お寺の正しい参拝方法はどうすればいいのか、注意しなければいけないことは何なのか

神社との違いや気をつけなくてはいけないこと

そして、気になる初詣などは、どっちにいくのがいいのか

などについて書いていきます。

意外とお寺での正しい参拝方法ってわからないですし

お寺と神社は、参拝方法が似ていますが、違っているところもあるので、正しいお寺での参拝の仕方を知っておきたいですからね。

スポンサーリンク

お寺の正しい参拝方法や手順

お寺の正しい参拝方法のやり方や手順っていうのは、意外とわからないですよね。

そこで、お寺での正しい参拝方法のやり方や手順は

山門の前で合掌して一礼する

山門の敷居を踏まないようにしてくぐる

手水で手と口を清める

お賽銭を入れる

合掌して一礼する

お香を指で摘まんで香炉に入れる

合掌しながら祈願する

祈願し終えたら一礼する

山門から出た後にお寺に向かって合掌して一礼する

です。

山門をくぐる時の注意点

山門をくぐる時の注意点っていうのは、お寺は神社と違って鳥居はなくて、入る時は山門をくぐって入ります。

この山門をくぐる前に、必ず手を合わせて合掌して、一礼してから山門をくぐってください。

そして、山門の下には敷居があります。

その敷居を踏まないように、上手く跨いでください。

基本的には左右どちらの足から入ってもいいのですが、場所によっては

男性は左足から

女性は右足から

という決まりがある場所もあります。

手水で手や口を清めるやり方

手水で手や口を清めるやり方としては、柄杓がある場合は柄杓を使って

まずは左手に水をかけて清める

右手に水をかけて清める

左手に水を溜めて口を清める

です。

使い終わった後の柄杓は、必ず洗ってまた立てかけておいてください。

これは、神社でも同じやり方です。

そして、お寺の場合は、体を清める常香炉という煙がモコモコと出ている物があります。

お寺によっては、常香炉があったりなかったりもしますが

常香炉がある場合は、煙を体につけるようにしてください。

それによって、体を清めることになります。

スポンサーリンク

お寺での参拝のやり方

お寺での参拝のやり方は、祈願する前に、まずはお賽銭箱にお賽銭を入れてから、手を合わせて合掌して一礼してください。

そして、お香を親指と人差し指と中指の三本の指で摘まんで、その指を額の前まで掲げてから横にある香炉に入れてください。

お香を入れる回数は、お寺によっても違いがありますが、基本的には一回で大丈夫です。

お香ではなくて線香がある場合は、近くにあるローソクの火で線香に火をつけてください。

火を消す時は、息を吹きかけるのではなくて、手の平で仰いで消してください。

お香や線香が終わってから、合掌をして祈祷をします。

数珠を持っている場合は、数珠をして祈祷をしていってください。

祈祷が終わった後は、また一礼してください。

最後に山門を出る時もまた、敷居を踏まないように出てもらってから、お寺に向かって合掌しながら一礼をするのを忘れないようにしてください。

お寺と神社の違い

お寺での参拝方法については、わかってもらえたと思います。

そこで、お寺と神社の違いは何なのかというと

お寺は、仏教で仏様を祀っている場所

神社は、新道で神様を祀っている場所

です。

なので、お寺の場合は、山門があり鳥居がありません

逆に神社の場合は、鳥居があり山門がありません

そして、お寺と神社での参拝方法の大きな違いとしては

参道をどこを歩いてもいい
拍手はしない

です。

お寺は参道をどこを歩いてもいい

参道をどこを歩いてもいいっていうのは、神社の場合は鳥居をくぐる時も参道を歩く時も真ん中は神様が通る場所なので、避けて端をくぐったり歩いたりしなくてはいけません

しかし、お寺の場合は、山門をくぐる時も参道を歩く時も真ん中を歩いてもいいですし端を歩いてもいいです。

お寺は拍手はしない

拍手はしないっていうのは、神社の場合は参拝をする時は、二拝二拍手一拝で拍手をします。

しかし、お寺の場合は、拍手をしないで合掌です。

この参拝する時に拍手をしないっていうのが、お寺と神社での参拝で一番大きな違いになるので注意して気をつけるようにしてください。

神社での参拝方法のやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

神社での参拝方法のやり方と注意すること!

初詣はお寺でも神社でもどちらでもいい

初詣は、お寺に行かれる人や神社に行かれる人がいます。

お寺と神社は、どっちが縁起がいいのだろ?

お寺に行った方がいいのか、それとも神社に行った方がいいのかと悩む人も大勢いると思います。

そこで、初詣はお寺に行っても神社に行ってもどちらに行ってもいいですし、どちらが縁起が良いということもありません

先ほども書きましたが、お寺は仏教で、神社は神道です。

日本は、元々神道で、仏教は後から伝わってきたので、神社の方が良いと言われる方もいます。

しかし、それは人それぞれの考えがあるので、自分が行きたいと思う方に初詣に行かれるのがいいと思います。

おみくじもお寺にも神社にもありますしね。

そして、お寺と神社の両方に行かれるのも、特に問題はないです。

絵馬の正しい書き方やかけ方で、正しく願いごとをするやり方については、コチラの記事に書いてあります。

絵馬の書き方やかけ方のルール!

おみくじを引いた時の縁起が良い順番や引いた後におみくじを結ぶのか、それとも持ち帰るのがいいのかなど、おみくじの扱い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

おみくじの順番と引いた後の処理方法!

まとめ

お寺の正しい参拝方法!神社との違いや初詣はどっちがいいか!について書いていきました。

お寺の参拝方法も神社の参拝方法も似ているいますし同じようにすることもあります。

ただ注意してほしい違いは

山門の敷居を踏まない
拍手をしないで合掌する

ことです。

そして、初詣などは、お寺でも神社でもどちらでもいいので、自分が行きたい方に行って祈願してください。

お墓参りの正しいやり方や手順などについては、コチラの記事に書いてあります。

お墓参りの正しいやり方とマナー!

お墓まりにいくタイミングやおすすめの時期などについては、コチラの記事に書いてあります。

お墓参りにいくタイミングや時期!

スポンサーリンク