ほくろから生えている毛の処理方法はどうすればいいのか

なぜかほくろの毛っていうのは、太くて長い毛が多いですよね。

そんなほくろの毛の正しい処理方法や

いったいどうして、ほくろの毛は太く長くなってしまうのか原因と

ほくろの毛を処理する時に抜くのがダメな理由などについて書いていきます。

ほくろから太くて長い毛が生えているのは、目立ってしまい嫌ですからね。

スポンサーリンク

ほくろの毛の処理方法

ほくろからいつの間にか太く長い毛が生えてしまっていることがよくありますよね。

そんなほくろの毛は、目立ってしまうので早く処理してしまいたいですよね。

そこで、ほくろの毛の正しい処理方法は、ハサミなどで短く切ってカットすることです。

よく、ほくろの毛を抜いてしまったり剃ったりしてしまうことがありますが

ほくろの毛を抜いたり剃ったりしてしまうのは、ほくろだけじゃなくて皮膚にも悪い影響を与えてしまうので止めてください。

なので、ほくろの毛はハサミなどで短くカットして目立たないようにしてください。

なぜ、ほくろの毛を抜いたり剃ったりするのがダメなのか、詳しい理由については後に書いてあります。

ほくろの毛が太く長い原因

ほくろの毛の正しい処理方法は、ハサミなどで短くカットするっていうのは、わかってもらえたと思います。

そして、ほくろの毛っていうのは他の場所に生えてくる体毛と違ってなぜか太くて長いことが多いですよね。

ほくろに毛が生えるのは、特別なことではなくてごく普通のことです。

ほくろは、皮膚の中でメラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン細胞)が多くなり

それが集まってほくろになってしまいます。

そして、それはどこの場所の皮膚にも起こることなので、たまたま毛穴がある場所にほくろができてしまっただけです。

なので、ほくろからも普通に毛は生えてきてしまいます。

しかし、ほくろの毛っていうのは、他の場所に生えてくる体毛と違って伸びるのが早いですし太くて長いですよね。

そこで、いったいどうして、ほくろの毛は太く長いのかその原因は

ほくろがある場所は、血液の循環が良く栄養素が多く集まり毛を育てていく毛母細胞の働きが活発だからです。

ほくろの原因であるメラノサイト(メラニン細胞)が多く発生してしまうっていうことは、それだけ細胞分裂が活発に行われているからです。

この細胞分裂が活発に行われるのは、その部分の血行が良く血液の循環が良いからです。

なので、自然とほくろから生えてくる毛は、伸びるスピードが早くしかも太く長くなりやすいです。

これが、ほくろの毛が太く長い原因です。

スポンサーリンク

ほくろの毛の処理で抜くのがダメな理由

ほくろの毛が太く長い原因については、わかってもらえたと思います。

そして、ほくろの毛の正しい処理方法は、抜いたり剃ったりするのではなくてハサミ切ってカットすることです。

そこで、いったいどうしてほくろの毛を抜いたり剃ったりするのがダメなのか

その理由は、頻繁にほくろの毛を抜いたり剃ったりしてしまうことで

皮膚が傷んでしまう
ほくろが大きくなったり増えてしまう
悪性のほくろができてしまう

からです。

ほくろの毛に限らず、生えている毛を抜くと傷みを感じますよね。

それは、毛を抜くことで毛母細胞を無理やり引っ張ってしまっているからです。

この毛母細胞を無理やり引っ張ってしまうことで、その周辺の皮膚がダメージを受けて傷んでしまいます。

そして、皮膚が傷んでしまうと肌を新しく作り出して再生させる肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

この肌のターンオーバーが乱れてしまうことによって、古い角質が剥がれずに残ってしまい

それが原因で、ほくろが大きくなってしまったり増えてしまったりしてしまいます。

そして、ほくろっていうのは少し膨らんでいたりして肌に凹凸があります。

なので、剃ることによってほくろがある場所の皮膚を傷つけたりしてしまいます。

それによっても肌のターンオーバーが乱れてしまったりしてしまいます。

たまに、ほくろの毛を抜いたり剃ったりする分には、それほど皮膚に大きなダメージを与えることはないですが

頻繁に、同じ場所の毛を抜いたり剃ったりしてしまうと上記で書いたようなことが起こりやすくなってしまいます。

そして、普通のほくろだと思っていたほくろが、悪性のほくろ(メラノーマ)だった場合は

傷めてしまったりすることで症状が悪化してしまうこともあるので注意してください。

これらが、ほくろの毛の処理で抜くのがダメな理由です。

ほくろが大きくなってしまう原因と大きくなった時の対処法や注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろが大きくなってきた時の対処法と注意する原因!

まとめ

ほくろの毛の処理方法!太く長い原因と抜くのがダメな理由!について書いていきました。

ほくろの毛の正しい処理方法は、抜いたり剃ったりせずにハサミなどで毛をカットしてください。

ほくろの毛は、どうしても血液の循環が良く栄養が多く毛母細胞の働きが活発なので

他の場所に生える体毛と比べると太くなったり長くなったりしやすいです。

そして、ほくろの毛を頻繁に抜いたり剃ったりしてしまうと、皮膚を傷めてしまったり

ほくろが大きくなったり増えてしまったりしやすくなってしまいますし

普通のほくろではなくて、悪性のほくろ(メラノーマ)だった場合は、症状が悪化してしまうので注意してください。

ほくろが増えてしまう原因や増えやすい人の特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろが増えてしまう原因とは!

ほくろを小さくすることはできるのか、ほくろを消していく方法や大きくさせない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろは小さくできる?消していく方法と予防対策!

ほくろとしみの違いや見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろとしみの原因の違いや見分け方とは!

スポンサーリンク