蜂に刺されてしまった時は、すぐにしっかりと応急処置をとることで刺された後の症状を最小限に抑えていくことができます。

そこで、蜂に刺された直後の応急処置の手順や

蜂に刺された後に出てくる症状や注意してほしいこと

そして、蜂に刺された後に症状を悪化させないために控えてほしいことなどについて書いていきます。

ミツバチやスズメバチなど刺された蜂の種類によっても症状が違ってくるので注意してください。

スポンサーリンク

蜂に刺された直後の応急処置の手順

蜂に刺されてしまった時は、痛みや刺されてしまったというパニックで何をすればいいのかわからなくなってしまいます。

そこで、蜂に刺された直後にやってほしい応急処置の手順は

刺された場所からすぐに移動する

蜂の針が刺さっているか確認する

クレジットカードなどで蜂の針を取る

水道水で刺された患部を洗い流す

刺された患部を冷やす

ステロイド系軟膏があれば塗る

です。

応急処置が終わった後は、病院に行ってしっかりと診察してもらって治療を行ってもらいます。

刺された場所からすぐに移動する

蜂に刺されてしまった時に、まず一番最初にやってほしいことは、刺されてしまった場所からすぐに移動することです。

蜂に刺されてしまった場所っていうのは、近くにまだ蜂がいたり、蜂の巣が近くにあったりして

刺された場所にいるとまた蜂に刺されてしまう可能性がとても高いです。

なので、蜂に刺された場所からすぐに移動して別の場所に移ってください。

すぐに移動してほしいのですが、走ったりしてしまうと蜂を刺激しやすくなってしまうので

ゆっくりと慌てずに歩いて最低でも刺された場所から50m以上は離れた場所に移動してください。

蜂の針が刺さっているか確認する

蜂の針が刺さっているか確認するっていうのは、ミツバチなどに刺されてしまった時は、刺したミツバチの針が皮膚に残っていることが多いです。

ミツバチの針っていうのは、針に返しがついていて一度刺すとなかなか抜けないようになっていて針だけが残っていることが多いです。

スズメバチの針は、針に返しがついていないので、針が残っていることは少ないです。

蜂の針には、毒袋がついているので針が刺さったままの状態だと更に毒が体内に入ってきてしまいます。

クレジットカードなどで針をゆっくりと取る

蜂の針が刺さったままの状態になっている時は、針を取り除いていきます。

この時に、ピンセットなどがある場合は、ピンセットでゆっくりと優しく針を抜くのが一番いいのですが

ピンセットなどが無い場合は、クレジットカードなどでゆっくりと針を取り除いていきます。

指や爪などで針を取ろうとすると、針の返しなどが指に刺さってしまったり、毒袋を潰してしまったりすることがあるので

なるべくカードなどでゆっくりと押し出すように針を抜いてください。

水道水で刺された患部を洗い流す

水道水で刺された患部を洗い流すっていうのは、蜂の毒を洗い流していきます。

蜂の毒は水に溶けやすい性質なので、水道水などで洗い流すことでうまく毒を洗い流していくことができます。

この時に、ただ水道水で洗い流すだけよりも、された患部の周りを揉むような感じでうまく毒を外に押し出していくようにしてください。

近くに水道などが無い場合は、ペットボトルの水などで洗い流してください。

ただし、刺された患部を口で吸って毒を抜き出そうとすると、今度は口の中に毒が入ってきてしまうので、絶対で口で吸ったりしないでください。

刺された患部を冷やす

水道水で綺麗に毒を洗い流した後は、刺された患部をしっかりと冷やしてください。

タオルに氷や保冷剤を包んで患部に当てたり

冷やす物がない場合は、冷たい缶ジュースやペットボトルなどを当てて冷やしていきます。

ステロイド系軟膏を塗る

ステロイド系軟膏を塗るっていうのは、蜂刺され用の塗り薬がある場合は、それを塗っておいてください。

症状が軽い場合は、ステロイド系軟膏や抗ヒスタミン軟膏などの塗り薬を塗っておくことで症状を抑えていくことができます。

これが、蜂に刺された直後の応急処置の手順です。

応急処置をした後は、症状が酷くなくても病院に行ってしっかりと診てもらって治療をしてもらってください。

あくまでも蜂に刺された時の応急処置です。

そして、ミツバチではなくて、スズメバチに刺されてしまった時は症状が酷かったり

刺された患部だけじゃなくて、全身に色々な症状が出てきてしまうことが多いので早急に病院に行って治療をしてもらってください。

スポンサーリンク

蜂に刺された時の症状

