服についた油性ペンやマジックを落としていく落とし方はどうすればいいのか

子供が油性ペンで遊んでいて服についてしまったり

うっかりと服に油性ペンがついてしまったり

などした時って油性ペンだからもう汚れが落ちないって思ってしまいますよね。

しかし、服に油性ペンがついてしまった時でも、大量についてしまっていない時は、応急処置や洗濯方法でうまく落としていくことができます。

そこで、服についた油性ペンの落とし方のコツについて書いていきます。

スポンサーリンク

服についた油性ペンのうまく落とすコツ

服に油性ペンやマジックなどがついてしまった時っていうのは、普通に洗濯をしても油性ペンの汚れを落としていくことはできません

しかし、そんな落ちない服に油性ペンがついてしまった時でも、うまく落としていくコツがあります。

それが

服についた油性ペンの染み抜きをする応急処置をする
半日、洗剤をつけてつけ置きして洗濯する

です。

服に油性ペンなどが油性の物がついてしまった時は、応急処置としてできるだけ早い段階で油性ペンの染み抜きをしていきます。

それから、染み抜きをした場所に、洗剤をつけて半日ほどつけ置きを行ってから、洗濯していきます。

こうすることによって、ある程度の油性ペンの汚れなら綺麗に落としていくことができます。

油性ペンのシミ抜きにおすすめの準備する物

服についた油性ペンの染み抜きをしていく時に、準備してほしい物は

ビニール袋
ハンカチやタオル

をまずは準備してください。

そして、染み抜きに使う物として

クレンジングオイル
除光液
消毒用エタノール

のうちどれかを準備してください。

除光液や消毒用エタノールは、近くのドラッグストアーなどで簡単に購入することができます。

クレンジングオイルは、女性の人だと化粧を落とすのに使っているクレンジングオイルなどを準備してください。

油性ペンを落とすのにおすすめのクレンジングオイルの種類

クレンジングオイルにも色々な種類がありますが、服についてしまった油性ペンの汚れを落としていくのに、おすすめのクレンジングオイルは

主成分が油性成分のオイルクレンジングやジェルクレンジングです。

油分成分が多く含まれているほど、油性ペンの汚れを綺麗に落としていくことができます。

服についた油性ペンの落とし方の応急処置

服についた油性ペンは、まずは簡単に染み抜きをして、油性ペンの汚れをある程度落としていきます。

そこで

クレンジングオイルを使ったやり方
除光液や消毒用エタノールを使ったやり方

について書いていきます。

クレンジングオイルを使ったやり方

クレンジングオイルを使ったやり方は

ビニール袋をひいてタオルを置く

油性ペンがついた部分にクレンジングオイルをつける

服を裏返してタオルの上に置く

裏返した服の油性ペンがついている部分にまたクレンジングオイルをつける

タオルで叩いていく

汚れがある程度落ちたらお湯で流していく

です。

まずは、ビニール袋をひいた上にタオルを置いてください。

そして油性ペンがついてしまった部分にクレンジングオイルをしっかりとつけていきます。

そして、クレンジングオイルをつけた服を裏返してタオルの上におきます。

そして、裏返してまたクレンジングオイルをつけていき、その上から新しいタオルで油性ペンがついている部分を叩いていきます。

クレンジングオイルによって油性ペンが溶けて分離して、タオルに染み込ませて服についている油性ペンを落としていきます。

服の裏から叩く事によって、油性ペンがしっかりとタオルに吸収しやすい状態を作っていきます。

なので、油性ペンがついている服の表面にタオルがしっかりと当たるように

服の袖などに油性ペンがついている場合などは、服の間にもタオルを入れてください。

タオルがないと、せっかく分離させた油性ペンがまた下になっている服の部分にくっていてしまうので注意してください。

除光液や消毒用エタノールを使ったやり方

除光液や消毒用エタノールを使ったやり方は

ビニール袋をひいてその上にタオルをおく

服を裏返してタオルの上におく

別のタオルに除光液か消毒用エタノールを染み込ませる

油性ペンがついている部分をタオルで叩く

汚れがある程度落ちたらお湯で綺麗に流す

です。

除光液や消毒用エタノールを使った油性ペンのシミ抜きも基本的には、クレンジングオイルを使った染み抜きと同じで

服の裏から叩いて下にひいているタオルに油性ペンを染み込ませて落としていきます。

なので、しっかりと下にタオルをひいて染み込ませていってほしいのですが

除光液や消毒用エタノールの場合は、直接液を服にかけてしまうと服を傷つけてしまうのでタオルなどに染み込ませて叩いていくようにしてください。

服やシャツなどについてしまっている口紅を綺麗に落としていく方法や応急処置で目立たなくしていく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

服やシャツについてしまった口紅の取り方!

