自転車のチェーンなどの黒い油汚れが服についてしまった時の落とし方は、どうしていけばいいのか

自転車に乗っていて知らないうちに、ズボンやスカートなどの服に黒い油汚れがついてしまっていることがあります。

自転車の黒い油汚れは、普通の汚れとは違って、洗濯機で洗ってもうまく汚れを落としていくことができません

そこで、自転車に乗っていて黒い油汚れが服についてしまった時に、綺麗に汚れを落としていく為の応急処置

落ちない時の落とし方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

自転車の黒い油汚れが服についた時の落とし方

自転車の黒い油汚れっていうのは、自転車のチェーンについている機械油と

チェーンなどのサビによる鉄粉などが混じっている油汚れです。

ただの油でも服についてしまった時っていうのは、落ちにくいですが

この機械油と鉄粉が混じってしまっている黒い油汚れは、それ以上に落ちにくいです。

そこで、そんな落ちにくい自転車の黒い油汚れがズボンやスカートなどの服についてしまった時の落とし方は

すぐにある程度、黒い油汚れを落とす為に台所用洗剤か固形石鹸などを使った応急処置をとること

そして、家に帰った後に、酵素系漂白剤や重曹などを使ってしっかりと黒い油汚れを落とした後に、洗濯機に入れて洗濯をしていくことです。

自転車の黒い油汚れは、何もせずにそのまま放置してしまっておくと、ドンドンと服の繊維の中に染み込んでいってしまいます。

それが固まってしまい、いくら洗っても綺麗に落としていくことができなくなってしまいます。

なので、通勤や通学途中に、黒い油汚れがついてしまった時は、まずは会社や学校などで簡単に応急処置をとった後に

家に帰ってきてから、しっかりと汚れを落としていくようにしてください。

自転車の黒い油汚れが服についた時の応急処置

自転車の黒い油汚れが服についた時の応急処置として、まずは準備してほしいのが

台所用洗剤
クレンジングオイル
固形石鹸

のうちどれかを準備してください。

そして、ハンカチやタオルなど何か布を2枚用意してください。

これらを使って、服についてしまっている黒い油汚れをある程度、綺麗に汚れを落としていきます。

台所用洗剤かクレンジングオイルを使った黒い油汚れの落とし方

台所用洗剤かクレンジングオイルを使った黒い油汚れの落とし方は

黒い油汚れがついてしまった部分の裏にタオルを当てる

黒い油汚れの部分に台所用洗剤かクレンジングオイルをつける

もう一枚のタオルにも台所用洗剤かクレンジングオイルをつける

黒い油汚れを上からタオルで叩いていく

汚れがある程度タオルに付着して落ちてきたら水で洗い流す

です。

黒い油汚れがついてしまった部分の裏にタオルを当てる

まずは、黒い油汚れがついてしまった部分の裏にタオルを当てて敷いていきます。

これは、台所用洗剤やクレンジングオイルをつけた時に、黒い油汚れが服の繊維から剥がれて落ちてくるのをタオルに染み込ませていく為です。

タオルを当てていないと、別の部分に黒い油汚れが付着してしまうので注意してください。

黒い油汚れの上に台所用洗剤かクレンジングオイルをつける

黒い油汚れの上に直接そのまま台所用洗剤かクレンジングオイルを垂らしてつけていきます。

この時にクレンジングオイルの場合は、服の色落ちがしてしまうことがあります。

なので、どこか目立たない場所に軽くつけて色落ちしないかチェックしてから行ってください。

そして、すぐに水をかける人がいますが、水を混ぜてしまうと効果が薄れてしまいます。

なので、水を使わずに台所用洗剤かクレンジングオイルだけを使ってください。

タオルにも台所用洗剤かクレンジングオイルをつけて叩く

もう一枚の新しいタオルにも台所用洗剤かクレンジングオイルをつけてください。

そして、そのタオルを黒い油汚れに押し付けるようにして、上から叩いていきます。

上から叩くことによって、下に敷いているタオルに黒い油汚れが移っていき服の汚れを落としていきます。

