新幹線の予約はいつからできるのか

新幹線に乗る時は、指定席で確実に座っていきたいですよね。

そこで、できるだけ早く新幹線の予約をする為に予約はいつからできるのか

新幹線の往復切符を予約する時の注意点や

そして、意外と知られていない新幹線の切符を早く予約することができる裏技

などについて書いていきます。

確実に安心して座っていく為にも新幹線の指定席特急券をしっかりと予約して確保したいですからね。

スポンサーリンク

新幹線の予約はいつから?

新幹線の予約は乗る日が決まると早く切符を予約しておきたいですよね。

そこで新幹線の予約は

乗車券
自由席特急券
指定席特急券
グリーン車券

など全ての切符を予約をできます。

指定席特急券だけを予約してもいいですし、乗車券も一緒に予約してもいいです。

新幹線に乗る時に必要な乗車券と特急券の2枚の切符の違いや役割、そしてどちらかの切符だけでも新幹線に乗ることができるかについては、コチラの記事に書いてあります。

新幹線に乗る時に必要な乗車券と特急券の違い!

そこで、新幹線の予約ができるのは、乗る予定の新幹線の発車日の1カ月前の午前10時から予約できます。

これは、みどりの窓口でも券売機でも同じタイミングです。

例えば

1月10日の午後3時発車の新幹線の場合は、1カ月前の12月10日の午前10時から予約できます。

土日祝日などは関係なく、単純に乗る日の前の月の同じ日の午前10時からですね。

ただし、前の月に同じ日が無い

31日や2月のように29~31日まで無いような場合は、翌月の1日の日の予約になります。

例えば

12月31日の新幹線に乗りたい時は、11月31日は無いので、12月1日の午前10時の予約ですし

3月29~31日の新幹線に乗りたい時は、2月は29~31日は無いので、3月1日の午前10時からの予約です。

そして、新幹線の予約をするっていうのは、切符を購入するっていう意味なので、必ず現金やクレジットカードなどが必要になってきます。

新幹線の切符を券売機で購入するやり方については、コチラの記事に書いてあります。

新幹線の切符の自動券売機で買う買い方!

新幹線の往復切符を予約する時の注意点

新幹線の予約は1カ月前から予約することができるっていうことは、わかってもらえたと思います。

しかし新幹線の切符を予約する時に注意してほしいことがあって、それが新幹線の往復切符を予約する時です。

往復切符っていうのは、行く日にちと帰ってくる日にが違うことが多いですよね。

なので、新幹線の乗って行く日にちの1カ月前に予約しても、帰る日にちがまだ1カ月前になっていないことがあります。

そうすると、往復切符を予約することができなくて、行きの分の予約しかできません

なので、新幹線の往復切符を予約するときは、帰りの新幹線に乗る日にちの1カ月前になってから予約してください。

例えば

1月1日~1月4日までの往復切符を予約しようとした時は

行きの1月1日の切符は、12月1日に予約することができますが

帰りの1月4日の切符は、12月4日にならないと予約することができません

なので、行きの分の切符と帰りの分の切符をそれぞれ予約できる日に、2回予約しにいくか

それとも帰りの分の切符の予約ができる日に、まとめて予約するか

どちらの方法で往復切符の場合は、予約しなくてはいけません

スポンサーリンク

新幹線を早く予約できる裏技

新幹線の予約は、発車日の1カ月前の午前10時から予約することができるっていうのは、わかってもらえたと思います。

基本的には、上記で書いた1カ月前なのですが、それよりも少し早く新幹線を予約することができる裏技があって

それが、事前予約サービスというインターネットで予約申し込みをするサービスです。

この事前予約サービスを利用すると、1カ月前よりも更に約1週間早く新幹線の予約申し込みができます。

例えば

1月1日の切符を予約する時は、普通は12月1日の午前10時からですが

事前予約サービスの場合は、1週間早い11月24日から予約申し込みをすることができます。

この事前予約サービスができるのは

えきねっと
エクスプレス予約
e5489
JR九州インターネット予約サービス

などです。

事前予約サービスの注意点

事前予約サービスを利用すると、新幹線の予約できる日が約1週間早くできるっていうのは、わかってもらえたと思います。

しかし、この事前予約サービスを利用するときに注意して注意点があります。

それは、あくまでも予約申し込みができるだけで、確実に新幹線を予約ができて切符が買えるわけではありません

上記で書いた、みどりの窓口や券売機などで1カ月前から予約できるのは、その時に切符も購入します。

でも、この事前予約サービスは、予約に申し込むだけなので、実際に予約可能となる1カ月前の午前10時に予約をします。

なので、事前予約サービスを使って予約申し込みをする人が多ければ、予約できなくて切符を購入することができない場合もあるので注意してください。

切符が予約できたかどうかは、予約発売日にメールで連絡がきたり

それぞれのサイトの画面などで確認したりなど方法が違います。

後、事前予約サービスは、それぞれのサービスによって窓際だったり通路側だったり詳しい座席指定ができない場合もあるので、サイトで確認しておいてください。

新幹線の切符を日にちや時間帯などを変更するときの注意点や手数料などについては、コチラの記事に書いてあります。

新幹線の切符を変更するときに注意すること!

新幹線のキャンセルはいつまでしなくてはいけないのか、乗車券と特急券で期限や払い戻し手数料が違うことについては、コチラの記事に書いてあります。

新幹線をキャンセルできる期限や手数料の違い!

まとめ

新幹線の予約はいつから?往復切符の注意点!早くできる裏技!について書いていきました。

新幹線の予約は、乗る新幹線の発車日の1カ月前の午前10時から予約することができます。

しかし、往復切符を予約する時は、帰りの新幹線の予約も発車日の1カ月前しか予約できないので注意してください。

なので、新幹線の往復切符を予約するときは、行きと帰りを別々に購入するか

帰りの新幹線の予約ができるようになってから、往復切符を予約するようにしてください。

そして、新幹線を予約するときに少しでも早く予約する裏技として、事前予約サービスを利用して、更に1週間早く予約申し込みをしておくことができます。

しかし、事前予約サービスを使っても、予約人数が多いと予約できない時があるので注意してください。

新幹線に乗り遅れた時の対処法については、コチラの記事に書いてあります。

新幹線に乗り遅れた時はどうすればいいのか!

新幹線の指定席特急券は早い時間帯の自由席に乗れるのか、指定席を早い時間帯に変更したい時のやり方については、コチラの記事に書いてあります。

新幹線の指定席特急券で早い時間の新幹線に乗るには!

新幹線の切符を無くしてしまった時はどうすればいいのか、返金してもらう為の方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

新幹線の切符が見つからない時の対処法!

新幹線に一緒に持ち込むことができる荷物の大きさのサイズやルール変更による事前予約が必要なことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

新幹線に持ち込める荷物の大きさのルール変更点!

新幹線内で大きい荷物を置ける場所などについては、コチラの記事に書いてあります。

新幹線内で大きい荷物を置ける場所はどこか!

スポンサーリンク