自転車のタイヤの寿命は何年くらいなのか

普通に乗っている自転車のタイヤも消耗品なので必ず寿命があります。

しかし、意外に自転車のタイヤの寿命年数っていうのは知らないですよね。

そこで、自転車のタイヤの寿命年数はどれくらいなのか

そして、自転車のタイヤの寿命を伸ばし長持ちさせるコツなどについて書いていきます。

自転車のタイヤの寿命が過ぎていると危険ですしパンクもしやすくなってしまいますからね。

スポンサーリンク

自転車のタイヤの寿命年数はどれくらい?

自転車のタイヤの寿命は、一般的には約3,000キロだと言われています。

しかし、今の自転車のタイヤでどれくらい走行したかっていうのは覚えていないことが多いですよね。

そこで、自転車のタイヤの寿命年数は、タイヤの種類や使用している頻度などによっても違ってきますが

だいたいのタイヤの寿命年数の目安として

普通の自転車(ママチャリ)の場合は

通勤や通学など毎日のように乗っている時⇒タイヤの寿命年数は約2年

週末だけや週に1~2回ほど乗っている時⇒タイヤの寿命年数は約3年

くらいです。

自転車をあまり乗っていなくても、タイヤは劣化してきてしまいますし

毎日自転車を乗っている場合は、走行距離によっては1年ほどでタイヤの寿命がきてしまうこともあります。

なので、タイヤの寿命は年数以外にも

・タイヤの溝が無くなっているか
・タイヤにひび割れなどができていないか

なども確認するようにしてください。

これが、自転車のタイヤの寿命年数の目安です。

自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツは?

自転車のタイヤの寿命年数の目安については、わかってもらえたと思います。

そして、自転車のタイヤの寿命を少しでも伸ばしてタイヤを長持ちせるコツがあります。

そこで、自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツは

タイヤの空気をこまめに入れる
屋内で保管する
重たい荷物をあまり載せない
安全運転をする

などです。

スポンサーリンク

タイヤの空気をこまめに入れる

自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツで、タイヤの空気をこまめに入れるっていうのは

自転車のタイヤの空気圧のチェックを約2週間に1回ほどのペースで行ってください。

自転車のタイヤっていうのは、自然と抜けていってしまいます。

自転車のタイヤの空気が減ってしまうと、タイヤが地面と接する部分が広くなって摩擦が酷くなってしまいます。

それによってタイヤの消耗が早くなってしまいます。

なので、自転車のタイヤの空気はこまめにチャックして入れるようにしてください。

自転車のタイヤの空気圧の確認方法

自転車のタイヤの空気圧の確認方法は、自転車のタイヤには

【min.00psi(0bar) max.00psi(00bar)】

っていう空気圧の最低値と最高値が記載されているのでその数値の範囲内で空気を入れます。

しかし、普通の自転車の空気入れを使う場合は、数値などがわからないですよね。

そこで、普通の自転車(ママチャリ)の空気圧の確認方法としては

・手でタイヤを強く押した時に少しタイヤが凹む
・タイヤの長さが約10cmほどになる

などで空気圧を確認することができます。

ただ、自転車のタイヤは入れ過ぎてしまうと逆にパンクしやすくなるので入れ過ぎには注意してください。

自転車のタイヤの空気の正しい入れ方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

自転車のタイヤの空気を正しく入れるやり方!

屋内で保管する

自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツで、自転車を屋内で保管するっていうのは

自転車のタイヤは、紫外線や雨や雪などによって劣化しやすくなってしまいます。

なので、できるだけ自転車を保管する時は、屋内で保管するようにしてください。

自転車を屋内で保管することができない場合は

直射日光が当たらない
雨や雪などが当たらない

ような場所に保管するようにしてください。

重たい荷物をあまり載せない

自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツで、重たい荷物をあまり載せないっていうのは

重たい荷物を載せるとどうしても、タイヤは重みで凹んでしまい地面との摩擦が酷くなってしまいます。

なので、重たい荷物を長時間載せておかないようにしてください。

安全運転する

自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツで、安全運転するっていうのは

急発進しない
急ブレーキをしない
段差を避ける

などです。

どうしても、急発進や急ブレーキをしてしまうとそれだけタイヤの摩擦が酷くなってしまいますし

段差などを通るとタイヤに強い衝撃を与えてしまいタイヤが傷みやすいです。

なので、急発進をしないようにしたり、ゆっくりと手前からブレーキをかけてスピードを落としたり

段差を通る時は、なるべくスピードを落としてゆっくり走行するようにして安全運転を心がけてください。

これらが、自転車のタイヤの寿命を長持ちさせるコツです。

自転車のタイヤ交換のタイミングやタイヤ交換にかかる費用の目安などについては、コチラの記事に書いてあります。

自転車のタイヤの交換時期や費用!

まとめ

自転車のタイヤの寿命年数はどれくらい?長持ちさせるコツは?について書いていきました。

自転車のタイヤの寿命年数は、タイヤの種類や使用頻度などによって違いますが

普通の自転車(ママチャリ)などの場合は

毎日乗っている時⇒約2年

週に1~2回ほど乗っている時⇒約3年

がだいたいの自転車のタイヤの寿命年数の目安です。

そして、自転車のタイヤの寿命を伸ばし長持ちさせるコツは

・タイヤの空気をこまめに入れる
・屋内で保管する
・重たい荷物をあまり載せない
・安全運転をする

などのことを心がけて自転車に乗るようにしてください。

自転車がパンクしてしまった時の対処法やパンクしているかの見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

自転車がパンクした時の対処法と見極め方!

自転車が盗まれてしまった時の盗難届の出し方や見つかった時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

自転車が盗まれた時の盗難届の出し方はコレ!

自転車の綺麗な洗い方やチェーンを綺麗にするおすすめの方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

自転車の汚れを綺麗に落とす洗い方はコレ!

自転車の黒い油が服などについた時の洗濯の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

自転車の黒い油が服についた時の洗濯方法!

自転車の黒い油が手についた時の簡単に汚れを落とす方法については、コチラの記事に書いてあります。

自転車の黒い油が手についた時の綺麗な落とし方!

スポンサーリンク