靴擦れしやすい原因は何か

歩いている時に、足のかかとや足の指や足の甲などの皮がめくれて痛くなってしまう靴擦れ

靴擦れを起こしてしまうと靴を履いているだけでも痛いですし、何よりも痛くて普通に歩くことができませんよね

そんな痛い靴擦れが起こりやすい靴擦れしやすい原因はいったい何か

そして、靴擦れを防いでいく為の簡単な対処法や予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

靴擦れしやすい原因はコレ

靴擦れをしてしまうと痛くて靴を履くのも嫌だし、歩くのも嫌になってしまいますよね。

そんな靴擦れが起こってしまう原因は、靴の中で足が擦れてしまっているからです。

足が靴に擦れてしまうことによって

・足の皮がめくれてしまったり
・水ぶくれができてしまったり

して痛くなってしまいます。

そこで、そんな靴擦れしやすい原因は何かというと

足に合っていない靴を履いている
靴が硬い
歩き方が悪い
靴が歪んでいる

などです。

足に合っていない靴を履いていると靴擦れを起こす

足に合っていない靴を履いていると靴擦れを起こすっていうのは

・足のサイズよりも大きい靴を履いている
・足のサイズよりも小さい靴を履いている
・足を締め付ける靴を履いている

など、足にフィットしていない靴を履いているっていうことです。

足のサイズよりも大きい靴を履いていると、歩いている時に足が靴の中で上下左右に多く動いてしまいます。

この靴の中で足が多く動いてしまうと、それだけ足の指や足のかかとなどが靴にぶつかって摩擦が多くなってしまいます。

逆に足のサイズよりも小さい靴を履いていると、足は常に靴に圧迫された状態になってしまいます。

そうすると歩いている時に、圧迫によって足の皮がだけが擦れてしまい皮がめくれてしまったりして靴擦れを起こしてしまいます。

足を締め付ける靴を履いている場合も、同じように足の皮だけが擦れて皮がめくれてしまったりして靴擦れを起こしてしまいます。

靴が硬いと靴擦れを起こす

靴が硬いと靴擦れを起こすっていうのは、靴の革が硬い時です。

靴の革が柔らかいと足の形にそって靴が広がってくれて摩擦が少なくなります。

しかし、靴の革が硬いと靴が広がってくれないので、それだけ摩擦が多くなってしまいます。

新しい靴や硬い革靴などを履いている時に、靴擦れしやすいのもこの靴が硬いからです。

歩き方が悪いと靴擦れを起こす

歩き方が悪いと靴擦れを起こすっていうのは、歩き方が悪いと歩いている時に体重を均等に分散させることができません

それによって、足の一か所に大きく圧力がかかってしまい、その部分だけが靴と多く摩擦を起こしてしまい靴擦れを起こしてしまいます。

よくヒールを履いていると靴擦れしやすいっていうのも、歩き方が悪くなってしまって足の一か所に大きく圧力がかかってしまっているからです。

靴が歪んでいると靴擦れを起こす

靴が歪んでいると靴擦れを起こすっていうのは、靴のかかとが潰れていたり、靴の一部分が潰れていたりする靴を履いている時です。

靴が潰れて歪んでいると、その歪んでいる部分が靴の中で出っ張ってしまいます。

その出っ張りによって、足が強く摩擦させてしまって靴擦れを起こしてしまいます。

靴擦れして足が痛い時に痛みを和らげる対処法や靴擦れを早く治していくケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴擦れの痛みを和らげる対処法と早く完治させるコツ!

