マスクの正しい使い方をしていますか

風邪やインフルエンザや最近ではコロナウイルスなどの予防や花粉など

空気中に蔓延している様々な菌が鼻や口に入らないように予防していくのにかかせないマスク

しかし、そんなマスクも正しい使い方をしないと効果がありません

そこで、マスクの正しい使い方として必ず確認してほしい

マスクの表裏や上下、正しいつけ方や外し方

そして、使っているマスクの交換時期などについて書いていきます。

スポンサーリンク

マスクの正しい使い方はコレ

風邪やインフルエンザやコロナウイルスなどにかからないようにする予防対策としてかかせないないのが、マスクの着用です。

マスクをすることによって、空気中に漂っている菌が鼻や口などから体内に侵入してくるのを防いでいきます。

しかし、そんなマスクも正しい使い方をしないと、マスクの効果を十分に発揮することができなくてしっかりと予防していくことができません

そこで、マスクの効果をしっかりと得る為の正しいマスクの使い方のポイントは

マスクの表裏を間違えないこと
マスクの上下を間違えないこと
マスクをしっかりと鼻や口にフィットさせること

です。

マスクの表裏の確認方法

マスクの正しい使い方として、まずはマスクをつける時にマスクの表裏をしっかりと確認してください。

マスクの表裏を間違えて逆につけてしまうと、マスクの効果をうまく発揮することができません

そこで、マスクの表裏の確認方法は

マスクのゴム紐の接着面が外側にある方が表面
プリーズのひだ(折り目)がある面が表面

です。

この表面が外側にくるようにマスクをつけていきます。

マスクのゴム紐の接着面が外側にある方が表面

これは、僕も間違えていたのですが、マスクのゴム紐の接着面が外側にある方が表面です。

マスクのゴム紐の接着面が外側にあることによって、マスクをつけた時に、そのゴム紐がしっかりとマスクの側面を抑えてくれて隙間を無くしてくれます。

プリーズのひだ(折り目)がある面が表面

プリーズのひだ(折り目)がある面が表面っていうのは、マスクには種類によってプリーズと言われるひだ(折り目)がついているタイプがあります。

このプリーズのひだ(折り目)がついている面がマスクの表面で外側にくるようにつけます。

これが、マスクの正しい使い方で、まずは表裏の確認方法でしっかりと表面が外側にくるようにマスクをつけてください。

マスクの上下の確認方法

マスクの正しい使い方のマスクの表裏の確認方法については、わかってもらえたと思います。

そして、マスクの表裏を確認したら、次はマスクの上下を確認していきます。

マスクの上下の確認方法は

ノーズワイヤーが入っている方が上
プリーズの溝が下にくるようにする

です。

ノーズワイヤーが入っている方が上

ノーズワイヤーが入っている方が上っていうのは、マスクにはノーズワイヤーと言われる少し硬くなっている部分があります。

このノーズワイヤーを鼻に押し付けることで、鼻の形にマスクが変形してくれます。

なので、ノーズワイヤーが入っている方を上にして、ノーズワイヤーがしっかりと鼻に当たるようにしてください。

プリーズの溝が下にくるようにする

プリーズの溝が下にくるようにするっていうのは、ノーズワイヤーがついていないマスクの場合の確認方法です。

プリーズの溝が上にくるようにつけてしまうと、その溝に菌やホコリなどが溜まってしまいます。

なので、プリーズの溝が下にくるようにマスクをつけてください。

これが、マスクの正しい使い方のマスクの上下の確認方法です。

スポンサーリンク

マスクのつけ方

マスクの正しい使い方の表裏と上下の確認方法については、わかってもらえたと思います。

そして、マスクの表裏と上下をしっかりと確認したら、次はマスクの正しいつけ方です。

マスクの正しいつけ方は

マスクをつける前に手を綺麗に洗う

マスクを上下に引っ張る

両耳にマスクのゴムをかける

ノーズワイヤーを鼻にしっかりとフィットさせる

です。

まずは、マスクをつける前にしっかりと手を綺麗に洗ってください。

手を洗わずにマスクに触ってしまうと、手についている菌やホコリなどがマスクに付着してしまいます。

そして、マスクの端を摘まんで上下に引っ張ります。

よくマスクをつけた後に、マスクを伸ばすことがありますが、それだとマスクが変な形になってしまいます。

なので、マスクをつける前に上下に引っ張ってマスクの形を整えてからマスクをつけていくようにしてください。

そうすることで、しっかりとマスク全体がフィトするようになります。

そして、マスクのゴムを両耳にかけた後に、最後にしっかりとノーズワイヤーを鼻に押し当てて鼻にフィットするようにします。

これが、マスクの正しいつけ方です。

寝ている時もマスクをつけるのがおすすめの理由と寝るとき用のマスクの種類などについては、コチラの記事に書いてあります。

マスクをつけて寝る効果と寝る用マスクの種類!

