靴擦れを起こしてしまい痛い、痛みを和らげる為の簡単ですぐにできる応急処置はどうすればいいのか

靴擦れを早く治していく為のケアのコツはどうすればいいのか

靴擦れが起こらないようにしていく為の簡単でおすすめの予防対策はどうすればいいのか

など、靴擦れができてしまって痛くてうまく歩けない時の対処法や

靴擦れになりそうな靴を履いていく時に、靴擦れにならないようにする為の簡単な予防などについて書いていきます。

スポンサーリンク

靴擦れで痛い歩けない時の応急処置

履きなれない靴や普段履かない靴などを履いていると、かかとや足の甲の両サイドなどが靴擦れを起こしてしまうことがよくあります。

靴擦れになってしまうと、歩く度に靴擦れを起こしてしまっている部分が、靴に触れて痛いのでうまく歩けなくなってしまいますよね。

でも痛いからといって、靴を脱いで裸足で歩くこともできません

そんな靴擦れを起こしてしまった時は、まずは靴擦れを起こしてしまっている部分に

ティッシュペーパー
ハンカチ

などを当てて靴を履いてください。

そうすることによって、摩擦を少しでも和らげることができます。

そして、近くのコンビニかドラッグストアーで

消毒用ティッシュ
靴擦れ用絆創膏
テーピング

などを購入して靴擦れしてしまった部分に貼っていくようにしてください。

靴擦れの痛みを和らげる絆創膏の貼り方

靴擦れの痛みを和らげる絆創膏の貼り方は

消毒用ティッシュで靴擦れした部分を消毒する

靴擦れ用絆創膏を貼る

絆創膏が剥がれないようにテーピングを貼る

です。

まずは、靴下やストッキングなどを脱いで、消毒用ティッシュなどで靴擦れした部分を軽く消毒してください。

そして、消毒した部分が完全に乾いて乾燥してから、靴擦れ用絆創膏を貼っていきます。

これだけでもいいのですが、歩いている時に絆創膏が剥がれてしまうことがあります。

なので、絆創膏の上から絆創膏が完全に隠れるようにテーピングを貼ってください。

テーピングを貼ることによって、絆創膏が剥がれるのを予防するだけじゃなくて

より靴擦れした部分が靴と摩擦してしまうのを防いでいってくれるので痛みを和らげていくことができます。

靴擦れ用絆創膏が無い場合

靴擦れ用絆創膏が無くて、普通の絆創膏を使う時は、なるべく大きな絆創膏を使うようにしてください。

小さい絆創膏を使ってしまうと、すぐに絆創膏が剥がれてしまいます。

そして、絆創膏を横方向と縦方向にクロスするように貼って、その上からしっかりとテーピングをするようにしてください。

スポンサーリンク

靴擦れを早く治すケアのコツ

靴擦れを早く治していくケア対策方法は、ただずっと絆創膏を貼っておくだけではダメです。

まずは、家に帰ってきた時に貼っている絆創膏を剥がしてください。

そして

靴擦れした部分を洗って綺麗にする

タオルを当てて保冷剤などで冷やす

靴擦れした部分に軟膏をつける

絆創膏を貼る

です。

まずは、貼っていた絆創膏を剥がして靴擦れした部分を軽く水洗いなどして綺麗にしてください。

それから、熱を持っている場合はタオルなどを当てた上から保冷剤などを当てて少し熱を冷やしていってください。

そして、軟膏などをつけてから、またしっかりと絆創膏を貼っておいてください。

靴擦れで水ぶくれが破れてひどい場合

靴擦れによって水ぶくれができてしまい、その水ぶくれが破れてしまっている時のケア対策方法は

上記で書いたように、綺麗に洗ってから、キズパワーパッドなどの湿潤療用の絆創膏を貼ってください。

湿潤療用絆創膏は、普通の絆創膏よりもよりしっかりと傷口を密封してくれますし、クッション性が高いおすすめの絆創膏です。

靴擦れを起こさない簡単な予防対策

靴擦れを起こさない為の簡単にできる予防対策は、できるだけ足と靴が摩擦しないようにしていくことです。

その為の簡単な予防対策として

足にワセリンを塗る
靴の中に石鹸を軽く塗る

です。

足や靴にワセリンを塗る

足や靴にワセリンを塗るっていうのは、ワセリンを軽く塗ることによって滑りを良くすることができます。

滑りが良くなることによって、足と靴の摩擦が少なくなり靴擦れを予防していくことができます。

足に塗る場合は、ワセリンを塗ってから靴下やストッキングを履く

靴に塗る場合は、かかとや足の甲が当たる部分に軽く塗るです。

靴の中に石鹸を軽く塗る

靴の中に石鹸を軽く塗るっていうのは、ワセリンなどが無い場合です。

石鹸を靴のかかとや足の甲が当たる部分などに、軽く擦って塗ることによって滑りが良くなるので、摩擦を抑えることができて靴擦れを予防していくことができます。

靴擦れ予防対策で注意すること

靴擦れを予防するのに、ワセリンや石鹸などを塗って摩擦を抑えていきます。

しかし、注意してほしいことがあって、それは、靴擦れを起こしやすい場所にだけ軽く塗るっていうことです。

足の裏や靴の中全体などに塗ってしまうと、物凄く滑りやすくなってしまい靴が脱げやすくなってしまったり歩きにくくなってしまうので注意してください。

靴の中がすぐに蒸れてしまうのを予防していくおすすめのケア対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

靴の中が蒸れるのを抑えていくケア対策!

靴や足の臭いにおいを即効で解消していく臭い消し対策については、コチラの記事に書いてあります。

靴や足の臭いを早く消す臭い対策!

まとめ

靴擦れが痛い時の簡単な応急処置と早く治すコツと予防対策!について書いていきました。

靴擦れを起こしてしまい痛くてうまく歩けない時は、靴擦れしている部分に絆創膏とテーピングを貼ってください。

そして、なるべく足と靴の摩擦を予防していく為に、ワセリンや石鹸などをつけて靴を履いていくようにしてください。

靴が濡れてしまった時の早く乾かしていく乾かし方などについては、コチラの記事に書いてあります。

濡れてしまった靴を早く乾かす方法!

靴のカビを綺麗にとっていく方法やカビ対策などいついては、コチラの記事に書いてあります。

靴のカビの簡単な取り方と予防していくコツ!

玄関の臭いにおいをしっかりと消していく臭い取りの方法と予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

玄関の臭いにおいを消していく方法と予防対策!

スポンサーリンク