さつまいもが腐るとどんな状態になるのか

さつまいもを保存していると、見た目や状態が変化してきますよね。

そこで心配になるのが、このさつまいもは腐ってしまっているのかどうかです。

そこで、さつまいもが腐るとどのような状態になるのか

さつまいもを切った時に中身が変色しているのは食べることができないのか

などについて書いていきます。

腐ったさつまいもを食べてしまうと下痢や腹痛など食中毒を起こしてしまうので注意しなくてはいけないですからね。

スポンサーリンク

さつまいもが腐るとどうなる?

さつまいもが腐るとどのような状態になってしまうのかっていうと

皮が黒っぽく変色する
柔らかくなる

皮がベトベトする
すっぱい臭いがする

などです。

このような状態になっているさつまいもは既に腐っているので食べることができません

皮が黒っぽく変色する

さつまいもの皮が黒っぽく変色してしまっていると、そのさつまいものは腐ってしまっています。

皮が黒っぽくなっているのは、黒カビや青カビが発生してしまっています。

一部分だけ皮が少し黒っぽく変色している場合は、そこの部分だけを切り落として食べることができますが

全体的に皮が黒っぽく変色している場合は、カビが繁殖していて腐ってしまっているので食べることができません

柔らかくなる

さつまいもを触って柔らかくなっていると、そのさつまいものは腐ってしまっています。

さつまいもは、加熱など何もしていない普通の状態だと固いです。

それが、柔らかくなってしまっているっていうことは、中身が腐ってきてしまっています。

さつまいもは

中身の水分が抜けてくる

皮にシワができてくる

全体的に柔らかくなる

っていう感じで腐ってきます。

なので、触ると柔らかいさつまいものは腐っているので食べずに処分しなくてはいけませんが

皮にシワができてきている状態も腐り始めてきているので注意してください。

皮がベトベトしている

さつまいもの皮を触った時にベトベトしている時は、そのさつまいもは腐っています。

さつまいもの皮がベトベトしているっていことは、中身が腐っていてその腐敗液が出てきてしまっています。

すっぱい臭いがする

さつまいもがすっぱい臭いがする時は、そのさつまいもは腐っています。

すっぱい臭いの原因は、腐敗臭だったりカビの臭いです。

なので、さつまいものニオイを嗅いで、少しいつもとニオイが違うなって感じた時は注意してください。

さつまいもが腐ってからどれくらい日にちが経っているかによって症状の出方も変わってきますが

このような症状のうちどれか一つでもある時は、そのさつまいもは腐っているので食べずに捨てて処分してください。

スポンサーリンク

さつまいもの中身が変色してると食べれない?

さつまいもが腐るとどんな状態になってしまうのかについては、わかってもらえたと思います。

そして、さつまいもが上記で書いたような状態になって腐っていなくても切った時に中身が変色している時がありますよね。

そんなさつまいもの中身が変色していると食べることができるのかどうか心配になります。

そこで、さつまいもの中身が変色している時っていうのは、食べる時と食べれない時があるので注意してください。

切り口が黒く変色していた場合

さつまいもを切って、切り口が既に黒く変色していた場合は、これは食べることができませ

さつまいもの断面が黒く変色してしまっているのは、さつまいもの保存方法が悪く低温障害を起こして、さつまいもの細胞が死んでしまっているからです。

さつまいもっていうのは、10℃以下の寒い場所で保存していると細胞が死んでしまいます。

なので、さつまいもを切った時に切り口の断面が黒く変色してしまっているさつまいものは食べずに処分してください。

切って時間が経って黒く変色した場合

さつまいもを切って、切った時は変色していないけど時間が経って段々と中身が黒く変色してくる場合があります。

このように、切ってから時間が経って黒く変色したさつまいもは、食べることができます

切り口が段々と黒く変色してくる原因は、さつまいもに含まれている成分が空気に触れて酸化してしまったからです。

酸化してしまっても腐っているわけではないので、そのまま食べることができます。

加熱して黒く変色した場合

さつまもを加熱して中身が黒く変色した場合は、食べることができます

加熱してさつまいもの中身が黒く変色してしまうのは、これもさつまいもに含まれている成分が熱によって変化したからです。

変化しても腐っているわけではないので、普通に食べることができます。

さつまいもの正しい保存方法と変色するのを防ぐ方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

さつまいも保存方法と変色させないコツ!

さつまいもの端から黒い液体が出ているのは食べれる?

さつまいもの端から黒い液体が出ていて皮が黒くなっているいることがありますよね。

そんなさつまいもの端から黒い液体が出てきてしまっている時っていうのは、腐っているから食べることができないのではないかと思いますが

さつまいもの端から黒い液体が出ていても普通に食べることができます

さつまいもの端から出ている黒い液体の正体は、さつまいもに含まれているヤラピンという成分です。

さつまいもに含まれているヤラピンは、腸を整えてくれるおすすめの成分です。

ヤラピンがさつまいもの表面に出てくるっていうことは、それだけそのさつまいもが新鮮なさつまいもだからです。

なので、最初に書いたように腐って出てくる腐敗液とは全然違うので安心して食べることができます。

甘くて美味しいさつまいものおすすめの品種と選び方については、コチラの記事に書いてあります。

さつまいもの甘い品種と選び方!

まとめ

さつまいもが腐るとどうなる?中身が変色していると食べれない?について書いていきました。

さつまいもが腐ると

・皮が黒っぽく変色する
・柔らかくなる
・皮がベトベトする
・すっぱい臭いがする

などの症状や状態になるので、どれか一つでも腐っているような症状が出ている場合はもったいないですが捨てて処分してください。

さつまいもを切った時に断面が既に黒く変色してしまっているのは、低温障害によってさつまもの細胞が死んでしまっているので食べることができません

しかし、さつまいもを切って少し時間が経ってから段々と中身が黒く変色してきたり

加熱して中身が黒く変色した場合は、腐ったりしていないので食べることができます。

後、さつまいもの端から黒い液体だ出ている場合も普通に食べることができます。

じゃがいもが腐っているかどうかの見分け方については、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもが腐っているか見分け方!

焼き芋の賞味期限やおすすめの保存方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

焼き芋の賞味期限と保存のやり方!

焼き芋を電子レンジやオーブントースターで簡単に作る方法については、コチラの記事に書いてあります。

焼き芋を家で簡単にすぐに作る方法!

スポンサーリンク