この時に、むやみにゴシゴシと擦ってしまうと、黒い油汚れが周りに広がってしまうので

必ず上下のタオルでプレスするような感じで、上から叩いて押し付けるようにしていってください。

汚れがある程度落ちたら水で綺麗に洗い流す

汚れがある程度落ちたら、最後は水で綺麗に服に染み込んでしまっている洗剤やクレンジングオイルを洗い流していきます。

固型石鹸を使った黒い油汚れの落とし方

固型石鹸を使った黒い油汚れの落とし方は

固型石鹸で黒い油汚れがついた部分を擦る

固型石鹸がある程度ついたら水で濡らす

服を擦っていく

水で綺麗に洗い流す

です。

固型石鹸で黒い油汚れがついた部分を擦る

まずは、黒い油汚れがついてしまっている部分を固形石鹸でしっかりと擦って、石鹸をたっぷりとつけていきます。

うまく固型石鹸をつけることができない場合は、指で固形石鹸をちぎって服につけて伸ばしていくようにしてください。

固型石鹸がある程度ついたら水で濡らす

固型石鹸がある程度しっかりと黒い油汚れにつけることができたら、次に水で濡らしていきます。

服を擦っていく

後は、黒い油汚れがついている部分の服同士をこすり合わせるようにして、擦って油汚れを落としていきます。

そして、最後は、水で綺麗に洗い流してください。

これが、自転車の黒い油汚れが服についてしまった時に、まず最初にすぐにやってほしい応急処置です。

スポンサーリンク

自転車の黒い油汚れが服について落ちない時の落とし方

自転車の黒い油汚れが服についた時の応急処置の方法については、わかってもらえたと思います。

そこで、応急処置をしても綺麗に黒い油汚れが落ちなかった時は、家に帰ってきた後にしっかりと落としていきます。

この時に準備してほしいのが

酵素系漂白剤
重曹
クエン酸
ドライヤー
タオル

などです。

自転車の黒い油汚れが落ちない時の落とし方は

バケツに酵素系漂白剤と重曹を入れて混ぜる

タオルをバケツに入れて作った液体をたっぷりと染み込ませる

別のタオルを黒い油汚れがついた部分の裏に当てる

液体がついたタオルで黒い油汚れの部分を叩く

ドライヤーで2~3分熱風を当てる

クエン酸水を作る

クエン酸水の中に黒い油汚れがついた部分を入れる

手で服を擦って揉んでいく

水で綺麗に洗い流す

洗濯機に入れて洗濯する

です。

酵素系漂白剤と重曹を混ぜる

まずは、バケツに酵素系漂白剤と重曹を同じ量入れて、しっかりと混ぜていきます。

漂白剤には、塩素系と酵素系の2つの種類があります。

塩素系漂白剤は、強い洗浄力ですが色落ちや服を傷めてしまうことが多いので、酵素系漂白剤を使っていきます。

酵素系漂白剤の洗浄力を高めるために、重曹を入れていきます。

タオルに混ぜた液体を染み込ませる

酵素系漂白剤と重曹をしっかりと混ぜた液体の中にタオルを入れて、液体をしっかりとタオルに染み込ませていきます。

別のタオルを黒い油汚れの部分の下に敷く

新しい別のタオルを黒い油汚れがついている服の下に敷いていきます。

これは、上記で書いた台所用洗剤やクレンジングオイルを使った黒い油汚れの落とし方と同じですね。

黒い油汚れをタオルに染み込ませていき、別の部分に汚れがつかないようにしていきます。

液体が染み込んだタオルで黒い油汚れ部分を叩いていく

液体が染み込んだタオルで黒い油汚れ部分を叩いていき、服の繊維の中に染み込んでしまっている汚れを剥がしていき

下のタオルに移していきます。

ドライヤーの熱風を2~3分当てる

ある程度、黒い油汚れが落ちてきたら、次にドライヤーの熱風を2~3分当てていきます。

熱を加えることによって、より洗浄効果が高くなり服の繊維の中の汚れを剥がれやすくしていきます。

クエン酸水を作り入れる

バケツにクエン酸と水を同じくらいの量を入れて、よくかき混ぜてクエン酸水をつくります。

そのクエン酸水の中に、黒い油汚れがついている部分を入れて、クエン酸水を染み込ませていきます。

クエン酸には、油汚れを落として剥がしていく効果がありますし

