甘くて美味しいさつまいもの見分け方は、どこを見ればいいのか

スーパーなどでさつまいもを買う時に、できるだけ甘いさつまいもを選んで買いたいですよね。

そこで、甘いさつまいもかどうかを簡単に見分ける見分け方のポイントや

数多くあるさつまもの品種の中で、特に甘くて美味しいおすすめの品種や特徴などについて書いていきます。

甘いさつまいもかどうかをうまく見極めて選ぶ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

甘いさつまいもの見分け方はコレ

甘いさつまいもかどうかを見分けるには、どこを見ればいいのかわからないですよね。

そこで、甘いさつもいもの見分け方には7つのポイントがあります。

それは

端から蜜が出ているもの
表面のくぼみが浅いもの
表面に傷がないもの
ふっくらと丸みのある形のもの
皮の色が濃いもの
ひげ根が少ないもの
同じ大きさなら重たいもの

が、甘いさつまいもの簡単な見分け方のポイントです。

端から蜜が出ているもの

甘いさつまいもの見分け方で端から蜜が出ているものっていうのは

さつまいもの先端部分から少し液体が出ているものを選ぶっていうことです。

さつまいもの先端部分から出ている液体は、さつまいもに含まれているヤラピンをいう成分です。

これが、先端部分から出ているさつまいものは新鮮なさつまいもなので甘くて美味しいです。

そして、この蜜は見た目は黒い液体なので、さつまいも先端部分から黒い液体が出ている跡が残っているさつまいもがあると甘いさつまいもです。

表面のくぼみが浅いもの

甘いさつまいもの見分け方で表面のくぼみが浅いものっていうのは

さつまいもの表面にはいくつものくぼみがありますよね。

そのくぼみが深いと繊維質が多いさつまいもなのであまり甘くなくて美味しくないです。

逆にくぼみが浅いものは、繊維質も少なくて甘くて美味しいさつまいもです。

なので、甘いさつまいを選ぶ時は、表面のくぼみができるだけ浅いかどうかを見分けてください。

表面に傷がないもの

甘いさつまいもの見分け方で表面に傷がないものっていうのは

さつまいもの表面に傷がついていると、そこから中の成分や水分が抜けて行ってしまっていて甘くて美味しくないです。

なので、甘いさつまいもを選ぶときは、できるだけさつまいもの表面に傷がついていないか見分けてください。

更に、表面に傷がついているとそこから腐りやすく賞味期限も短くなってしまうので注意してください。

ふっくらと丸みのある形のもの

甘いさつまいもの見分け方でふっくらと丸みの形があるものっていうのは

レモンやラグビーボールのような形をしているさつまいもっていうことです。

さつまいもの形は品種などによっても違いがありますが、できるだけ真ん中部分がふっくらと丸みを帯びていて

両端が細くなっている紡錘形のものが、しっかりと成長して成分や水分も多く甘いさつまいもです。

なので、ふっくらと丸みのある形のさつまいもを見分けて選んでください。

皮の色が濃い赤いもの

甘いさつまいもの見分け方で皮の色が濃い赤いものっていうのは

さつまいもの皮の色が濃い赤いものは、しっかりと成熟して甘いさつまいもです。

逆にさつまいもの皮の色が、明るい感じの赤色だったりすると、まだ成熟していないさつまいもです。

そして、皮の色が濃かったり明るかったりムラがあるものもまだ成熟していないので

皮の色が全体的にしっかりと濃い赤いさつまいもかどうかを見分けてください。

ひげ根が少ないもの

甘いさつまいもの見分け方でひげ根が少ないものっていうのは

さつまいもにひげ根が多くついていると、ひげ根に栄養素を多く取られてしまっているのであまり甘くないさつまいもです。

なので、ひげ根の少ないさつまいもの方がしっかりと栄養素が含まれていて甘くて美味しいさつまいもです。

スポンサーリンク

同じ大きさなら重たいもの

甘いさつまいもの見分け方で同じ大きさなら重たいものっていうのは

さつまいもの姿や形が同じような場合は、持って重たい方が成分や水分がしっかりと含まれているので甘くて美味しいさつまいもです。

これらが、甘いさつまいもかどうかを見分ける簡単な見分け方のポイントです。

甘いさつまいものおすすめの品種と特徴

甘いさつまいもの見分け方については、わかってもらえたと思います。

そして、さつまいもには色々な品種があり、それぞれに食べた時の美味しさの特徴などが違います。

そこで、スーパーなどで売られているさつまいもの品種の中で、特に甘いさつもいものおすすめの品種は

紅はるか
安納芋
シルクスイート

などです。

紅はるかの特徴

甘いさつまいものおすすめの品種で紅はるかの特徴は、食べた時にしっとりとした触感の甘さです。

紅はるかは、九州地方で作られているさつまいもで

食べごろの時期は、11月下旬~1月くらいです。

紅はるかは、加熱して焼き芋などにすると糖度が60度になるので、さつまいもの品種の中でもトップクラスの甘さです。

そして、水分が比較的少ないので食べた時にしっとりとして触感が特徴です。

安納芋の特徴

甘いさつまいものおすすめの品種で安納芋の特徴は、食べた時にねっとりとした触感の甘さです。

安納芋は、種子島で作られているさつまいもで

食べごろの時期は、10月下旬~1月くらいです。

安納芋は、さつまいもの品種の中では一番有名なさつまいもです。

水分も多く、加熱して焼き芋などにすると濃度が40度ほどになるので紅はるかの次に甘いさつまいもです。

水分が多いのに、食べた時にねっとりとした感触があるのが特徴です。

シルクスイートの特徴

甘いさつまいものおすすめの品種でシルクスイートの特徴は、なめらかな触感の甘さです。

シルクスイートは、茨城県や福島県で作られているさつまいもで

食べごろの時期は、11月~2月くらいです。

シルクスイートは、紅はるかや安納芋などと比べると濃度が低く加熱して焼き芋などにしても濃度は10度くらいですが

他の品種のさつまいもよりも濃度は高いですし、水分も多いで食べた時になめらかな触感があるのが特徴です。

これらが、スーパーなどでよく売られているさつまいもの品種の中でも甘くて美味しいおすすめのさつまいもの品種です。

焼き芋を簡単に作れる電子レンジやオーブントースターでの作り方については、コチラの記事に書いてあります。

焼き芋の簡単な電子レンジやトースターでの作り方!

まとめ

甘いさつまいもの見分け方はコレ!おすすめの品種と特徴!について書いていきました。

甘いさつまいもの見分け方のポイントは

・端から黒い液体が出ているもの
・表面のくぼみが浅いもの
・表面に傷がないもの
・ふっくらと丸みのある形のもの
・皮の色が濃いもの
・ひげ根が少ないもの
・同じ大きさなら重たいもの

などをチェックしてください。

そして、色々なさつまいもの品種がある中で、スーパーなどによく売られている品種の中でおすすめの甘いさつまいもの品種は

・紅はるか
・安納芋
・シルクスイート

などです。

どれも甘くて美味しいさつまいものの品種ですが、それぞれに特徴として食べた時の触感などに違いがあります。

さつまいもを美味しく長持ちさせる保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

さつまいもを美味しい状態で保存しておく方法!

さつまいもが腐っているか食べることができるかの確認方法については、コチラの記事に書いてあります。

さつまいもが腐っているか食べれるか見分け方!

焼き芋が余った時の正しい保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

焼き芋が余った時の保存方法!

スポンサーリンク