蜂に刺されてしまった直後の応急処置の手順や方法などについては、わかってもらえたと思います。

そこで、蜂に刺されてしまった時の症状っていうのは、ミツバチに刺されてしまった時とスズメバチに刺されてしまった時で違うので注意してください。

ミツバチに刺された時の症状

ミツバチに刺されてしまった時の症状としては

刺された患部が赤く腫れる
刺された患部が痛くなってくる
痛みが無くなると痒みが出てくる

などの局所症状です。

人によっても違ってきますが、症状が治まるまで1週間ほどかかります。

スズメバチに刺された時の症状

スズメバチに刺された時の症状としては

吐き気
めまい
発汗
蕁麻疹
頭痛
息切れ
動悸

などの全身症状が出てきます。

全ての症状が出ることもありますし、いくつかの症状が出るなど症状の出方は人によって違うので注意してください。

スズメバチに刺された時に注意すること

ミツバチやスズメバチに刺された時の症状については、わかってもらえたと思います。

蜂に刺されてしまった時にもっとも注意しなくてはいけないのは、スズメバチやアシナガバチです。

スズメバチやアシナガバチなどに刺されてしまった時は、症状が刺されてからわずか数分で出てきてしまう時もありますし

1時間後くらいに急に症状が出てきてしまう時もあります

なので、スズメバチに刺されてしまった時は、早急に病院に行ってください。

そして、一人でいる時にスズメバチやアシナガバチなどに刺されてしまった時や症状がすぐに出てきてしまった時は、すぐに救急車を呼んでください。

蜂に刺された時に行く病院はどこ?

蜂に刺された時に行く病院としては

ミツバチに刺されてしまった場合は、皮膚科などです。

スズメバチやアシナガバチに刺されてしまった場合は、アレルギー内科のある病院などに行って診てもらってください。

蜂に刺された後に控えること

蜂に刺されてしまった後に控えてほしいことがあります。

それは

お風呂
運動
飲酒

などです。

お風呂

蜂に刺されてしまった後にお風呂に入ってしまうと血行の流れが良くなってしまい毒が回りやすくなってしまいます。

なので、蜂に刺されてしまった当日はお風呂には入らないでください。

後は、症状の状態を見て入浴するようにしてください。

運動

蜂に刺されてしまった後に運動をしてしまうのも血行が良くなってしまい毒が回りやすくなってしまいます。

なので、蜂に刺された数日は運動を控えるようにしてください。

飲酒

ビールやお酒などのアルコール類の飲酒も蜂に刺されてしまった後は、控えてください。

飲酒してしまうと血行が良くなってしまいます。

なので、蜂に刺された当日はもちろんのこと、症状が治まるまでは控えるようにしてください。

蜂が自分によく寄ってくる時に注意してほしい原因や蜂がなるべく寄ってこないようにする対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

蜂が自分によく寄ってきてしまう原因と対策!

まとめ

蜂に刺された直後の応急処置の手順!症状と控えること!について書いていきました。

蜂に刺されてしまった時は、焦らずにまずはしっかりと応急処置をとってください。

応急処置の手順としては、まずは蜂に再度刺されないように刺された場所からすぐに移動する

そして、蜂の針をゆっくりと取り除いてから水道水で毒を洗い流してから、刺された患部を冷やしてください。

そして、病院に行ってしっかりと診てもらって治療をしてください。

ただし、スズメバチなどに刺されてしまった時は、全身症状などがすぐに出てしまうことも多いので早急に病院に行って診てもらってください。

家の近くに蜂の巣がありそうな場所や蜂の巣の種類と見つけた時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

家の近くに蜂の巣がありそうな場所と対処の仕方!

車の中に蜂が入ってきてしまった時の正しい対処法と追い出し方については、コチラの記事に書いてあります。

車に蜂が入ってきた時の正しい対処法!

家の中に蜂が入ってきやす時に注意する原因と家の中に入れないようにする簡単な対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

家の中に蜂が入ってくる原因と入れない対策!

家の中に蜂が入ってきた時の刺されないようにする対策と安全な追い出し方などについては、コチラの記事に書いてあります。

家の中に蜂が入ってきた時の安全な対処法!

スポンサーリンク