服に水性ペンや蛍光ペンがついてしまった時や、プリンターのインクなどがついてしまった時の落とし方は

まずは早急に固形石鹸などを使った応急処置と、その後に漂白剤や液体洗剤などを使ってつけ置きをしていくことです。

そこで、服に水性ペンや蛍光ペンなどがついてしまった時の汚れを綺麗に落としていく正しい応急処置のやり方やつけ置きの仕方

プリンターのインクなどが服についてしまった時の落とし方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

服についた水性ペンや蛍光ペンの落とし方

服に水性ペンや蛍光ペンなどがついてしまった時の落とし方は

固形石鹸ですぐに応急処置をして汚れをある程度落としていく

漂白剤や洗濯用液体洗剤などでつけ置きをする

普通に洗濯する

です。

水性ペンや蛍光ペンも服について時間が経ってしまい乾いてしまうと、なかなかうまく落としていくことができません

なので、まずは簡単な応急処置として固形石鹸などを使ってある程度汚れを落としていきます。

その後に、漂白剤や洗濯用液体洗剤などでつけ置きをしてから、普通に洗濯をしていきます。

白色の服の場合は、色落ちなどの心配がないので漂白剤を使っていきます。

色柄物の服の場合は、色落ちなどをしてしまうので洗濯用液体洗剤を使っていきます。

固形石鹸を使った応急処置のやり方

服に水性ペンや蛍光ペンなどがついてしまった時に必ずやってほしい汚れを落としていく為の応急処置のやり方は

服を脱いで水性ペンや蛍光ペンがついた部分をお湯もしくは水で濡らす

固形石鹸で泡がしっかりと立つまで擦る

泡がしっかりと立ったら、軽く手もみする

一度洗い流す

また固形石鹸で擦る

です。

まずは、ペンがついて汚れた部分を濡らして固形石鹸でしっかりと擦っていきます。

そして、泡がしっかりと立ってきたら、軽く手もみをしてから一度綺麗に洗い流します。

それからまた、固形石鹸でしっかりと擦っていき、洗い流していきます。

水性ペンや蛍光ペンは、濡れた状態で石鹸などをつけずに擦ってしまうと、汚れがにじんで広がってしまいます。

なので、必ず固形石鹸で汚れている部分を擦っていくようにしてください。

そして、しっかりと泡が立ってから軽く手もみして洗い流していきます。

少し面倒ですが、固形石鹸で擦る⇒洗い流すを繰り返し行っていくことによって、服についた水性ペンや蛍光ペンの汚れをある程度落としていくことができます。

固形石鹸が無い場合

固形石鹸が無い場合は、台所用洗剤と歯ブラシを使っていきます。

濡らした部分に食器用洗剤をつける

歯ブラシで上から叩いていく

一度洗い流す

また台所用洗剤をつけて歯ブラシで叩く

です。

歯ブラシで必ず叩くようにして汚れを落としていってください。

歯ブラシで擦ってしまうと汚れがにじみやすくなってしまいますし、服を傷めてしまう可能性がとても高いので注意してください。

白い服の場合のつけ置きは漂白剤

服についた水性ペンや蛍光ペンの応急処置が終わった後は、今度はつけ置きをしていきます。

白い服の場合は、色落ちの心配がないので洗濯用漂白剤を使っていきます。

やり方は

バケツにお湯を溜める

洗濯用漂白剤を入れてよくかき混ぜる

約30分~1時間ほど服を入れてつけ置きする

お湯でしっかりと洗い流していく

普通に洗濯する

です。洗濯用漂白剤を使ってつけ置きした場合は、しっかりと洗濯用漂白剤をお湯で綺麗に洗い流してから、洗濯機に入れて洗濯してください。

服に漂白剤が残っていると、他の洗濯物について色落ちしてしまうことがあるので注意してください。

スポンサーリンク

色柄物の場合の液体洗剤を使ったつけ置きのやり方

色柄物の服の場合は、色落ちしないように洗濯用液体洗剤と固形石鹸を使ってつけ置きしていきます。

やり方は

バケツにお湯を溜める

洗濯用液体洗剤を入れてよくかき混ぜる

約30分ほど服を入れてつけ置きする

固形石鹸で擦る

一度綺麗に洗い流す

