ほくろが大きくなった時の対処法はどうすればいいのか

ほくろがだんだん大きくなってきてしまうことがあります。

そんな、ほくろが大きくなった時にまずは必ずやってほしい対処法や

ほくろが大きくなる原因や

大きくなったほくろの状態で、こんな症状がある時は注意してほしいことなどについて書いていきます。

以前よりほくろが大きくなった時は、種類によって気をつけてほしいことがあるので注意してください。

スポンサーリンク

ほくろが大きくなった時の対処法

ほくろが以前よりも大きくなった時の対処法は、皮膚科や病院などで大きくなったほくろの状態を検査してもらうことです。

えっ?

ほくろが大きくなっただけで、皮膚科や病院に行って検査してもらわなくてはいけないの?

って思いますよね。

そこで、いったいどうしてほくろが大きくなった時に検査が必要なのかその理由は

ほくろには、良性のほくろと悪性のほくろがあるからです。

良性のほくろっていうのは、普通のほくろで別に大きくなっても特に心配することはありません

しかし、悪性のほくろっていうのは、メラノーマと言われている皮膚がんの種類です。

メラノーマっていうのは、ほくろができる原因になっているメラノサイト(メラニン細胞)が悪性化した腫瘍です。

このメラノーマは、パッと見は普通のほくろと物凄く似ているのでなかなか見分けることができません

なので、皮膚科や病院などに行って、しっかりと大きくなったほくろが普通の良性のほくろか

それとも、メラノーマなのかを検査して診てもらわなくてはいけません

そして、メラノーマだった場合は、手術して早めに腫瘍を切除して取り除いてもらわなくてはいけません

これが、ほくろが大きくなった時の対処法です。

ほくろが大きくなる原因

ほくろが大きくなった時の対処法については、わかってもらえたと思います。

そこで、いったいどうしてほくろが大きくなってしまうのか

その原因は、良性のほくろと悪性のほくろ(メラノーマ)で違います。

良性のほくろ

良性の普通のほくろの場合の大きくなる原因は、ほくろが増える原因と同じで

・紫外線を多く浴びてしまう
・ストレスを抱え込み過ぎてしまう
・睡眠不足
・加齢
・肌に刺激を多く与えてしまう
・ホルモンバランスが乱れてしまう

などのことによって

メラノサイト(メラニン細胞)が多くなり一か所に集まってしまうからです。

ほくろとは何か、増えてしまう原因などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

ほくろが増えてしまう注意する原因!

悪性のほくろ

悪性のほくろ(メラノーマ)の場合の大きくなる原因は

・遺伝
・紫外線を多く浴びてしまう
・肌に刺激を多く与えてしまう

などです。

これらのことが原因で、メラノサイト(メラニン細胞)が悪性化してしまいます。

スポンサーリンク

ほくろが大きくなった時にこんな症状は注意

ほくろが大きくなってしまう原因については、わかってもらえたと思います。

そして、ほくろには良性のほくろと悪性のほくろがあります。

そこで、ほくろが大きくなった時にこんな症状があるほくろは注意してほしい

良性のほくろか悪性のほくろかの見分け方の目安として

・ほくろの形
・ほくろの大きさ
・ほくろの色

があります。

この3つの症状のうち、どれか一つでも当てはまる症状がある場合は注意してください。

形の見分け方

ほくろが大きくなった時に注意してほしい症状として、ほくろの形は

ほくろが左右非対称
ほくろの周りの端がギザギザしている

です。

ほくろっていうのはある程度円形の形をしていますよね。

それが、円形ではなくて左右非対称の少しいびつな形をしているほくろは注意してください。

そして、ほくろの周りの端がギザギザして凸凹していて滑らかではないほくろも注意してください。

大きさの見分け方

ほくろが大きくなった時に注意してほしい症状として、ほくろの大きさは

ほくろが急に大きくなった
ほくろの大きさが5mm以上ある

です。

ほくろは大きくなりますが、それは何年もかけてゆっくりと大きくなっていきます。

しかし、1~2年などの短い期間で急にほくろが大きくなってしまった時は注意してください。

そして、ほくろの大きさが5mm以上ある場合も注意してください。

色の見分け方

ほくろが大きくなった時に注意してほしい症状として、ほくろの色は

色ムラがある

です。

ほくろの色が均一していなくて濃かったり薄かったりなどして色ムラがあるほくろは注意してください。

ほくろが大きくなった時に、このような症状のうちどれか一つでも該当する症状がある場合は注意してください。

まとめ

ほくろが大きくなった時の対処法!原因とこんな症状は注意!について書いていきました。

ほくろが大きくなった時にまずやってほしい対処法は、皮膚科や病院に行ってほくろを検査して

大きくなったほくろが良性のほくろか悪性のほくろ(メラノーマ)かをしっかりと検査してもらってください。

悪性のほくろは、メラノーマと言われるメラノサイト(メラノ細胞)が悪性化した皮膚がんの種類です。

なので、できるだけ症状が悪化してしまう前に手術して腫瘍を切除しなくてはいけません

なかなか自分では良性のほくろか悪性のほくろか見分けることは難しいですが

・ほくろが左右非対称
・ほくろの周りの端がギザギザしている
・ほくろが1~2年で急に大きくなった
・ほくろの大きさが5mm以上ある
・ほくろの色が均一でなく色ムラがある

などの症状のうちどれか一つでも当てはまるものがある時は注意してください。

ほくろに太く長い毛が生える原因と正しい処理方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろの毛が太く長い原因と処理の仕方!

ほくろとしみができる原因の違いやどっちなのか見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろとしみができる原因は違うの?見分け方とは!

ほくろを小さくする方法や除去して消す方法とできないようにする予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろを小さくする方法と除去する方法と予防対策!

スポンサーリンク