靴やサンダルなどでガムを踏んでしまい、裏にガムがべっとりとくっついてしまうことがあります。

ガムっていうのは、すぐに取れそうでもなかなかうまく取っていくことってできないですよね。

そんな靴にガムがついてしまった時のガムを簡単にきれいに落としていく取り方やコツについて書いていきます。

靴の裏についたガムをうまく取っていく対処法は、ガムの状態によって色々あります。

スポンサーリンク

靴についたガムを簡単に落とすコツ

靴でガムを踏んでしまい靴の裏にガムがべっとりとくっついてしまった時って物凄くショックですよね。

うわーガムを踏んでしまったよって・・・

歩いているうちに、自然とガムが取れればいいのですが、そう簡単にはガムっていうのはとれないですよね。

そこで、靴についてしまったガムを簡単に落としていくコツとして

まずは

ガムを踏んですぐの柔らかい状態
ガムを踏んで時間が経って固くなっている状態

どちらの状態のガムを取っていくのかチェックしてください。

ガムを踏んですぐの柔らかい状態のガムを落としていく取り方がありますし

ガムを踏んで時間が経ち固くなっている状態のガムを落としていく取り方があります。

それぞれで靴についたガムを簡単にきれいに落としていく取り方が違ってきます。

靴についたガムが柔らかい時の取り方

靴についているガムが柔らかい時のガムの取り方としては

ポケットティッシュを使う
ビニール袋を使う
レシートを使う
ガムを冷やしてから取る

4つの方法があります。

ポケットティッシュを使うやり方

靴についた柔らかいガムの取り方として、ポケットティッシュを使うやり方っていうのは、まずは使っていない新しいポケットティッシュを準備します。

ポケットティッシュのミシン目を裏にして地面に置く

ポケットティッシュを靴で踏む

ポケットティッシュをつけたまま少し歩く

です。

ポケットティッシュを入れているビニール袋は、靴の裏よりもガムがくっつきやすいです。

なので、ポケットティッシュをつけて歩くことによって、ガムがポケットティッシュの方にくっついてくれて、うまく靴の裏から剥がれてくれます。

この時に、ティッシュ自体がガムにくっついてしまってはいけないので、必ずポケットティッシュの入り口を裏にして靴で踏むようにしてください。

そして、ティッシュがいっぱい入っている方が、ティッシュがクッションになってうまくガムをくっつけてくれるので、新しいポケットティッシュを使うようにしてください。

ビニール袋を使うやり方

ビニール袋を使うやり方もポケットティッシュと同じで、ビニール袋にガムをくっつけてとっていく取り方です。

ビニール袋の中にタオルなどを入れて口を縛ってから靴で踏んでください。

空の何も入っていないビニール袋だと、踏んだ時にうまくガムがビニール袋にくっついてくれなくなってしまいます。

レシートを使うやり方

レシートを使うやり方は、どんなレシートでもいいので準備します。

レシートの印字してある面をガムにくっつける

レシートがついた状態で靴の裏を地面に強く押さえつける

です。

レシートは感熱紙で、印字されている面は、普通の紙よりも表面がツルツルです。

なので、ガムがくっつきやすいので靴裏のガムがレシートにくっついてくれます。

ガムを冷やしてから取るやり方

ガムを冷やしてから取るっていうのは、上記の3つの方法でうまくガムが取れなかった時です。

柔らかい状態のガムを急激に冷やして固くするとガムの粘着力が弱くなってうまく靴の裏から取りやすくなります。

ガムを急激に即効で冷やすのにおすすめの方法は

コールドスプレーをかける
ビニール袋に氷や保冷剤を入れて冷やす

などです。

ガムが冷えた後は、割りばしやタオルなどでガムをゆっくりと剥がして取っていきます。

スポンサーリンク

靴についたガムが固い時の取り方

靴についてしまっているガムがすでに時間が経ってしまい固くなってしまっている時の取り方は

サラダ油やオリーブオイルを使う
消毒用アルコールを使う

などです。

サラダ油やオリーブオイルを使うやり方

サラダ油やオリーブオイルを使うやり方は、油をつけることでガムを少し溶かして剥がれやすくさせて取っていきます。

紙皿などにサラダ油やオリーブオイルを少し入れる

靴をしばらく紙皿につけておく

歯ブラシで磨く

細かい部分はつまようじなどで取る

濡れタオルなどで靴の裏を綺麗に拭き取る

です。

サラダ油やオリーブオイルなどが、靴の表面についてしまうとシミになったりしてしまうことがあるので注意してください。

消毒用アルコールを使うやり方

消毒用アルコールを使うやり方は、ガムの粘着力を弱めてガムをとっていく取り方です。

やり方は、サラダ油やオリーブオイルなどと同じで紙皿などに消毒用アルコールなどを入れて、靴の裏につくようにして、しばらく放置してください。

その後に、また歯ブラシやつまようじなどを使ってガムを取っていきます。

綺麗にガムが取れた後は、また濡れタオルなどで消毒用アルコールを綺麗に拭き取っていってください。

消毒用アルコールも靴の表面などについてしまうと、シミになってしまったりすることがあるので注意をして行っていくようにしてください。

靴についたガムがこびりついて取れない時の対処法

靴についてしまったガムが、色々な方法を試しても頑固にこびりついてしまって、なかなか取れない時の対処法としては

除光液やベンジンを使う
ガム取りスプレーを使う

などです。

除光液やベンジンを使うやり方

除光液は、含まれているアセトンによってガムを溶かして剥がれやすくします。

ベンジンは、衣類についた油などの染み抜きなどにも使われる方法です。

除光液やベンジンを使って靴の裏に頑固にこびりついたガムを落としていくやり方は

コットンなどに液体を染み込ませる

コットンでガムを揉むようにして剥がしていく

です。

除光液やベンジンも靴の表面についてしまうと、シミなどの原因になってしまうので注意しながら行っていくようにしてください。

ガム取りスプレーを使うやり方

ガム取りスプレーを使うやり方は、カーペットや床などについたガムをとっていくガム取りスプレーを使っていきます。

おすすめのガム取りスプレーとしては

ガムリムーバー
強力ガム取りクリーナー

などですね。

靴についてしまったカビを取っていく方法やカビがつかない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴のカビをうまく取っていく方法と予防対策!

車のマットやシートなどについてしまったガムを綺麗に取っていくやり方については、コチラの記事に書いてあります。

車のマットやシートのガムを取る方法!

衣類にガムがついてしまった時に簡単に綺麗にガムを剥がしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

服やズボンにガムがついた時の剥がし方!

まとめ

靴についたガムの取り方はコレ!簡単にきれいに落とすコツ!について書いていきました。

靴やサンダルなどの裏にガムがついてしまったのを取っていく取り方は

ガムがまだ柔らかい状態の時は

ポケットティッシュを使う
ビニール袋を使う
レシートを使う
ガムを冷やしてから取る

ガムが固くなってしまっている場合は

サラダ油やオリーブオイルを使う
消毒用アルコールを使う

などで、取っていくようにしてください。

そして、何をやってもなかなかこびりついたガムが取れない場合の対処法として

除光液やベンジンを使う
ガム取りスプレーを使う

などを使って、しっかりとこびりついてしまったガムを取っていってください。

靴の汚れを取っていく洗い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴の汚れをとっていく洗い方と注意すること!

靴が臭い時の臭いをうまくとっていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

靴の臭いをうまくとっていく方法!

髪についてしまったガムを簡単に綺麗にそして安全に取っていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

髪についたガムの簡単に取っていくやり方!

スポンサーリンク