初詣はいつまでに行くのが正しいのか

初詣は神社とお寺の両方に行くのはありなのか

新年を迎えて正月に多くの人が初詣にいきますよね

しかし、元旦などは初詣に行っても人が多いだけでゆっくりお祈りやお参りができないので日をづらしたい

あるいは、正月は仕事で初詣にはいけないっていう人もいます。

そこで、初詣はいつまでの期間中に行くのが正しいのか

神社とお寺の両方に初詣に行ってもいいのか

など初詣に行く期間や神社とお寺の両方に行ってもいいのかなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

初詣はいつまでに行くのが正しい

新年を迎えて多くの人がまず一番最初に出かけるところといえば、神社やお寺などの初詣ですよね。

そこで、初詣はいつまでに行くのが正しいのか、行く期間っていうのは実は明確な決まりなどはありません

そもそも初詣っていうのは、新しい年を迎えてその年に初めて神社やお寺にお参りに行くことをいいます。

そして神様や仏様に去年の感謝を伝えて、今年一年の健康や仕事や学業などが良いことになるようにお祈りやお参りすることです。

なので、一般的には新年を迎えてすぐの正月休み中の元旦~3日までの間に行く人が一番多いです。

1月3日までは人が多いので少し初詣に行くのは避けたいなっていう場合は、小正月と言われる松の内が終わるまでに行く人も多いです。

松の内の期間は関東や関西で違う

初詣は小正月と言われる松の内が終わるまでに行くのがいいということについては、わかってもらえたと思います。

そこで、松の内っていうのはいったい何かというと、正月の門松やしめ飾りなどを出している期間のことです。

なので、松の内の期間中は「正月の期間」という風に言われています。

正月っていうと元旦から3日までっていうイメージが強いですが、実は松の内までが正月なのです。

そして、この松の内の期間っていうのは、関東と関西で違っていて

関東地方(東日本~北日本)の松の内の期間⇒1月7日まで

関西地方(西日本)の松の内の期間⇒1月15日まで

九州地方の松の内の期間⇒1月7日まで

となっています。

なので

関東地方や九州地方に住んでいる人は、1月7日までの間に初詣に行く

関西地方に住んでいる人は、1月15日までの間に初詣に行く

ことによって正月期間中に初詣に行ったことになります。

スポンサーリンク

初詣は神社とお寺の両方に行くのはあり

初詣はいつまでに行くのが正しいのか行く期間については、わかってもらえたと思います。

そして、初詣として神社とお寺の両方に行く人もいると思います。

そこで、気になるのが初詣に神社とお寺の両方に行くのはいいのかな?っていうことですが

初詣は、神社とお寺の両方に行っても全然問題ありません

神社での初詣は、神様に今年一年のお願いをする

お寺での初詣は、仏様に今年一年のお参りをする

っていうことになりどちらも初詣になります。

神社とお寺では参拝方法が違うので注意

初詣に神社とお寺の両方に行くのは、特に何も問題はありません

しかし、神社とお寺では参拝のやり方が違うので注意してください。

神社の参拝方法は、二拝二拍手一拝

お寺の参拝方法は、合掌して一礼

という感じで参拝のやり方が違います。

それぞれに正しい参拝方法や手順があるので、正しい参拝でしっかりと神様や仏様にお祈りしたりお参りしたりしてください。

神社の正しい参拝の手順ややり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

神社の正しい参拝の手順ややり方はコレ!

お寺の正しい参拝の手順ややり方については、コチラの記事に書いてあります。

お寺の正しい参拝の手順とやり方はコレ!

まとめ

初詣はいつまでに行くのが正しい?神社とお寺両方はあり?について書いていきました。

初詣に行く期間は、特に決まりなどはありません

初詣は、新年を迎えて初めて神社やお寺に行って、今年一年のお願いごとなどをします。

なので特に決まりはありませんが、できれば松の内が終わるまでの間に行くのがおすすめです。

関東や九州地方の松の内は、1月7日まで

関西地方の松の内は、1月15日まで

です。

そして、初詣は神社とお寺の両方に行っても大丈夫です。

ただし、神社とお寺では参拝のやり方が違うので注意してください。

喪中の時の初詣はいつから行くことができるのか、注意点などについては、コチラの記事に書いてあります。

喪中の時の初詣のいつから行けるのか!

おみくじの順位や引いた後の正しい扱い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

おみくじの良い順位と引いた後の扱い方!

絵馬の願いが叶う正しい書き方やかけ方などについては、コチラの記事に書いてあります。

絵馬の願いが叶う正しい書き方とかけ方はコレ!

スポンサーリンク