みかんを甘くする方法はどうすればいいのか

みかんを食べた時に、酸っぱいと結構ショックですよね。

そんなみかんが酸っぱい時に、甘くて美味しいみかんにする簡単でおすすめの5つの方法と

酸っぱいみかんを食べずに美味しく活用する便利な酸っぱいみかんの活用法などについて書いていきます。

酸っぱいみかんも簡単に甘いみかんに変えて美味しく食べることができるので一度試してみてください。

スポンサーリンク

みかんを甘くする方法おすすめ5つ

みかんを甘くする方法は、色々ありますがその中でも特におすすめの5つの方法があります。

みかんを食べた時に、甘味よりも酸味が強くて酸っぱく感じてしまうのは、みかんに含まれているクエン酸が多いからです。

クエン酸が多いといくら糖度が高くてもみかんは酸っぱくなってしまいます。

なので、すっぱいみかんを甘くするには、できるだけみかんに含まれているクエン酸を少なくしていくことがコツです。

そこで、みかんを甘くする方法で簡単なおすすめの5つの方法は

手で揉む
40℃のお湯に入れる
電子レンジで加熱する
リンゴの横に置いておく
焼く

です。

手で揉む

みかんを甘くする方法で、みかんを手で揉むっていうのは、普通に手でみかんを掴んで揉んでください。

みかんを揉むことで、みかんの細胞が少し傷みます。

このみかんの細胞が少し傷むと、みかんはそれを修復しようとしてクエン酸を多く消費します。

そうすると、みかんに含まれているクエン酸が少なくなるので、みかんが甘くなります。

みかんを手で揉んで食べる食べ方

みかんを手で揉んで食べる食べ方は

みかんを手で数分揉む

冷蔵庫に2~3時間入れておく

です。

まずは、手のみかんを少し強めに数分揉みます。

そして、それから一度冷蔵庫に入れて2~3時間冷やしておきます。

この冷蔵庫に2~3時間入れておくことで、クエン酸が効率よくみかんの修復をしてくれるのでクエン酸をうまく消費していくことができます。

手で揉んだ後にすぐにみかんを食べても、クエン酸がうまく消費されていないので甘くなっていないので注意してください。

40℃のお湯に入れる

みかんを甘くする方法で、みかんを40℃のお湯に入れるっていうのは、お湯でみかんを温めることでクエン酸をうまく分解していきます。

みかんを温めることで、アコニターゼという酵素が活性化されます。

それによって、クエン酸をうまく分解していってくれてみかんが甘くなります。

みかんをお湯で温めて食べる食べ方

みかんをお湯で温めて食べる食べ方は

40℃ほどのお湯を準備する

お湯の中にみかんを15分ほど入れておく

冷蔵庫で少し冷やす

です。

まずは、40℃ほどのお湯を準備して、その中にみかんを15分ほど入れておいてください。

これで、クエン酸がうまく分解されていきます。

お湯から取り出して、そのままみかんを食べてもいいのですが、より甘くして食べるには冷蔵庫で少し冷やしてください。

みかんは、冷やすことでより糖度が高くなり甘くなります。

電子レンジで加熱する

みかんを甘くする方法で、電子レンジで加熱するっていうのは、お湯で温めるのと同じでクエン酸をうまく分解していきます。

みかんを電子レンジで加熱して食べる食べ方

みかんを電子レンジで加熱して食べる食べ方は

みかんを少し切る

500wで約20秒ほど加熱する

冷蔵庫で少し冷やす

です。

まずは、みかんを少し包丁などで切って切れ目をつけてください。

切れ目を入れずに、そのまま電子レンジで加熱するとみかんが爆発してしまうので注意してください。

電子レンジで加熱する時間は、500wでだいたい20秒ほどで十分です。

後は、一旦冷蔵庫に入れて冷やしてから食べてください。

スポンサーリンク

リンゴの横に置いておく

みかんを甘くする方法で、リンゴの横に置いておくっていうのは、みかんを追熟させてクエン酸を消費させていきます。

みかんは、保存しておくと自然と追熟していきクエン酸が少なくなって甘くなります。

なので、日陰などでみかんを保存しておけばいいのですが、それだと日数がかかってしまいます。

しかし、リンゴの横に置いておくことで、リンゴから発生するエチレンガスによって追熟を早めてくれます。

