病院のお見舞いの正しい行き方はどうすればいいのか

お見舞いに行く前に必ずやってほしいこと

お見舞いに行く時の服装や気をつけてほしいこと

お見舞いに行った時の面会時のマナーなど

親戚や友達や会社の人などが入院してしまい、病院にお見舞いに行く時の正しい行き方について書いていきます。

病院にお見舞いに行く時は、入院されている人や周りの人達に迷惑をかけないように注意しなくてはいけないことがありますからね。

スポンサーリンク

病院のお見舞いの正しい行き方

病院にお見舞いに行く時は、身内の人や親しい友達や会社の人であってもお見舞いに行く時に必ずやってほしいことがあります。

そこで、病院のお見舞いの正しい行き方としてやってほしいことは

お見舞いに行くのは入院されてから2~3日後
お見舞いに行く前に家族や本人に連絡し確認する
お見舞いは朝一や食事の時間帯は避ける

です。

お見舞いに行くのは入院されてから3日後

お見舞いに行くのは入院されてから3日後っていうのは、入院されてすぐにお見舞いに行かないっていうことです。

入院されたと聞くと、容態が心配になってすぐにでも病院にお見舞いに行きたくなります。

しかし、入院された直後っていうのは、色々な手続きや検査などで忙しいですし

入院されている人も精神的に弱っていたりすることが多いです。

なので、病院にお見舞いに行くタイミングとしては、入院されてから最低でも3日過ぎてから行くようにしてください。

お見舞いに行く前に家族や本人に連絡し確認する

お見舞いに行く前に家族や本人に連絡し確認するっていうのは、何の連絡もしないで急にお見舞いに行かないっていうことです。

入院中っていうのは、普段とは違って身なりも綺麗にできていないですし

容態もあまり良くなかったり、検査などで病室にいないこともあります。

なので、必ず病院にお見舞いに行く時は、事前に入院されている人の家族や本人に電話やメールやlineなどでお見舞いに行っても大丈夫か確認してください。

そして、お見舞いに行っても大丈夫な日や時間帯などを確認してください。

お見舞いは朝一や食事の時間帯は避ける

お見舞いは朝一や食事の時間帯は避けるっていうのは、面会できる時間内であっても朝一や食事の時間帯は避けてください。

朝っていうのは、検査などが多い時間帯なので、入院されている人も忙しくてゆっくりすることができないですし

食事中にお見舞いに行ってしまうと、迷惑をかけてしまいますからね。

入院お見舞いに行くタイミングなどについては、コチラの記事にも詳しく書いてあります。

入院お見舞いはいつ行く?注意することは?

