ほくろが増える原因はいったい何?

顔や手や足など、いつの間にかほくろができていて増えてしまっていることがありますよね。

そこで、ほくろが増える原因はいったい何か

そもそも、ほくろはどうやってできるのか

ほくろが増えやすい人の特徴やほくろを自然に減らしていくことはできるのか

など、増えてしまうほくろについて書いていきます。

気づいたら、こんな場所にほくろができてしまっているっていうことが多いですからね。

スポンサーリンク

ほくろが増える原因

ほくろが今までなかった場所に急にほくろができてしまっていることがあります。

いつの間にほくろができてしまったんだろう?

できればほくろは無い方がいいですからね。

ほくろはどうしてできてしまうのかっていうと

ほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)という皮膚の中にある肌を紫外線などから守るメラニン色素を作り出す細胞の集まりです。

メラノサイト(メラニン細胞)が、一か所に多く集まってしまい黒っぽく変色したものが、ほくろです

ほくろには

・先天性
・後天性

の2つの種類があり

先天性のほくろ⇒生まれつきあるほくろで、ほとんどが親からの遺伝

後天性のほくろ⇒思春期ごろからできてくる

で、ほくろが増えるのは後天性のほくろです。

ほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)が集まってできます。

なので、ほくろが増える原因は、メラノサイト(メラニン細胞)が一か所に増えてしまうからです。

そこで、ほくろが増えるメラノサイト(メラニン細胞)が増える原因は

紫外線を多く浴びてしまう
肌のターンオーバーの乱れ

です。

紫外線を多く浴びてしまう

ほくろが増える原因になってしまう紫外線を多く浴びてしまうっていうのは

先ほども書いたようにメラノサイト(メラニン細胞)は、メラニン色素を作り出していく細胞です。

メラニン色素は、紫外線によって肌がダメージを受けてしまうのを守ってくれています。

なので、紫外線を多く浴びてしまうと、肌を守るためにメラニン色素を多く作り出していきます。

そこで、メラニン色素を多く作り出していくためにメラノサイト(メラニン細胞)も多く増えてしまい

それが、一か所に集まってほくろができてしまいます。

肌のターンオーバーの乱れ

ほくろが増える原因になってしまう肌のターンオーバーの乱れっていうのは

肌っていうのは表面の角質が傷んでしまうので、常に新しい角質を作り出していき古い角質が落とされていきます。

これを肌のターンオーバーといいます。

この肌のターンオーバーは、だいたい28日間で新しい角質を作り出して新しい角質に変わっていくのですが

この肌のターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が皮膚の表面に多く残ってしまいます。

古い角質が残ってしまうっていうことは、皮膚の中にあるメラノサイト(メラニン細胞)も残ったままの状態になってしまいます。

そこに、新しい角質に含まれているメラノサイト(メラニン細胞)も追加されていってしまいます。

それによって、メラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまいほくろが増えてしまいます。

これらが、ほくろが増える時に注意してほしい原因です。

スポンサーリンク

ほくろが増えやすい人の特徴

ほくろが増える原因については、わかってもらえたと思います。

ほくろが増えやすい人には特徴があります。

そこで、ほくろが増えやすい人の特徴は

紫外線を多く浴びている人
ストレスを抱え込みやすい人
睡眠不足の人
歳をとっている人(加齢)
肌に刺激を与えている人
ホルモンバランスが乱れている人

などです。

紫外線を多く浴びている人

ほくろが増えやすい人の特徴で紫外線を多く浴びている人っていうのは

日焼け止めなどの紫外線対策をあまりやっていない人ってことです。

先ほども書いたように、肌に紫外線を多く浴びてしまうとメラニン色素を多く作り出していく為にメラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまいます。