みかんをリンゴの横に置いて追熟させて食べる食べ方

みかんをリンゴの横に置いて追熟させて食べる食べ方は

リンゴとみかんをビニール袋に入れる

そのまま冷蔵庫に入れておく

です。

リンゴは他の果物なども追熟させるので、必ずビニール袋に入れて密封して冷蔵庫に入れて置いてください。

そして、あまり長時間リンゴと一緒に置いておくと、追熟し過ぎてしまうので、こまめにチェックしておいて取り出して食べてください。

焼く

みかんを甘くする方法で焼くっていうのは、みかんを焼くことでクエン酸をうまく分解することができますし

更に甘味をアップさせることができます。

みかんを焼いて食べる食べ方

みかんを焼いて食べる食べ方は

みかんを一度水で洗う

水を綺麗に拭き取る

オーブントースターやフライパンで焼く

です。

焼いたみかんは、そのまま皮ごと食べることができます。

なので、一度みかんを軽く水洗いして水分を拭き取ってからオーブントースターやフライパンなどで焼いてください。

みかんの皮が少し焦げてきたら、焼くのを止めてそのまま食べてもいいですし

一度、冷蔵庫で冷やしてから食べてもどちらでも甘く美味しく食べることができます。

これらの5つの方法が、酸っぱいみかんを甘くして食べるおすすめの方法です。

みかんを食べることで美肌効果が得られる秘密や1日に食べる個数などについては、コチラの記事に書いてあります。

みかんの美肌効果の秘密と食べる量!

酸っぱいみかんのうまい活用法

酸っぱいみかんを甘くして食べる方法については、わかってもらえたと思います。

しかし、みかんっていうのは段ボールで買ったりすることが多く大量にあることが多いですよね。

なので、上記で書いた方法で甘くして食べることもできますが、それでもまだ酸っぱいみかんが多くある時などは困ってしまいます。

そこで、酸っぱいみかんのうまい活用法があります。

それは、みかんで「みかんジャム」を作ることです。

みかんジャムを作ることで、酸っぱいみかんを10数個一気に使うことができますし美味しくみかんジャムをつけて食べることができます。

みかんジャムの簡単な作り方

みかんジャムの簡単な作り方は、まずは

・みかん5~10個
・砂糖
・レモン汁
・紅茶の葉

を準備します。

それから

みかんの皮を剥く

手ごろな大きさに切る

鍋に切ったみかんを入れる

砂糖を入れて弱火で15分ほど煮る

火を止めて15分ほどそのままにしておく

レモン汁を入れて強火で一度沸騰させる

沸騰したら火を止めて紅茶の葉を入れる

です。

これで、美味しい「みかんジャム」を簡単に作ることができます。

「みかんジャム」は密封した容器に入れて保存しておけば半年以上保存しておくことができますし

使っていても2週間ほどは使うことができます。

これが、酸っぱいみかんのうまい活用法です。

みかんの皮を食べると得られる効果と便利な皮の利用方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

みかんの皮を食べる効果と便利な利用方法!

まとめ

みかんを甘くする方法おすすめ5つ!酸っぱいみかんの活用法!について書いていきました。

みかんが酸っぱいのは、クエン酸が多く含まれているからです。

なので、みかんを甘くするには、うまくクエン酸を消費したり分解していくことで甘いみかんにしていくことができます。

みかんを甘くするおすすの簡単な方法は

手で揉む
40℃のお湯に入れる
電子レンジで加熱する
リンゴの横に置いておく
焼く

などがあります。

そして、酸っぱいみかんのうまい活用法としては、「みかんジャム」を作ることで美味しく食べていくことができます。

美味しいみかんの簡単な見分け方については、コチラの記事に書いてあります。

甘くて美味しいみかんの見分け方!

腐ってしまったみかんの簡単な見分け方については、コチラの記事に書いてあります。

腐ってしまったみかんの見分け方はコレ!

みかんを美味しい状態で長持ちさせる保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

みかんを美味しく保存しておく方法!

スポンサーリンク