酵素系漂白剤の成分を中和していく効果もあります。

このクエン酸水に入れて揉んでいくことによって、より頑固な油汚れをうまく剥がしていくことができますし

服の繊維に染み込んでいる酵素系漂白剤の成分を中和させていくことで、服の繊維が傷んでしまうのを防いでいくことができます。

この酵素系漂白剤と重曹とドライヤーの熱とクエン酸によって、服の繊維に染み込んでしまっている

なかなか落ちない黒い油汚れをしっかりと綺麗に剥がして落としていくことができます。

水で綺麗に洗い流して洗濯機に入れて洗濯する

黒い油汚れが綺麗に落ちた後は、水で綺麗に洗剤や汚れなどを洗い流していきます。

この時にお湯で洗い流すとより綺麗に汚れを洗い流していくことができます。

そして、その後に洗濯機に入れて普通に洗濯をしていってください。

黒い油汚れがついている手の洗い方

自転車の黒い油汚れがついてしまった服の綺麗な落とし方については、わかってもらえたと思います。

そして、服の汚れを取っていった後は、手についてしまっている黒い油汚れを綺麗に落として洗っていかなくてはいけません

しかし、手についてしまっている黒い油汚れも普通に手を洗っただけでは、綺麗に洗い流していくことができません

そこで、手についている黒い油汚れの綺麗な洗い方は

手に直接台所用洗剤かクレンジングオイルをつける

手をしっかりと擦る

一度水で綺麗に洗い流す

また台所用洗剤かクレンジングオイルをつけて擦る

水で綺麗に洗い流す

です。

手についた黒い油汚れも台所用洗剤かクレンジングオイルを使って洗っていきます。

この時に、水で先に手を洗わずに、乾いている状態で台所用洗剤かクレンジングオイルをつけていきます。

そして、たっぷりとつけた後に、手をしっかりと擦って洗っていってください。

服の汚れを落とすのと同じで、水で濡れてしまうと洗浄力が弱くなってしまいます。

なので、手が乾いている状態で、まずはつけてしっかりと汚れを擦って剥がしていきます。

後は、一旦水で綺麗に洗い流した後に、汚れがまだついている場合は、また洗剤などをつけて洗っていってください。

手に油性ペンがついてしまった時の綺麗な落とし方などについては、コチラの記事に書いてあります。

手についた油性ペンな綺麗な落とし方!

まとめ

自転車の黒い油汚れが服についた落とし方!応急処置と落ちない時!について書いていきました。

自転車の黒い油汚れは、機械油とサビなどの鉄粉が混じった油汚れなので簡単には落ちません

そこで、服についてしまった黒い油汚れを綺麗に落としていうには

最初に、応急処置としてすぐに

台所用洗剤
クレンジングオイル
固形石鹸

などを使ってある程度汚れを落としていってください。

この応急処置だけでも、綺麗に汚れを落としていくことできます。

汚れが綺麗に落ちなかった時は、家に帰ってから

酵素系漂白剤と重曹を混ぜて落としていく
ドライヤーの熱風を2~3分当てる
クエン酸水につけて揉み洗いする

ことで、落ちなかった黒い油汚れを綺麗に落としていくことができます。

後は、普通に洗濯機に入れて洗濯していってください。

服についた油性ペンを綺麗に落としていく落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服に油性ペンがついた時の綺麗な落とし方!

服に水性ペンやインクなどがついてしまった時の綺麗な落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服に水性ペンやインクがついた時の綺麗な落とし方!

服に口紅がついてしまった時の綺麗な落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服に口紅がついた時の綺麗な落とし方!

服にコーヒーなどをこぼしてしまった時のシミにならない落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服にコーヒーをこぼした時の綺麗な落とし方!

スポンサーリンク