コーヒーやジュース、そしてワインや醤油などもそうですが、不注意でこぼしてしまい服などについてしまうことがあります。

そんな服にコーヒーやジュースなどシミになって残りそうな物がついてしまった時は

まずは、すぐにしっかりと簡単な応急処置を取った後に、綺麗に落としていかなくてはいけません

そこで、応急処置の方法や綺麗に落としていく落とし方

そして、シミになって残ってしまっているのを綺麗に落としていく方法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

服にコーヒーやジュースなどをこぼした時の応急処置

服にコーヒーやジュースや醤油などをこぼしてしまった時は、まずは慌てずに服についているコーヒーやジュースなどを拭き取っていく応急処置をとっていきます。

応急処置のやり方は

コーヒーやジュースをこぼした服の裏にタオルやハンカチを当てる

別のタオルやハンカチを水で濡らす

濡れたタオルなどをコーヒーやジュースをこぼした部分にしっかりと当てる

濡れタオルと一緒に服を摘まんで引っ張る

です。

この濡れタオルを当てて服と一緒に摘まんで引っ張るのを繰り返し行うことによって

服についてしまっているコーヒーやジュースなどの水分が、乾いたタオルや濡れたタオルについてうまく取り除いていくことができます。

たったこれだけの応急処置をするだけで、後でシミ取りをして綺麗にしていくのが簡単になります。

服についたコーヒーやジュースの落とし方

服にコーヒーやジュースなどをこぼしてしまった時の簡単な応急処置の方法については、わかってもらえたと思います。

そして、本格的に服についたコーヒーやジュースなどを綺麗に落としていく落とし方のやり方は

食器用洗剤(中性タイプ)をコーヒーやジュースをこぼした場所にたっぷりとつける

指で泡立てるように食器用洗剤(中性タイプ)を服に染み込ませていく

手でしっかりと手もみしていく

一度お湯で綺麗に洗い流す

また食器用洗剤(中性タイプ)をつけていく

しばらく放置する

手もみしていく

お湯で綺麗に洗い流していく

です。

まずは、食器用洗剤の中性タイプとタオルを準備してください。

中性タイプの食器用洗剤は、服についてもアルカリ性とは違って、繊維などを傷つけにくいのでおすすめです。

食器用洗剤(中性タイプ)をコーヒーやジュースなどをこぼしてしまった場所にたっぷりと直接つけていき

指で優しく食器用洗剤(中性タイプ)が服に染み込んでいくように伸ばしていってください。

食器用洗剤(中性タイプ)が服に染み込んでいくことによって、服の繊維にこびりついてしまっているコーヒーやジュースを浮き上がらせてくれます。

そして、泡立ってきたら手で優しく手もみをしていき、ある程度汚れが落ちてきたら一度お湯で綺麗に洗い流していきます。

また、食器用洗剤(中性タイプ)をつけていき、今度は10分ほどそのまま放置してつけ置きしてください。

これによって残っているコーヒーやジュースのカスなどをより落としやすい状態にしていき

また、手もみをしてからお湯で綺麗に洗い流していってください。

そして、最後に普通に洗濯機で洗濯していってください。

スポンサーリンク

色柄物やデリケートな服の場合のやり方

色柄物やデリケートな服の場合は、食器用洗剤(中性タイプ)を直接つけていくと色落ちしてしまったり、服を傷つけてしまう場合があります。

なので、色柄物やデリケートな服の場合は、まずは服の目立たない場所で一度、試して色落ちしないか確認してから

コップに食器用洗剤(中性タイプ)とお湯を入れてよくかき混ぜる

コーヒーやジュースをこぼした部分の裏にタオルを入れる

混ぜた食器用洗剤を歯ブラシにつける

コーヒーやジュースをこぼした場所に歯ブラシを当てて叩く

お湯で綺麗に洗い流す

です。

このやり方だと、食器用洗剤の成分がお湯によって薄められます。

そして、手もみなどをしないので服の繊維などを傷つけていくのも予防できます。