再度、バケツにお湯と洗濯用液体洗剤を入れてつけ置きする

お湯で綺麗に洗い流す

洗濯する

です。

洗濯用液体洗剤でつけ置きする場合は、漂白剤とは違って汚れが綺麗に落ちない場合があります。

なので、約30分ほどつけ置きして、一度汚れが落ちているか確認してください。

汚れが落ちている場合は、そのまま洗い流して洗濯機に入れて洗濯してもらえばいいのですが

うまく落ちていない場合は、応急処置と同じ方法で固形石鹸で擦ってください。

それから、また約30分ほどつけ置きをしてください。

コーヒーやジュースなどをこぼして服やカーペットなどが汚れてしまった時の応急処置の方法や綺麗に落としていくやり方については、コチラの記事に書いてあります。

コーヒーやジュースの汚れを綺麗に落とす方法!

服についたプリンターのインクの落とし方

服にプリンターのインクなどがついてしまった時の落とし方は

洗濯用液体洗剤ですぐに応急処置をする

つけ置きをする

洗濯する

です。

洗濯用液体洗剤を使った応急処置のやり方

まずは、すぐに服を脱いで洗濯用液体洗剤を使って応急処置をしていきます。

やり方は

タオルを服の間に入れる

インクがついている部分に洗濯用液体洗剤をつける

タオルで上から叩く

です。

プリンターのインクなどは、濡らして擦ってしまうと汚れが広がってしまいます。

なので、タオルなどに染み込ませて落としていきます。

なので、インクがついている部分の下にまずはタオルを置いて、洗濯用液体洗剤をつけて更に上からタオルで叩いていきます。

こうすることによって、上下のタオルにプリンターのインクを染み込ませていき服の汚れを落としていきます。

プリンターのインクがついた時のつけ置きのやり方

応急処置である程度汚れを落としていった後は、つけ置きをしていきます。

服についたプリンターのインクのつけ置きのやり方は、水性ペンや蛍光ペンなどのつけ置きのやり方と同じで

白い服の場合は、洗濯用漂白剤を使ってつけ置きしていく

色柄物の場合は、洗濯用液体洗剤を使ってつけ置きをしていく

です。

手にプリンターのインクや油性ペンなどがついてしまった時の簡単に綺麗に落としていく落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

手にインクや油性ペンがついた時の取り方!

服やシャツに口紅がついてしまった時の簡単に落としていく方法やしっかりと落としていく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

口紅が服についた時の落としていくやり方!

まとめ

服についた水性ペンやインクの落とし方は応急処置とつけ置き!について書いていきました。

服に水性ペンや蛍光ペンなどがついてしまった時は

まずは、濡らして固形石鹸で擦っていく応急処置をとった後に

白い服の場合は、洗濯用漂白剤を使ってつけ置きしていき

色柄物の場合は、洗濯用液体洗剤を使ってつけ置きしていきます。

服にプリンターのインクがついてしまった時は

まずは、洗濯用液体洗剤をつけてタオルで叩いていく応急処置をとった後に、つけ置きをしていきます。

そして、どちらもつけ置きが終わった後は、お湯で綺麗に洗い流してから、洗濯機に入れて洗濯をしていくようにしてください。

服に油性ペンやマジックなどがついてしまった時のうまい落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服に油性ペンがついた時の対処方法!

ジャージやスウェットなどに毛玉ができてしまった時の簡単な毛玉取りの方法や毛玉ができないようにしていく予防対策についてはコチラの記事に書いてあります。

服にできた毛玉の取り方とつかない対策!

壁紙の落書きやシミなどを簡単に綺麗に落としていく落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

壁紙の落書きやシミの簡単な取り方!

スポンサーリンク