別に腐っているわけではないので食べても大丈夫です

半透明になっている梨

切った梨の果肉が少し半透明になっている梨っていうのは、熟していて「うるみ」という蜜が多く出ている状態です。

なので、とても美味しく食べることができます。

ただし、半透明になっている梨は、熟しているので食べごろではあるのですが

それ以上日にちが経ってしまうと腐り始めてきてしまうので、早めに全て食べるようにしてください。

少し柔らかくなっている梨

切った梨が少し柔らかくなっている梨っていうのは、これも熟している状態なので普通に食べることができます。

ただし、少し柔らかい梨も熟しているので食べごろではあるのですが

それ以上日にちが経ってしまうと、先ほど書いたようにブヨブヨして柔らかくなりすぎて腐ってしまうので、早めに全て食べるようにしてください。

梨を美味しく長持ちさせるおすすめの保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

梨を長持ちさせる保存の仕方!

まとめ

腐った梨の見分け方はコレ!変色やこんな状態は食べれる?について書いていきました。

梨が腐っているかどうか食べずに腐った梨の簡単な見分け方は

皮がシワシワになっている
触るとブヨブヨして柔らかい
皮が黒っぽく変色している
皮にカビが生えている
切った時に中心が黒っぽくなっている
切った時に酸っぱい臭いがする

などをチェックして確認してみてください。

このような状態になってしまっている梨は、腐ってしまっている梨なので食べずにすぐに捨てて処分してください。

そして、切った梨が少し茶色く変色してしまっても腐ったわけではないので普通に食べることができますし

切った梨が半透明だったり少し柔らかい状態は、梨が熟しているので美味しく食べることができます。

ただし、熟していているので腐り始めるのも早いのですぐに食べきってしまってください。

梨を食べることで得られる効果や1日に食べる量などについては、コチラの記事に書いてあります。

梨を食べると良い効果と食べる量!

甘くない梨を甘くして食べるおすすめの方法については、コチラの記事に書いてあります。

甘くない梨を甘くして食べる方法!

甘くて美味しい梨の簡単な見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

甘くて美味しい梨を選ぶ見分け方!

スポンサーリンク