スポンサーリンク

靴擦れしない簡単な対処法

靴擦れしやすい原因は、足が靴の中で擦れてしまっているからっていうことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、そんな靴擦れしやすい状態を靴擦れしないようにする簡単な対処法があります。

それが

ワセリンを使う
石鹸を使う
デリケートクリームを使う
中敷きを使う

などです。

ワセリンを使った靴擦れ防止のやり方

ワセリンを使った靴擦れ防止のやり方は、靴の中や足にワセリンを塗っていきます。

ワセリンを塗ることによって、滑りがよくなるので足と靴の摩擦を抑えていくことができます。

足のかかとなどにワセリンを塗ってから靴下やストッキングなどを履いたり

靴のかかとなどにワセリンを塗ったりしてください。

石鹸を使った靴擦れ防止のやり方

石鹸を使った靴擦れ防止のやり方は、ワセリンを同じです。

足や靴の中などに、軽く石鹸を擦って滑りをよくし摩擦を抑えていきます。

ワセリンと違い石鹸はどこにでもあるので、一番簡単ですぐにできる靴擦れ防止の対処法ですね。

ただし、ワセリンも石鹸もつけすぎてしまうと、滑りがよくなってしまい逆に歩きにくくなって歩き方が悪くなってしまうので、つけすぎないように注意してください。

デリケートクリームを使った靴擦れ防止のやり方

デリケートクリームを使った靴擦れ防止のやり方っていうのは、靴の革を柔らかくしていく方法です。

デリケートクリームっていうのは、革に水分と油分を補給していくクリームです。

なので、デリケートクリームを革に塗ることによって革を柔らかくしていくことができます。

革が柔らかくなると、足の形にフィットしやすくなるので、足が動いても摩擦を抑えていくことができます。

新しい革靴や硬い革靴などに、おすすめの靴擦れ防止グッズですね。

中敷きを使った靴擦れ防止のやり方

中敷きを使った靴擦れ防止のやり方は、靴が大きい時の靴擦れ防止です。

中敷きを入れることによって、靴と足の隙間を少なくすることができますし

中敷きがクッションになって足が靴の中で動いてしまうのを防いでいくことができます。

中敷きの代わりに、かかと部分に貼り付けるクッションパッドも靴が大きい時には、おすすめの靴擦れ防止グッズです。

靴擦れしない予防対策

靴擦れを防いでいく簡単な防止グッズについては、わかってもらえたと思います。

そして、靴擦れしない為に心がけてほしい予防対策は

足に合った靴を履く
正しい歩き方をする

です。

足に合った靴を履く

足に合った食うを履くっていうのは、一番重要な靴擦れ予防対策です。

足に合った靴っていうのは、かかとをつけた時につま先が1~1.5mmほど空いていることです。

そして、足の甲を締め付けすぎない靴です。

いくら足に合った靴のサイズでも、足の甲を締め付けすぎている靴を履いていると、足の甲が靴擦れを起こしてしまいます。

足の甲がきついなっていう場合は、足の甲に合うサイズの靴を買って、中敷きなどを入れて調整してください。

正しい歩き方をする

正しい歩き方をするっていうのは、まずは猫背にならないように姿勢を正します。

それから、しっかりとかかとを上げて歩き

地面に靴がつく時は、かかとを先につけてから、しっかりと体重移動させながら足の裏全体がつくように意識して歩くようにしてください。

そうすることによって、足の裏全体でしっかりと体重を支えることができるので、足の外側や内側など一部分だけに変な圧力がかかるのを防いでいくことができます。

まとめ

靴擦れしやすい原因はコレ!簡単な対処法と予防対策!について書いていきました。

靴擦れしやすい原因は

足に合っていない靴を履いている
靴が硬い
歩き方が悪い
靴が歪んでいる

などのことによって、靴の中で足が擦れてしまっているからです。

なので、靴擦れができないようにする予防対策は

足に合った靴を履く
正しい歩き方をする

などを心がけるようにしてください。

そして、簡単な対処法などをうまく使って靴擦れが起きないようにしてください。

靴の中が蒸れないようにする蒸れ対策でおすすめの簡単な対処法と靴の選び方などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴の蒸れ対策でおすすめの対処法!

靴の中の臭いをしっかりと取っていく臭い取り対策については、コチラの記事に書いてあります。

靴の中の臭い取りで効果的な対策!

靴についているカビの正しい取り方とカビをつけない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴についているカビの落とし方と予防対策!

スポンサーリンク