ほくろができやすい場所も顔や手や足など、紫外線が当たりやすい場所が多いですからね。

それだけ、紫外線を肌に直接浴びてしまうのは、ほくろが増えてしまう大きな原因になってしまいます。

ストレスを抱え込みやすい人

ほくろが増えやすい人の特徴でストレスを抱え込みやすい人っていうのは

ストレスをうまく発散したり解消することができにくい人っていうことです。

ストレスを溜め込んでしまうことによって肌のターンオーバーが乱れやすいからです。

ストレスを多く抱え込んでしまっていると、自律神経が乱れてしまったりして血液の循環が悪くなってしまいます。

血液の循環が悪くなってしまうと、肌のターンオーバーが正常に行うことができなくなって乱れてしまいます。

更に、ストレスによって体内のホルモンバランスも乱れてしまいそれも肌のターンオーバーが乱れる原因になってしまいます。

睡眠不足の人

ほくろが増えやすい人の特徴で睡眠不足の人っていうのは

肌のターンオーバーっていうのは、寝ている睡眠中に多く行われています。

睡眠中に分泌される成長ホルモンによって肌の修復などをしながら行われています。

なので、睡眠不足の人はそれだけ肌のターンオーバーがうまく行うことができなくなってしまい

それによって、肌のターンオーバーが乱れてほくろが増えやすくなります。

歳をとっている人(加齢)

ほくろが増えやすい人の特徴で歳をとっている人(加齢)っていうのは

どうしても歳をとってくると加齢によって細胞などの機能が低下してきてしまいますし

ホルモンバランスも乱れてきてしまいます。

それによって、肌のターンオーバーもうまくできなくなってきてしまい乱れてしまいます。

肌に刺激を与えている人

ほくろが増えやすい人の特徴で肌に刺激を与えている人っていうのは

・肌が痒くてよくかく人
・下着などで肌を強く圧迫している人

など、肌に強い刺激を多く与えてしまっている人です。

肌に刺激を多く与えてしまうと、その部分の皮膚の傷みが酷くなってしまい肌のターンオーバーがうまくできなくなってしまったり

その皮膚を守るためにメラニン色素を多く作り出そうとしてメラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまいます。

それによって、その場所にほくろができやすくなってしまいます。

ホルモンバランスが乱れている人

ほくろが増えやすい人の特徴でホルモンバランスが乱れている人っていうのは

・妊娠している人
・出産した人

など、女性ホルモンの分泌量が急激に増えたりしてしまった人です。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つの種類があります。

そのうちの女性ホルモンのプロゲステロンの分泌量が多くなってしまうと、メラニン色素も多く作り出されます。

メラニン色素が多く作り出されてしまうっていうことは、メラノサイト(メラニン細胞)も増えてしまいます。

それによって、ほくろが増えやすくなってしまいます。

これらが、ほくろが増えやすい人の特徴です。

ほくろが増えたのを減らすことはできる?

ほくろが増えやすい人の特徴については、わかってもらえたと思います。

そして、ほくろが増えてしまった時に一番心配で気になるのがほくろを減らしていくことはできるのかどうかですよね。

そこで、ほくろを減らしていくことはできます。

ただし、自然にほくろを消して減らしていくことはできません

ほくろを減らす方法としては

ほくろ除去クリームをつけて時間をかけて減らしていく
美容外科などでレーザー治療や除去手術をしていく

などです。

なので、ほくろが増えないように日ごろからしっかりとケア対策を心がけていってください。

ほくろを小さくすることはできるのか、ほくろ消す方法や増やさないための予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろは小さくできる?消す方法と増やさない対策!

まとめ

ほくろが増える原因!増えやすい人の特徴!減らすことはできる?について書いていきました。

ほくろには、先天性と後天性のほくろがあり

後天性の思春期を過ぎたくらいからできてしまうほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)が一か所に多く集まって黒っぽく変色してできてしまいます。

そして、ほくろが増える原因は

・紫外線を多く浴びてしまう
・肌のターンオーバーの乱れ

などによってメラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまうからです。

特に、ほくろが増えやすい注意してほしい人の特徴としては

・紫外線を多く浴びている人
・ストレスを抱え込みやすい人
・睡眠不足の人
・歳をとっている人(加齢)
・肌に刺激を与えている人
・ホルモンバランスが乱れている人

などの人です。

そして、ほくろは自然に減っていくことはないので、ほくろが増えないように日ごろからしっかりとケア対策を心がけてください。

ほくろが大きくなってきた時にまずはやってほしい対処法や注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろが大きくなってきた時の対処法と注意すること!

ほくろに太く長い毛が生えてきた時の正しい処理方法と注意することなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろの毛の処理方法と注意すること!

ほくろとしみの違いやどっちなのか見分ける方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろとしみは何が違う?見分け方はコレ!

スポンサーリンク