食器用洗剤をつけた歯ブラシで上から叩いていくことによって、下にあるタオルにコーヒーやジュースなどを移していきます。

ただ、少し時間がかかってしまうので、根気よく叩いていってください。

服にシミが残っている時の落とし方はつけ置き

食器用洗剤(中性タイプ)を使っていくことによって、服についてしまったコーヒーやジュースなどを落としていくことができます。

しかし、最初に応急処置をとっていなかったり、時間が経ってしまっている場合などは、シミが残ってしまうことがあります。

そんな服にシミが残っている時は、漂白剤などを使ってつけ置きして綺麗に落としていきます。

白い服の場合は、色落ちなどの心配がないので漂白剤とお湯を混ぜて、その中につけ置きしていくことができます。

色柄物の服の場合は、色落ちなどの心配があるので、酸素系漂白剤洗濯用液体洗剤のどちらかをお湯と混ぜて、その中につけ置きしてください。

つけ置きのやり方や方法などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

服のシミを綺麗に取っていく方法!

絨毯やカーペットにこぼした時の対処法

服だけじゃなくて、絨毯やカーペットなどにもコーヒーやジュースがこぼれてしまった時の対処法は

絨毯やカーペットの下にタオルを入れる

乾いたタオルでコーヒーやジュースを拭き取る

固く絞った濡れタオルに食器用洗剤(中性タイプ)をつける

上からしっかりと汚れが取れるまで叩いていく

汚れが取れたら濡れタオルで食器用洗剤(中性タイプ)を綺麗に拭き取っていく

ドライヤーなどで乾かしていく

です。

絨毯やカーペットなどは、つけ置きしたり洗濯していくことができないので、できるだけ素早くまずはコーヒーやジュースの水分をタオルに吸収させてから

固く絞った濡れタオルに食器用洗剤(中性タイプ)を染み込ませて叩いていき、濡れタオルや下のタオルにコーヒーやジュースを移して落としていってください。

服についたコーヒーやジュースを綺麗に取っていくコツ

服についてしまったコーヒーやジュースを綺麗に取っていくコツは、できるだけ早く応急処置をとっていくことです。

家にいる時に、コーヒーやジュースをこぼしてしまった時は、すぐに服を脱いで食器用洗剤(中性タイプ)を使ったやり方で落としていくことができます。

しかし、会社やお店や外などの場合は、すぐには対処できないので、できるだけ服についてしまっているコーヒーやジュースなどを拭き取っていくことができるかが重要なポイントになってきます。

コーヒーやジュースなどが乾いてしまう前にしっかりとある程度拭き取っていってください。

服に油性ペンやマジックなどがついてしまった時の綺麗に落としていくやり方については、コチラの記事に書いてあります。

油性ペンが服についた時の取っていく方法!

まとめ

服にコーヒーやジュースをこぼした時の応急処置と落とし方!について書いていきました。

服にコーヒーやジュースなどをこぼしてしまった時は、できるだけ早く濡れタオルなどで拭いて応急処置をとっていきます。

そして、家に帰ってきてから食器用洗剤(中性タイプ)をこぼした場所にたっぷりと染み込ませていき手もみをしてお湯で洗い流していってください。

時間が経ってしまいシミが残ってしまっている場合は、酵素系漂白剤や洗濯用液体洗剤などを使ってつけ置きをしてシミを落としてから洗濯機で洗濯していってください。

服に口紅がついてしまった時の口紅をうまく落としていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

服に口紅がついた時の簡単な落とし方!

服が臭い時の臭いをうまく消していくおすすめの服の臭い消しの方法については、コチラの記事に書いてあります。

服の臭いを簡単に消していく対処法!

服やズボンにガムがついてうまく取れない時のガムを綺麗に取っていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

服やズボンにガムがついた時の落とし方!

スポンサーリンク