スポンサーリンク

病院にお見舞い行く時の服装

病院にお見舞いに行く時の正しい行き方については、わかってもらえたと思います。

そして、病院にお見舞いに行く時の服装は、特に決まりなどはなく普段着やスーツなどで大丈夫ですが

肌の露出が少ない服装
汚れていない服装
過剰なアクセサリーなどつけない
香水は控える

静かに歩ける靴

などのことを心がけるようにしてください。

肌の露出が少ない服装

肌の露出が少ない服装っていうのは、特に女性の人の服装のことです。

特に暑い夏場とかは、普段着といっても肌の露出が多い服装は避けてください。

病院にお見舞いに行く時は、肌の露出が少ない服装で行ってください。

汚れていない服装

汚れていない服装っていうのは、仕事帰りにお見舞いに行く時などですね。

仕事着が汚れてしまっていたり、汗をいっぱいかいてしまったりした時は、新しい服に着替えてから病院のお見舞いに行ってください。

入院されている方は、体調が悪く体の免疫力なども低下しているので、汚れた服を着て行ってしまうと色々な菌などをまき散らしてしまう危険性があります。

過剰なアクセサリーなどをつけない

過剰なアクセサリーなどをつけないっていうのは、指輪やネックレスなどはできるだけ外していくっていうことです。

アクセサリーをつけてしまうと、身なりが派手になってしまいますからね。

指輪も結婚指輪以外はつけないようにしてください。

香水は控える

香水は控えるっていうのは、香水をつけすぎてしまっていると周りの人達に迷惑をかけてしまいます。

特に病室は、狭い空間なので香水の匂いが部屋中に充満してしまいます。

女性の人の場合は、香水を抑えて

男性の人の場合は、香水はつけないようにしてください。

静かに歩ける靴

静かに歩ける靴っていうのは、ハイヒールやブーツなど歩く時に音がする靴を履いていかないっていうことです。

病院内は静かにしなくてはいけない場所なので、できるだけ歩く時に音がしない静かに歩ける靴を履いていってください。

病院のお見舞いで面会時のマナー

病院のお見舞いで面会時のマナーとしては

面会時間は30分以内にすること
大声で話したり笑わないこと
大人数で行かないこと
匂いがきつい物は持っていかないこと

などです。

面会時間は30分以内にすること

お見舞いに行くと、どうしても色々な話などをして病室に長時間いることが多くなってしまいます。

しかし、長時間病室にいると入院されている人が疲れてしまいますし

同じ病室にいる患者さんなどに迷惑をかけてしまいます。

なので、面会時間は長くても30分以内にしてできるだけ早くお見舞いを終わらせるようにしてください。

大声で話したり笑ったりしないこと

大声で話したり笑ったりしてしまうと、他の患者さんの迷惑になってしまいます。

なので、できるだけ小さい声で本人同士だけが聞こえる感じで会話するようにしてください。

大人数で行かないこと

大人数で行かないことっていうのは、大人数でお見舞いにいってしまうと病室が狭くなってしまいますし

どうしても自然とうるさくなってしまったりして、他の患者さんに迷惑をかけてしまいます。

なので、できるだけお見舞いに行く時は1~3人などの少人数で行くようにしてください。

匂いのきつい物は持っていかないこと

匂いのきつい物は持っていかないことっていうのは、香水を控えるのと同じことで匂いがきついと周りの人達などに迷惑をかけてしまいます。

特にお見舞い品として花などを持っていく場合は、できるだけ匂いがしない花を持っていくよにしてください。

後は、怪我で入院されている人の場合は、食事制限とかがないので食べ物を持っていくことがあります。

食べ物もできるだけ匂いがしない食べ物を持っていくようにしてください。

友達の入院お見舞い品で喜んでもらえる暇つぶしにおすすめのお見舞い品については、コチラの記事に書いてあります。

友達の入院お見舞いで喜ばれる物はコレ!

まとめ

病院のお見舞いの正しい行き方!服装や面会時のマナー!について書いていきました。

身内の人や友達や会社の人などが入院されてしまった時は

お見舞いに行くのは入院されてから3日後
お見舞いに行く前に家族や本人に連絡し確認する
お見舞いは朝一や食事の時間帯は避ける

ようにするのが、まずはお見舞いに行く時の正しい行き方です。

そして、お見舞いに行く時の服装にも注意して

病室でのお見舞いの面会時のマナーとしては

面会時間は30分以内にすること
大声で話したり笑わないこと
大人数で行かないこと
匂いがきつい物は持っていかないこと

などのことを守って、入院されている人のお見舞いに行ってあげてください。

病院にお見舞いに行く時に、入院お見舞金を持っていく時のお見舞金の金額の相場や包むお札は新札か旧札かなどについては、コチラの記事に書いてあります。

入院お見舞金の相場や包むお札は新札がいいのか!

入院お見舞金を包む袋の選び方や正しい書き方などについては、コチラの記事に書いてあります。

入院お見舞金袋の選び方と正しい書き方!

入院している人にお見舞い品を郵送する時のやり方や送る時の宛名の書き方などについては、コチラの記事に書いてあります。

入院お見舞い品の郵送方法と出す時の注意点!

スポンサーリンク