スポンサーリンク

油性ペンのシミ抜きをする時の注意点

クレンジングオイルや除光液や消毒用エタノールを使って、服についてしまった油性ペンのシミ抜きをしていくことに注意してほしいことがあります。

それが

やる前に目立たない場所で一度試す
換気のいい場所でやる
火などに気をつける
擦らず叩く

などです。

やる前に目立たない場所で一度試す

服の素材や種類によっては、色落ちしてしまったり、服を傷つけてしまうことがあります。

なので、まずは目立たない場所で一度、クレンジングオイルや除光液や消毒用エタノールをつけてみて

色落ちがしないか服が傷つかないか必ず、試してから行うようにしてください。

換気のいい場所でやる

除光液や消毒用エタノールを使う場所は、必ず換気がいい場所で、行っていくようにしてください。

アルコールが含まれているので、密室や風通しが悪い場所ではしないようにしてください。

火などに気をつける

除光液や消毒用エタノールは、先ほども書きましたがアルコールが含まれています。

なので、火が近くにある場所などでは絶対に使用しないようにしてください。

擦らずに叩く

染み抜きをする場合は、必ず擦らずに上から叩いてタオルに染み込ませるようにしてください。

どうしても、汚れを落とす為に擦りたくなってしまいます。

しかし、擦ってしまうと汚れがにじんでしまい、広がってしまうので、めんどくさいかもしれませんが、擦らずに上から叩いて押さえつけるような感じで行っていってください。

手や肌に油性ペンがついてしまった時にすぐに汚れを落としていく簡単な方法については、コチラの記事に書いてあります。

手や肌に油性ペンがついたのを落とすやり方!

服についた油性ペンを綺麗に落とす洗濯の仕方

服についた油性ペンを染み抜きで、ある程度汚れを落とした後は、洗濯をしていきます。

この時に綺麗に油性ペンを落としていく洗濯の仕方があってそれが

油性ペンがついている服の表面に液体洗剤を半日ほどつけてから、洗濯をしていきます。

液体洗剤を油性ペンの汚れの部分に半日つけておくことによって、更に汚れを服の繊維から上手く分離させてくれます。

この時に、上記で書いたクレンジングオイルや除光液や消毒用エタノールなどが服に残っているといけないので、しっかりとお湯で綺麗に洗い流してから行っていってください。

洗濯したのに洗濯物の臭いがうまく消えていなくて臭い時のおすすめの洗濯の仕方については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物の臭いをしっかり消す洗い方!

まとめ

服についた油性ペンの落とし方のコツ!応急処置と洗濯方法!について書いていきました。

服に油性ペンやマジックなど、油性の物がついてしまった時の綺麗な落とし方は

まずは、早急に応急処置として油性成分の染み抜きをしてください。

簡単でおすすめのやり方は

クレンジングオイル
除光液
消毒用エタノール

などです。

そして、綺麗にお湯で洗い流した後に、液体洗剤を汚れている部分につけて、半日つけ置きした後に、洗濯していってください。

服の素材や種類などによっては、色落ちしてしまったり、傷つけてしまうことがあるので、必ず目立たない場所で軽く試してから行っていくようにしてください。

服に油性ペンではなくて水性ペンやプリンターのインクなどがついてしまった時のうまい落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服に水性ペンや蛍光ペンがついた時の取り方!

壁紙の落書きや汚れを簡単に綺麗に落としていくやり方については、コチラの記事に書いてあります。

壁紙の落書きやシミを落とすやり方!

服についてしまった毛玉を簡単にとっていく毛玉取りのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

服にできた毛玉取りの簡単な方法!

服やカーペットにコーヒーをこぼしてしまった時にまずやる応急処置の方法とシミにならない為の綺麗な落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

服やカーペットにこぼしたコーヒーの綺麗な取り方!

スポンサーリンク