神社で参拝する時の服装のマナーやルールは、あるのか

神社での参拝には、一般参拝と正式参拝の2つの種類の参拝があります。

それぞれの参拝で、注意しなければいけない参拝時の服装のマナーやルールに違いがあります。

そこで、神社で参拝する時の男性の服装や女性の服装などについて書いていきます。

神社で参拝するっていうのは、神様にお願いごとをすることなので、きちんと服装のマナーやルールを守ってお祈りしたいですからね。

スポンサーリンク

神社参拝の服装は種類によって違う

神社での参拝は、大きく分けて2つの種類の参拝があります。

それが

一般参拝正式参拝です。

一般参拝っていうのは、普段の参拝や初詣などの参拝

正式参拝っていうのは、七五三や厄除けや成人式などの参拝

です。

一般参拝は、拝殿の前のお賽銭箱の前で参拝する

正式参拝は、拝殿の中に上がって参拝します。

そして、この一般参拝と正式参拝では、服装のマナーやルールが違うので注意しなくてはいけません

一般参拝の服装のマナーやルール

まずは、一般参拝の時の服装でのマナーやルールですが、男性も女性も特に決まり事などはありません

なので、普段着のままで、そのまま参拝することができます。

履いていく靴なども革靴やスニーカーなどいつも履いている靴で大丈夫です。

学校帰りや仕事帰りや朝の散歩の一環として参拝されている方、そして初詣などでお参りする一般参拝は、服装はあまり気にせずに参拝しても大丈夫です。

一般参拝の時に注意すること

一般参拝の時の服装は特に決まり事がないのですが、注意してほしいことあって、それが

帽子やフードなどは神社に入る前に脱ぐ
毛皮のコートなどはなるべく避ける

です。

神社での参拝は、神様にお願いごとをする場所です。

なので、帽子やパーカーなどのフードをかぶっている場合は、神様に失礼のないように神社に入る前に脱ぐようにしてください。

そして、毛皮のコートなどは特に着ていっても問題ないのですが、中には殺生にあたると思われる参拝客もおられるんで、できれば避けるのが無難ではあります。

スポンサーリンク

正式参拝の服装のマナーやルール

正式参拝の服装のマナーやルールは、一般参拝と違って服装には、マナーやルールがあります。

男性の正式参拝時の服装

男性の正式参拝時の服装は、スーツやネクタイなど正装です。

スーツの色は、黒かグレーや紺色など無地または、縞柄(しまがら)の上下お揃いのスーツです。

ネクタイの色は、白や紺色などの落ち着いた色で、無地のネクタイです。

シャツは、白がベストです。

靴は、黒色でスニーカーなどではなくて、スーツに合う靴にしてください。

女性の正式参拝時の服装

女性の正式参拝時の服装は、スーツかフォーマルウェアです。

スーツはパンツスタイルでもスカートスタイルでもどちらでも特に問題はありません

ワンピースの場合も落ち着いた丈の長いワンピースだと特に問題はありません

色は、黒か紺色など濃い色合いの無地です。

靴はヒールの高くないローヒールのパンプスなどがおすすめです。

アクセサリーなどは、基本的にはNGなので注意してください。

女性の人は特に、色々とお洒落をしていきたいですが、正式参拝の時は我慢して、落ち着いたスーツやフォーマルウェアを着るようにしてください。

まとめ

神社で参拝する時の服装のマナーやルール!正式参拝時は注意!について書いていきました。

普段の参拝や初詣などの一般参拝の時は、男性も女性も特に服装に関するマナーやルールなどはないので、普段着のままで大丈夫です。

しかし、七五三や厄除けなど拝殿に上がって参拝する正式参拝の時は

男性は、スーツなどの正装

女性は、スーツやフォーマルウェア

を着ていくようにしてください。

神社で参拝する時の正しい参拝方法や願い方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

神社での参拝方法と願い方!

スポンサーリンク