石油ファンヒーターのしまい方は、どうするのが正しいのか

そして、使いきれなかったポリタンクの残った灯油はどうすればいいのか

暖かくなってくると、今まで使っていた石油ファンヒーターが邪魔になってくるので、掃除してしまいますよね。

そこで、来年も石油ファンヒーターを安全に使っていく為の正しいしまい方や

ポリタンクに残ってしまった灯油は処分するについて書いていきます。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターのしまい方はコレ

石油ファンヒーターのしまい方は、ただそのまま部屋の隅っこなどに放置しておいてはいけません

そこで、使わなくなった石油ファンヒーターの正しい掃除方法やしまい方は

灯油タンク内の灯油を使いきる

空になった灯油タンクのフタを開けて1日換気する

灯油タンクを入れていた底の灯油を吸い取る

石油ファンヒーターのフィルターを掃除する

石油ファンヒーターにゴミ袋をかぶせる

直射日光が当たらない高温にならない場所に保管する

です。

灯油タンク内の灯油を使いきる

まずは、石油ファンヒーターの灯油タンクに入っている灯油をしっかりと使いきってください。

灯油が空になってくると警告音がします。

その警告音をそのまま無視して、完全に灯油タンクの中の灯油が無くなるまで石油ファンヒーターをつけっぱなしにしておいてください。

灯油タンク内の灯油を使いきれない時の対処法

石油ファンヒーターをしまおうとした時に、灯油タンク内に灯油がいっぱい大量に残ってしまって使いきることができない時があります。

そんな時は、無理に石油ファンヒーターをつけて灯油を全て使いきらなくても

空のペットボトルを半分に切る

灯油を保管しているポリタンクの入り口に半分に切ったペットボトルを刺す

ペットボトルを受け皿にして灯油タンクの灯油をポリタンク内に移す

ようにすると、灯油をこぼさずに灯油タンク内の灯油をポリタンクに移すことができます。

灯油が床や畳などにこぼれてしまった時の綺麗な拭き取り方については、コチラの記事に書いてあります。

灯油が床や畳にこぼれた時の綺麗な拭き取り方!

空になった灯油タンクのフタを開けて1日換気する

空になった灯油タンクでも、まだ灯油がタンク内についてしまっていたりします。

なので、灯油タンクのフタを開けたまま1日ほど風通しがいい直射日光が当たらない場所に置いて換気してください。

換気することによって、灯油タンク内の灯油を綺麗に蒸発させていくことができます。

それから、灯油タンクのフタを雑巾などで、綺麗に拭いて灯油や汚れなどを拭き取ってください。

灯油タンクを入れていた底の灯油を吸い取る

石油ファンヒーターの灯油タンクを入れていた底にも、灯油が残っていることがあります。

なので、灯油タンクを入れていた床にキッチンペーパーなどを入れて、灯油を綺麗に吸い取っていってください。

床の灯油を綺麗に吸い取った後は、灯油タンクを入れていた場所のフタを開けて、同じように1日ほど換気をしておいてください。

石油ファンヒーターのフィルターを掃除する

石油ファンヒーター内の灯油を綺麗に処分することができた後は、石油ファンヒーターのフィルターを綺麗に掃除していきます。

石油ファンヒーターのフィルターには、大量のホコリなどがついています。

なので、掃除機でまずは綺麗にホコリなどを吸い取った後に、フィルターが外せる場合は水洗いしてください。

フィルターが外せない場合は、濡れ雑巾などで綺麗に拭き取っていってください。

石油ファンヒーターにゴミ袋をかぶせる

石油ファンヒーターを綺麗に掃除した後は、石油ファンヒーターにゴミ袋などをかぶせてください。

石油ファンヒーターをしまう場所っていうのは、押し入れだったり、クローゼットだったりしますよね。

そういった場所に、長期間保管しておくと、どうしてもホコリや汚れなどが付着してしまいます。

なので、石油ファンヒーターに直接ホコリなどが着かないように、ゴミ袋などをかぶせておいてください。

スポンサーリンク

直射日光が当たらない高温にならない場所に保管する

石油ファンヒーターを直射日光が当たる場所や高温になる場所に保管してしまうと、中の部品が壊れやすくなってしまいます。

なので、石油ファンヒーターは直射日光が当たらない高温にならない場所に保管しておいてください。

これが、使わなくなった石油ファンヒーターの正しいしまい方です。

手についた灯油を綺麗にしっかりと落としていく洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

手についた灯油をしっかりと落とす洗い方!

ポリタンクに残った灯油は処分する

石油ファンヒーターのしまい方については、わかってもらえたと思います。

そして、石油ファンヒーターをしまった後に、気になるのがポリタンクに残っている余った灯油ですよね。

灯油も高いので、ポリタンクに入れてしっかりとフタを閉めて密封しているから、そのまま保管しておいても大丈夫だろうって思ってしまいます。

しかし、いくらポリタンクに入れて密封して保管していても長期間保管していると中の灯油は

劣化してタールが発生してしまう
水分を多く含んでしまう

などの現象が起こってしまい不良灯油などになってしまいます。

そんな不良灯油を使ってしまうと、うまく燃焼できなくなって一酸化炭素を多く出してしまったり

石油ファンヒーター内にカスが多く溜まってしまったりして石油ファンヒーター自体が壊れてしまいます。

なので、ポリタンクに残っている灯油は、ガソリンスタンドなどに持っていって必ず処分してください。

安全に使える灯油かどうかの見分け方や長期間保管した灯油を使うのがダメな理由などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

古い灯油の見分け方と使用したらいけない理由!

石油ファンヒーターが臭い時に注意したい原因と対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

石油ファンヒーターが臭くなる原因と対策!

まとめ

石油ファンヒーターのしまい方はコレ!ポリタンクの残った灯油は処分!について書いていきました。

石油ファンヒーターの正しいしまい方は

灯油タンク内の灯油は完全に使いきること
石油ファンヒーター内に残っている灯油も綺麗に吸い取ること
石油ファンヒーターのフィルターを綺麗に掃除すること
石油ファンヒーターにゴミ袋をかぶせて高温にならない場所に保管すること

です。

そして、ポリタンクに残ってしまっている余った灯油は保管せずに、ガソリンスタンドなどに持っていって処分してもらってください。

使わなくなった石油ファンヒーターは、正しくしまっていくことによって来年の冬も安心して使っていくことができますからね。

灯油が服についてしまった時の正しい洗濯の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油が服についた時の正しい洗い方!

灯油が車の中でこぼれてしまった時の拭き取り方や臭い消し方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

灯油を車内にこぼした時の対処の仕方!

ポリタンクに入れている灯油の正しい保管方法や使用期限などについては、コチラの記事に書いてあります。

ポリタンクに入れている灯油の保管方法!

スポンサーリンク