マスクの外し方

マスクの正しいつけ方については、わかってもらえたと思います。

そして、マスクをつけている時に、一旦外すことなどがありますよね。

そこで、マスクの正しい外し方は

マスクに触る前に手を綺麗に洗う

マスクのゴムを摘まんで外す

必ずしっかりと顔から取る

です。

まずは、マスクをつける時と同じで、必ず手を綺麗に洗ってください。

そして、マスクの表面を触らないようにして、ゴムを摘まんで外してください。

マスクの表面には、菌やホコリなどが多く付着しているので、触れないようにしてください。

そして、そのままマスクを捨てる場合は、ビニール袋に入れてから処分するようにしてください。

そして、マスクを外す時に一番注意してほしいことは、しっかりと顔から取ることです。

よく、マスクを一時的に外す時に、アゴなどにマスクをずらしたりすることがあります。

しかし、マスクをアゴにずらしてしまうと、アゴに付着している菌などが、マスクの内側にそのまま付着してしまいます。

なので、マスクを外す時は、しっかりとアゴなどにひっかけずに顔から外してください。

これが、マスクの正しい外し方です。

マスクの正しい交換時期

マスクの正しい使い方については、わかってもらえたと思います。

そして、使っているマスクの正しい交換時期は

一日つけた時
マスクが湿ってきた時
マスクを数分間外した時

などです。

マスクは基本的に一日つけていたマスクは、必ずその日だけ使って、次の日は新しいマスクをつけてください。

一日つけていることで、マスクの表面には多くの菌やホコリが付着してしまっていますし

マスクの内側も汚れてしまっています。

そして、マスクが湿ってきた時も新しいマスクに交換してください。

マスクが湿ってくると、マスクに雑菌などが多く繁殖しやすくなってしまいます。

なので、マスクが湿ってきた時は、一日使用していなくても新しいマスクに交換してください。

後は、つけているマスクを数分間外した時も、新しいマスクに交換してください。

マスクを一日に何回も新しいマスクに交換するのは、もったいないと思ってしまいますが

汚れてしまっているマスクをつけていると、余計に菌などが体内に入ってきてしまい

風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなってしまいます。

なので、マスクはこまめに交換して常に綺麗な状態で使っていくようにしてください。

使い捨てマスクの正しい保管の仕方や使用期限などについては、コチラの記事に書いてあります。

使い捨てマスクの保管の仕方と使用期限はコレ!

マスクが臭くなりやすい原因や臭くなってしまった時の対処法としておすすめの対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

マスクが臭い時のにおい取り対策!

まとめ

マスクの正しい使い方はコレ!表裏や上下やつけ方!交換時期は!について書いていきました。

マスクの正しい使い方は

表面と裏面を間違えずにつけること
上下を間違えずにつけること
しっかりとフィットさせてつけること
常に綺麗なマスクをつけていること

です。

マスクは正しくつけて使うことで、風邪やインフルエンザやコロナウイルスなどの菌を予防していくことができます。

多くの人が、間違ったマスクの使い方をしてしまっているので、正しいマスクの使い方を毎日心がけるようにしていってください。

使い捨てマスクは洗っても効果があるのか、マスクの洗い方や乾かし方などについては、コチラの記事に書いてあります。

使い捨てマスクを再利用する洗い方と乾かし方!

マスクが品切れで買えない時の対策としておすすめの代用マスクと手作りマスクの簡単な作り方については、コチラの記事に書いてあります。

マスクが無い時の代用マスクの作り方!

マスク焼けを目立たなく隠す方法とマスク焼けしないケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

マスク焼けの誤魔化し方とケア対策!

マスクによる熱中症を防いでいくケア対策と応急処置のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

マスク熱中症の対処法と防ぐ対策方法!

スポンサーリンク