美味しい甘いみかんの見分け方は、どこを見て見分けることができるのか

みかんを買う時っていうのは、少しでも甘くて美味しいみかんを選びたいですよね。

そこで、甘くて美味しいみかんの簡単な見分け方のポイントや

段ボールの箱に入っているみかんの場合の見分け方

そして、みかんが甘くない時に甘いみかんにする簡単な対処法などについて書いていきます。

みかんを食べる時っていうのは、甘くて美味しいみかんを食べたいですからね。

スポンサーリンク

美味しいみかんの見分け方のポイント

美味しいみかんっていうのは、食べた時に甘味があるみかんですよね。

しかし、実際にみかんを食べてみないと甘くて美味しいみかんかどうかっていうのはわからないんじゃないの?って思ってしまいますが

実は、みかんを見たり触ったりすることで甘くて美味しいみかんかどうかを見分けることができる簡単な見分け方があります。

そこで、甘くて美味しいみかんかどうかを見分ける見分け方のポイントは

赤みが濃い
表面がツルツルしている
小さくて重たい
ヘタが小さい
ヘタも黄色い

この5つです。

赤みが濃い

美味しいみかんの見分け方のポイントで、赤みが濃いみかんっていうのは

赤みが濃いっていうことは、それだけ日光を沢山浴びてしっかりと熟しているみかんです。

なので、それだけ糖分もしっかりと出ていて甘くて美味しいみかんになります。

表面がツルツルしている

美味しいみかんの見分け方のポイントで、表面がツルツルしているっていうは、みかんの皮のきめが細かいみかんです。

みかんの表面がツルツルしていてきめが細かいみかんっていうのは、木の枝にぶら下がっていた時に枝の先端にぶら下がっていたみかんです。

木の枝の先端にぶら下がっていることによって、木の枝の根元や真ん中にぶら下がっていたみかんよりも木の枝から水分をあまり多くもらっていない状態です。

なので、みかんの中にもあまり水分が多く含まれていないので、糖分が水分で薄くなっていなくて甘くて美味しいみかんになります。

小さくて重たい

美味しいみかんの見分け方のポイントで、小さくて重たいっていうのは

小さくて重たいみかんっていうのは、それだけ糖分がギュッと濃縮されている状態です。

なので、大きくて軽いみかんよりも重たい重量感のあるみかんの方が甘くて美味しいみかんになります。

ヘタが小さい

美味しくみかんの見分け方のポイントで、ヘタが小さいっていうのは

みかんは上にヘタがついていますよね。

そのみかんのヘタが小さいみかんっていうのは、木の枝の先の方にぶら下がっていたみかんです。

なので、先ほども書いたように木の枝の先の方にぶら下がっていたみかんの方が木の枝から水分をあまり多く吸収していないので、甘くて美味しいみかんになります。

ヘタも黄色い

美味しいみかんの見分け方のポイントで、ヘタも黄色いっていうのは

みかんのヘタっていうのは緑色していますよね。

それが、緑色よりも黄色い黄緑色しているヘタの方がより日光を多く浴びているみかんです。

なので、ヘタも黄色いみかんの方が、甘くて美味しいみかんになります。

これの5つが、甘くて美味しいみかんかどうかを見分ける時の見分け方のポイントになります。

スポンサーリンク

箱に入っているみかんの美味しいかどうかの見分け方

甘くて美味しいみかんの見分け方のポイントについては、わかってもらえたと思います。

しかし、みかんを買う時っていうのは段ボールなどの箱に大量に入っているみかんを買う時もありますよね。

箱に入っているみかんは、実際に見たり触ったりすることができないので上記で書いた見分け方ができません

そこで、箱に入っているみかんが美味しいみかんかどうかを見分けて買うポイントは

みかんの箱に印字されている「秀」「優」「無印」をチェックしてください。

「秀」って箱に印字されているみかんが一番甘くて美味しいみかんの箱です。

そして、「秀」の次に甘くて美味しいみかんの箱が「優」って印字されているみかんです。

印字がされていない「無印」のみかんの箱は、一番甘味が少ないみかんの箱になります。

なので、段ボールなどの箱に入っているみかんを購入するときは、「秀」と印字されているみかんの箱を選んで買うようにしてください。

腐ったみかんの見分け方については、コチラの記事に書いてあります。

みかんが腐っているか確認する方法!

みかんが甘くない時の対処法

甘くて美味しいみかんの見分け方のポイントについては、わかってもらえたと思います。

しかし、いくら甘くて美味しいみかんの見分け方をして買ったみかんでも、あまり美味しくない甘くないみかんの場合があります。

そんな、みかんが甘くない時の対処法は

みかんを手で揉んで冷蔵庫で冷やしてから食べる
みかんを一度温めてから冷やして食べる

です。

みかんを手で揉んでから冷蔵庫に入れて冷やして食べることで、みかんに含まれているクエン酸の量が少なくなって甘い美味しいみかんにかわります。

そして、みかんを一度お湯で温めたり、電子レンジで加熱することでもみかんに含まれているクエン酸の量を減らすことができて甘い美味しいみかんい変わります。

これが、みかんが甘くなかった時の甘くて美味しいみかんにする簡単な対処法です。

酸っぱいみかんを甘くして食べる方法については、コチラの記事に詳しいやり方などが書いてあります。

酸っぱいみかんを甘くする対処法はコレ!

まとめ

美味しいみかんの見分け方のポイント!甘くない時の対処法も!について書いていきました。

甘くて美味しいみかんかどうかを簡単に見分ける見分け方のポイントは

赤みが濃いみかんを選ぶ
表面がツルツルしているみかんを選ぶ
小さくて重たいみかんを選ぶ
ヘタが小さいみかんを選ぶ
ヘタも黄色いみかんを選ぶ

の5つがあります。

そして、段ボールなど箱に入っているみかんを買う時の見分け方は

段ボールの箱に「秀」と印字されているみかんの箱が一番甘くて美味しいみかんが入っている箱です。

後、みかんが酸っぱくて甘くない時の対処法は、手で揉んでから食べるか

一度みかんを温めてから食べることで酸っぱいみかんを甘いみかんにすることができます。

みかんを食べると肌が綺麗なる美肌効果の秘密や1日に食べる個数などについては、コチラの記事に書いてあります。

みかんが肌を綺麗にする秘密と食べる量!

みかんの皮の栄養効果や美味しく食べる方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

みかんは皮も食べる?美味しい食べ方!

みかんを美味しい状態で長持ちさせる保存方法については、コチラの記事に書いてあります。

みかんを美味しく長持ちさせる保存方法!

スポンサーリンク