部屋がなんだかよくわからないけど絵具臭い

掃除をしても臭いが取れない

そんな部屋が臭い臭いがとれない時は、部屋にカビが発生していてカビ臭いのが原因になっていることが多いです。

一見綺麗に見える部屋でも色々な場所にカビが発生してしまっています。

部屋がカビ臭い時に注意してほしい原因や

カビの臭いを消す方法やカビを落とす掃除方法

そして、部屋にカビが発生しないようにしていく為の予防対策方法について書いていきます。

スポンサーリンク

部屋がカビ臭い原因はコレ

部屋がなぜだかわからないけど絵具のような臭いがすることが多い時は、部屋にカビが発生してしまっていて、そのカビによるカビの臭いです。

そこで、カビが部屋に発生する原因は何なのか

カビが繁殖しやすい状態とは何なのかというと

部屋の温度が20~28℃
部屋の湿度が60%以上
酸素がある場所
皮脂や垢やホコリが多い場所

これらの条件が揃ってしまっている状態の時にカビは発生して繁殖していってしまいます。

高温多湿で汚れが溜まりやすい場所ですね。

部屋でカビが発生しやすい場所

カビが発生しやすい繁殖しやすい条件についてはわかってもらえたと思います。

そこで、部屋ではどのような場所にカビが多く発生してしまうのかというと

窓のサッシ
壁の四隅
本棚の裏の壁
カーペットの下

クローゼットの中
エアコン

などにカビが多く発生しやすいです。

どの場所もパッと見た目にはわかりずらい場所ですね。

窓のサッシ

窓のサッシっていうのは窓っていうのは外気と内気の温度差によって結露しやすい場所です。

そしてホコリやゴミなどが付着しやすい場所なのでカビが多く発生しやすくなってしまいます。

特にゴムパッキンなどに黒い点々のような黒カビが多いです。

壁の四隅

壁の四隅っていうのは壁の角っていうのは空気中に漂っているホコリなどが集まりやすい場所です。

そして他の壁の場所と比べて湿気が多い場所でもあります。

本棚の裏の壁

本棚の裏の壁っていうのは掃除しにくい場所なのでホコリやゴミなどが多く溜まりやすい場所です。

そして壁とくっついて置いている場合は空気が流れないので湿気が多く溜めりやすいです。

カーペットの下

カーペットの下っていうのは窓と同じように内部結露しやすい場所です。

そしてここも床と密着しているので湿気が多く溜まりやすい場所です。

クローゼットの中

クローゼットの中や押し入れの中っていうのは閉め切っている状態が長いのでどうしても空気の循環が悪くなってしまい湿度が高くなってしまいます。

エアコン

エアコンの中は水滴などが溜まりやすく結露しやすい場所です。

そしてエアコンフィルターなどにはホコリが多く付着してしまっています。

これらの場所が部屋の中では特にカビが大量に発生しやすい場所です。

そして普段の掃除ではなかなかこれらの場所まで綺麗に掃除をするっていうことは少ないのでカビに注意してください。

エアコンのおすすめの掃除のやり方や臭いを予防していく方法についてはコチラの記事に書いてあります。

部屋のエアコンの掃除のやり方!

