赤口とは、いったいどんな意味がある日なのか

カレンダーに書かれている六曜の中の一つ赤口

赤口は、仏滅と同じでお祝い事などをするのは、良くない日と言われています。

しかし、仏滅とは違って、赤口でも時間帯によってはお祝い事をしても良い時間帯があります。

そこで、赤口の読み方や意味、そして気になる冠婚葬祭など

赤口の日にやって良い事や悪い事、そして注意してほしいことなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

赤口の六曜の意味と読み方

カレンダーに書かれている六曜の中の一つ赤口

赤口の読み方には、いくつかあって

じゃっこう
しゃっこう
しゃっく

などがあり、どの読み方をしても大丈夫です。

ちなみに、僕はずっと「あかくち」と読んでいて、間違っていたので注意してください。

そんな読み方も、あまり知られていない赤口ですが、赤口にはどんな意味があるのか、良い日なのか悪い日なのかっていうと

仏滅の次に良くない日とされています。

仏滅は、多くの人が知っていると思いますが、赤口も実は良くない日と言われていて

赤っていう字が

・火⇒火事
・血⇒怪我

などを連想させてしまうので、良くない日と言われています。

じゃ、仏滅と全く同じで一日中良くない日、注意しなくてはいけない日なのかというと、そうではなくて

赤口でも午前11時から午後1時までの2時間は、吉とされています。

仏滅⇒一日中「凶」で良くない日

赤口⇒午前11時から午後1時までの間は「吉」で、それ以外の時間帯は「凶」で良くない日

という違いがあるので、仏滅の次に良くない注意しなくてはいけない日とされています。

六曜の順番は

先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口なので、なるべく赤口の日は、仕事や私生活などで大きな決断をすることは避けて

その日は、ゆっくりと考えるだけにして、次の日の先勝の日の午前中に行動をとると良いですね。

先勝は、先手必勝っていう意味の日で、午前中に行動すると良い日と言われています。

先勝の意味ややって良い事と注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

先勝の日の意味と時間帯に注意!

赤口の結婚式やお祝い事をする時の注意点

赤口の日の意味などについては、わかってもらえたと思います。

赤口は、仏滅とは違って、午前11時から午後1時の時間帯は「吉」と言われています。

なので、結婚式やお祝い事もできるだけその時間帯にするのがおすすめです。

しかし、時間的に2時間しかないので、結婚式やお祝い事など縁起も担ぐことなどは、できるだけ避けた方がいいと言われています。

婚姻届けなどの入籍などは、役所に提出するだけなので、その時間帯に提出するのがおすすめです。

赤口の納車や引っ越しも注意

納車や引っ越しなども赤口の日は、できるだけ避けた方がいいです。

先ほども書きましたが、怪我や火事などを連想してしまう日です。

納車の場合は、事故など怪我に注意しなくてはいけないですし

引っ越しの場合は、火事などの火災などに注意しなくてはいけません

新しい車や新居などは、できるだけ縁起が良い日に身も心も安心して行える日がいいですからね。

スポンサーリンク

赤口の日の法事や葬式

赤口の日の法事や葬式そして、お通夜などは、特に問題がありません

法事やお葬式やお通夜などで、六曜を気にしなければいけない日は、友引です。

なので、友引の日の法事やお葬式やお通夜、そして、先勝の日のお通夜です。

なので、赤口の日の法事や葬式やお通夜などは、特に心配することなく行ってもらっても大丈夫です。

カレンダーの六曜の友引に意味や気をつけた方がいいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

友引と大安の違いや注意すること!

赤口の日にやって良い事と悪い事のまとめ

赤口の意味!仏滅との違いややって良い事と悪い事について書いていきました。

カレンダーに書かれている六曜で、赤口は仏滅の次に良くないと言われている日です。

しかし、仏滅との違いは、赤口でも午前11時から午後1時までは、「吉」と言われています。

なので、お祝い事などをする場合は、その時間帯にするのがおすすめです。

赤口の日は、できるだけゆっくりと考えて何か行動をする時は、次の日の先勝の日の午前中にするといいですね。

六曜には順番がありますが、急にその六曜の順番が違う日が月に1~2回あります。

いったいどうして六曜の順番が違ってくるのか、その理由や日などについてはコチラの記事に書いてあります。

六曜の順番が変わってしまう日と理由!

先負の意味や一日の中で「吉」となる時間帯や「凶」となる時間帯などについてはコチラの記事に書いてあります。

先負の日の意味と良い時間帯!

大安の日に注意することや2019年の大安になっている日などについては、コチラの記事に書いてあります。

大安の意味や気になる2019年の日にち!

スポンサーリンク