ほくろとしみの違いは何か

いつの間にか肌に黒っぽいものができてしまっている時があります。

その正体は、「ほくろ」なのかそれとも「しみ」なのかわからないですよね。

そこで、ほくろとしみの違いは何か

ほくろとしみの簡単な見分け方のポイント

そして、ほくろやしみができる原因は同じなのか

などについて書いていきます。

スポンサーリンク

ほくろとしみの違いはコレ

ほくろとしみの違いっていうのはあまりよくわからないですよね。

ほくろもしみもいつの間にかできてしまっていて見た目もよく似ていますからね。

そこで、ほくろとしみの違いとして

・ほくろやしみができる仕組み
・ほくろとしみはどっちができやすいのか
・自己ケアで治していくことはできるのか

などについて書いていきます。

ほくろができる仕組み

ほくろができる仕組みっていうのは、ほくろは生まれつきある物もありますが

それ以外で後からできてしまったほくろは、皮膚の中にあるメラノサイト(メラニン細胞)が集まってできたものです。

メラノサイト(メラニン細胞)が多くなり、それが一か所に集まってできたものが、ほくろです。

しみができる仕組み

しみができる仕組みは、しみは生まれつきある物はありません

しみは、後から段々とできてきてしまいます。

しみは、皮膚の中にメラニン色素が色素沈着して多く残ってしまってできてしまいます。

メラニン色素っていうのは、肌を紫外線から守るもので普通に皮膚の中にあるもので

メラノサイト(メラニン細胞)で作られて分泌されます。

肌を紫外線から守るためにメラニン色素が色素沈着します。

そして、普通ならば色素沈着しても、肌のターンオーバーによって皮膚の表面にある古い角質が剥がれ落ちることで無くなりますが

肌のターンオーバーが乱れてしまうことで、古い角質が残ってしまい色素沈着したメラニン色素も残ってしまいます。

その色素沈着したメラニン色素が多く集まってしまい、それによってしみができてしまいます。

どっちができやすい?

ほくろができる仕組みとしみができる仕組みの違いについては、わかってもらえたと思います。

そこで、ほくろとしみはいったいどっちができやすいのかっていうと、しみの方ができやすいです。

ほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)が一か所に集中して合体してできますが

しみは、メラニン色素がバラバラに薄く周辺に集まってできているので、しみの方がほくろよりもできやすいです。

自己ケアで治していくことはできる?

ほくろやしみができてしまった時は、自己ケアなどで治していくことができるのかっていうと

ほくろもしみもできてしまったものは、どちらも自己ケアなどでは治していくことができません

しかし、しみの場合は、綺麗に治していくことはできませんが、自己ケアで薄くしていくことはできます。

ほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)が集まって合体してしまっているので、色を薄くしたり大きさを小さくすることもできませんが

しみの場合は、皮膚の表面に色素沈着したメラニン色素がバラバラに集まっているので

肌のターンオーバーの乱れを治し正常に機能させていくことで、古い角質が落ちていくので治すことはできませんが、色を薄くしていくことはできます。

これらが、ほくろとしみの違いです。

スポンサーリンク

ほくろとしみの見分け方はコレ

ほくろとしみの違いについては、わかってもらえたと思います。

そこで、これは「ほくろ」なのか、それとも「しみ」なのか

ほくろとしみの簡単な見分け方の目安としては

・形
・色
・大きさ
・できる場所

などで見分けていくことができます。

ほくろかしみの簡単な見分け方の目安で形っていうのは

ほくろの場合は

・1~2mmの小さいほくろの場合は、凹凸がなく平らな形

・2mm以上ある大きいほくろの場合は、少し凹凸があり膨らんでいる形

・ほくろを伸ばしても形が変わらない

などです。

しみの場合は

・しみの大きさに関係なく凹凸がなく平らな形

・しみを伸ばすと形が変形する

などです。

ほくろとしみの簡単な見分け方の目安で色っていうのは

ほくろの場合は、全体的に黒っぽい

しみの場合は、全体的に茶色っぽい

です。

大きさ

ほくろとしみの見分け方の目安で大きさっていうのは

ほくろの場合は、できる時はだいたい1~2mmと小さい

しみの場合は、できる時はだいたい3mm以上と大きい

です。

ただ、ほくろもしみもできてから大きくなっていくこともあります。

できる場所

ほくろとしみの見分け方の目安でできる場所っていうのは

ほくろの場合は、顔などにもできやすですが、体のどこの場所にもできやすい

しみの場合は、紫外線が当たる場所にできる

です。

なので、紫外線があまり当たらない場所にできた時は、ほくろのことが多いです。

これらが、ほくろとしみの簡単な見分け方の一応の目安です。

ほくろとしみができる原因は同じ?

ほくろとしみの簡単な見分け方の目安については、わかってもらえたと思います。

そこで、ほくろとしみは似ていますが、できてしまう原因も似ているのか同じなのかっていうと

ほくろもしみもできる原因は、ほとんど同じで似ています

ほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)の増加

しみは、メラニン色素の色素沈着の増加

が大きな原因です。

そして、どちらも増加する原因は

・紫外線の浴び過ぎ
・肌のターンオーバーの乱れ

によって起こってしまいます。

メラニン色素は、メラノサイト(メラニン細胞)で作られて分泌されます。

なので、メラノサイト(メラニン細胞)が増加すると自然とメラニン色素も増加してしまいます。

ただ、同じような似た原因でも先ほども書いたように「ほくろ」よりも「しみ」の方ができやすいです。

それは、メラノサイト(メラニン細胞)からは、多くのメラニン色素が分泌されます。

なので、皮膚の中にはメラノサイト(メラニン細胞)よりもメラニン色素の方が多くありますし

ほくろは、メラノサイト(メラニン細胞)が一か所に集まってできますが

しみは、メラニン色素の色素沈着がバラバラい薄く集まることでできてしまうからです。

ほくろができてしまう原因や増えやすい人の特徴などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

ほくろができる原因と増えやすい人の特徴!

まとめ

ほくろとしみの違いと見分け方はコレ!できる原因は同じ?について書いていきました。

ほくろとしみの違いは

ほくろ⇒メラノサイト(メラニン細胞)が一か所に多く集まってできるもの

しみ⇒メラニン色素の色素沈着が集まってできるもの

です。

ほくろもしみも似ていて見分けがつきにくいですが、簡単な見分け方の目安としては

・形
・色
・大きさ
・できる場所

などで見分けていくことができます。

そして、ほくろができる原因もしみができる原因も

・紫外線の浴び過ぎ
・肌のターンオーバーの乱れ

によってで、ほとんど同じで原因は似ていますが、ほくろよりもしみの方が比較的できやすいです。

ほくろがドンドン大きくなっていった時にまずはやってほしい対処法や注意してほしい症状などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろが大きくなって時の対処法と注意する症状!

ほくろの毛の正しい処理方法とやってはいけないことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろの毛の処理方法と注意すること!

ほくろを消して無くす方法や増えないようにしていく予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろを消す除去方法と増やさない予防対策!

スポンサーリンク