スポンサーリンク

部屋のカビの臭いを消す方法はコレ

部屋がカビ臭い原因やカビが発生しやすい場所などについてはわかってもらえたと思います。

そこで、カビ臭い部屋の臭いをすぐに消していくにはどうすればいいのか

おすすめのカビの臭い消し方法として

窓を2箇所以上開ける
重曹を置く
空気清浄機をつける

がおすすめの臭い消し方法で応急処置です。

窓を2箇所以上開ける

窓を2箇所以上開けるっていうのは、臭い空気を換気していくっていうことです。

これは皆さん一番最初にする臭い消し対策だと思います。

ここでポイントなのが、部屋の窓1つを開けるのではなく2箇所以上開けてください。

こうすることによって空気の流れが出来るのでカビ臭い臭いを効果的に換気していくことが出来ます。

部屋に窓が1つしかない場合は、別の部屋の窓も開けてしっかりと空気が外に流れるようにしてください。

重曹を置く

重曹を置くっていうのは重曹には消臭効果と湿気をとっていく両方の効果があります。

なので、重曹をカビが発生してしまっている場所などに直接ふりかけてもいいですし

コップや靴下やストッキングなどに入れて置いてください。

空気清浄機をつける

空気清浄機をつけるっていうのは、カビは目に見えない小さい胞子を大量に放出しています。

その胞子が空気中に多く漂ってしまっているのでそれを取り除いていく為におすすめなのが空気清浄機です。

部屋のカビを落とす掃除方法はコレ

部屋のカビの臭い臭いを消していく消臭対策についてはわかってもらえたと思います。

しかし、これはあくまでも一時的に臭いを消していく方法です。

臭いを完全に消していくには、カビをしっかりと落としていかなくてはいけません

そこで、自分で簡単に出来るカビを落とす掃除方法は

まずは綺麗に掃除をする

カビがこびりついている場所にカビ取り洗剤もしくは消毒用エタノールを吹きかける

30分ほどその状態で放置する

スポンジや歯ブラシでカビを擦って落とす

硬く絞った濡れタオルで拭きとる

乾拭きをする

です。

これで、ある程度のカビを落としていくことが出来ます。

カビ取り洗剤は、威力が強い分使っていく時に他の洗剤などと混ざらないように注意していかなくてはいけません

なので、カビ取り洗剤などを使うのは少し嫌だなっていう場合は、ドラッグストアーなどで売っている消毒用エタノールを使っていってください。

消毒用エタノールはエタノール8に対して水2の割合で混ぜてから使っていくようにしてください。

どちらの使用時には臭いがするので必ず使用する時はしっかりと換気した状態で使っていってください。

カビがこびりついて落ちない時の対処法

窓のサッシなどカビがこびりついてしまっていてなかなか落ちない時があります。

そんなカビがこびりついて落ちない時の対処法は

カビ取り洗剤や消毒用エタノールを吹きかける

キッチンペーパーなどを敷く

上から再度吹きかける

サランラップなどで覆ってしばらく放置する

です。

カビは酸素がある場所で繁殖するので、サランラップなどを使って密封空間を作ることによって死滅しやすくなります。

壁のカビ取りをする時の注意点

壁のカビ取りをしていく時は、壁が変色してしまったり傷ついてしまうことがあります。

なので、消毒用エタノールスプレーを吹きかけた後は

スポンジや歯ブラシで擦るのではなくて、タオルなどにも吹きかけて上から抑える感じで軽く叩いていってください。

後は、濡れタオルと乾いたタオルで優しく拭き取っていってください。

壁紙の黄ばみや汚れを綺麗に落としていく簡単な掃除のやり方については、コチラの記事に書いてあります。

壁紙の汚れを落とす掃除のやり方!

部屋のカビ防止の予防対策はコレ

カビを落としていく掃除方法や注意してほしいことについてはわかってもらえたと思います。

後は、できるだけ部屋にカビが発生しないようにしっかりと予防対策をしていくことです。

部屋のカビ防止の予防対策としては

こまめに掃除をする
こまめに換気をする
湿気対策をする

が一番大事な予防対策です。

こまめに掃除をする

こまめに掃除をするっていうのは、普段から掃除機などで汚れやホコリをとっていると思います。

それに加えて

窓のサッシも水拭きと乾拭きをする
壁の四隅も水拭きと乾拭きをする

など、カビが繁殖しやすい場所の水滴やホコリなども綺麗に掃除をしていってください。

こまめに換気する

こまめに換気をするっていうのは、先ほども書いたように必ず窓を2箇所以上開けて空気が流れるようにして換気していってください。

本棚などがある場合は、壁などにくっつけないで少し空間を開けておくようにしてください。

クローゼットもこまめに開けてしっかりと換気をしていくようにしてください。

湿気対策をする

湿気対策をするっていうのは、部屋の隅など湿気が溜まりやすい場所に

湿気取りや重曹を置いたり除湿器を置いてたりしてください。

後は、カーペットなどをひいている場合はカーペットもこまめに上げたり

ソファーなども掃除をする時に少し移動させたりして、同じ場所にずっと置いておかないようにしてください。

特にカビは、湿度が60%を超えると繁殖しやすくなるので出来るだけ部屋の湿度が高くならないように注意してください。

衣類についてしまったカビをうまく落として取っていく対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

衣類についた白カビや黒カビの落とし方!

カビによる健康面も注意

カビを防止していく予防対策についてはわかってもらえたと思います。

カビは部屋がカビ臭くなってしまうだけではなく健康面にも影響を与えてしまいます。

先ほども書きましたが、カビの胞子は空気中に漂っています。

そのカビの胞子を吸い込んでしまうことによって

くしゃみや鼻水が止まらない鼻炎になってしまったり

咳が止まらない気管支炎

などの原因にもなってしまいます。

なので、空気清浄機などをつけてしっかりと空気中のカビの胞子も体内に入り込まないようにしてください。

風呂場のカビを取っていく方法についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

風呂場に発生するカビの対処法!

まとめ

部屋がカビ臭い原因はコレ!臭いを消す方法と予防対策!について書いていきました。

部屋が何か絵具臭いときは、カビが大量に発生してしまっているカビの臭いです。

なので、部屋がカビ臭いときは、すぐに臭いを消していく消臭対策をした後に

しっかりと掃除をして、カビを落としていってください。

そしてカビは

部屋の温度が20~28℃
部屋の湿度が60%以上
酸素がある場所
皮脂や垢やホコリが多い場所

などの条件が揃っている場所に多く発生してしまいます。

なので、普段からこまめに掃除をしてホコリやゴミが溜まらないようにして

換気と除湿を注意していくようにして部屋のカビの予防対策をしていってください。

カビ以外にも掃除をしても部屋が臭いのが取れない時に気をつけてほしい原因や対処法についてはコチラの記事に書いてあります。

部屋の臭い臭いが取れない時の原因!

クローゼットや押し入れが臭い時の臭いを消していく掃除のやり方や予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

クローゼットの臭いを消していく方法!

靴に発生してしまったカビを取っていく方法や予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

靴に発生したカビの取り方と予防法!

部屋の空気を綺麗にしていく簡単な対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

部屋の空気を綺麗にしていくやり方はコレ!

スポンサーリンク