ほくろを小さく目立たなくすることはできるのか

大きなほくろがあったり、ほくろが多くあったりするとほくろが目立って気になってしまいます。

なので、ほくろを小さくしたいなって思ったり、消したいなって思いますよね。

そこで、ほくろを小さくすることはできるのか

ほくろを消す方法は、どんな種類のやり方があるのか

そして、ほくろが増えたり大きくなってしまうのを防いでいく予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

ほくろを小さくできる?

ほくろが大きかったり、多くあるとほくろが物凄く目立ってしまうので嫌ですよね。

なので、できるだけほくろを小さくして目立たなくしたいです。

そこで、ほくろを小さくすることはできるのかな?って思いますよね。

しかし、残念ですが、ほくろの大きさを小さくすることはできません

ほくろっていうのは、皮膚の中にあるメラノサイト(メラニン細胞)が集まって塊になっています。

なので、皮膚の表面からのケア対策などでは、今できているほくろを自分で小さくして目立たなくしていくことはできません

でも、ほくろを除去して消したり、大きくならないようにしたり、増えないようにしたりする予防対策はあります。

ほくろを消す方法はコレ

ほくろの大きさを小さくすることはできないっていうのは、わかってもらえたと思います。

なので、ほくろが気になる場合は、ほくろを除去して消していかなくてはいけません

そこで、ほくろを消す方法には、どんなやり方があるのかっていうと

ほくろ除去クリームを使う
切除手術をする
レーザー治療をする

の3つの方法があります。

この3つの方法のどれかで、ほくろを取り除いて消していくことができます。

ほくろ除去クリーム

ほくろを消す方法でほくろ除去クリームを使うっていうのは、自分でできるとても簡単なほくろの消し方です。

ほくろ除去クリームを使ったほくろの消し方は、ほくろ除去クリームをただほくろに塗っていくだけです。

ほくろ除去クリームには

・カソーダ
・精油ジェル
・ハーブ

などの種類があります。

ほくろ除去クリームをほくろに塗ることで、塗った部分の皮膚が軽く火傷のような状態になります。

それが、かさぶたになってほくろを取っていきます。

注意点

ほくろ除去クリームを使ってほくろを消す場合の注意点は

・火傷や肌荒れなどの跡が残る場合がある
・日本では販売されていない

などです。

ほくろ除去クリームは、皮膚に直接塗って皮膚を軽く火傷させていきます。

なので、やり方が間違っていたり皮膚の状態によっては、火傷の跡が残ってしまったり

肌が荒れてしまったりなどの症状が出てしまうことがあります。

そして、日本では販売されていないので、購入したい場合はインターネットなどで自分で海外から購入しなくてはいけません

切除手術

ほくろを消す方法で切除手術っていうのは、メスでほくろを取り除いていく手術です。

ほくろの周辺の皮膚を切断して、ほくろを取り除いていき

ほくろを取り除いた後に、傷口を縫ってから抜糸をしていきます。

切除手術は、しっかりと皮膚の奥からほくろを取り除いていくことができますし

大きなほくろもしっかりと取り除いて消していくことができます。

ほくろが小さい場合は、切除じゃなくて「くり抜き」といってほくろの境界ぎりぎりをくり抜いていくこともできます。

注意点

切除手術によるほくろの除去方法で注意してほしいことは

・傷跡が残る場合がある

です。

小さいほくろの「くり抜き」は、切除しないので大丈夫ですが

大きいほくろの場合は、どうしても切除して縫って抜糸をするので傷跡が残る場合があります。

なので、切除手術は顔や首まわり以外のほくろを消すにはおすすめです。

レーザー治療

ほくろを消す方法でレーザー治療っていうのは、メスを使わずにレーザーでほくろを除去していく方法です。

おすすめなのが「炭酸ガスレーザー治療」です。

炭酸ガスレーザーは、ほくろに炭酸ガスレーザーを当てて、ほくろの水分を吸収して蒸散作用でほくろを消していきます。

皮膚を切断することなく、ほくろだけをレーザーで綺麗に消していくことができるのでほとんど傷跡も目立ちません

なので、顔や首まわりのほくろを消すのにおすすめです。

注意点

レーザー治療によるほくろの除去で注意してほしいことは

・5mm以上の大きいほくろは難しい

っていうことです。

レーザー治療は、レーザーをほくろに当てて水分を吸収して蒸散していくので、小さいほくろはいいのですが

5mm以上ある大きいほくろの場合は、レーザーでは対処しきれないので治療ができません

なので、5mm以上ある大きいほくろの場合は、上記で書いた切除手術になります。

これらが、ほくろを除去して消す方法です。

スポンサーリンク

ほくろを増やさない予防対策はコレ

ほくろを消す方法の種類については、わかってもらえたと思います。

そして、ほくろを増やさない大きくさせないための予防対策として心がけてほしいことは

ほくろの原因である皮膚の中のメラノサイト(メラニン細胞)を多く増えすぎないようにしていくことです。

そこで、ほくろを増やさない大きくしない予防対策は

紫外線対策
肌に強い刺激を与えない対策
ストレスを減らす対策
睡眠対策

などです。

紫外線対策

ほくろを増やさない予防対策で紫外線対策っていうのは

皮膚に紫外線を多く浴びてしまうと、どうしても紫外線から皮膚を守るためにメラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまいます。

なので、できるだけ紫外線が皮膚に多く当たらないようにしてください。

おすすめの紫外線対策としては

・日焼け止めをしっかりと塗る
・帽子をかぶる
・日傘をさす

などです。

紫外線対策は、夏っていうイメージが強いですが

夏だけじゃなくて紫外線は、一年中あるので曇りの日なども注意してしっかりと紫外線対策を心がけてください。

肌に強い刺激を与えない対策

ほくろを増やさない予防対策で肌に強い刺激を与えない対策っていうのは

肌に強い刺激を与えてしまうと、肌のターンオーバーが乱れてメラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまいます。

なので、肌にあまり強い刺激を与えないでください。

肌に強い刺激を与えない対策としては

・顔や体を優しく洗う
・肌をしっかりと保湿する
・締め付けの強い下着をつけない

などです。

顔や体をゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷めてしまうので、優しく洗うようにしたり

肌が乾燥してしまうと痒くなりかいてしまって肌を傷つけてしまうので、肌が乾燥しないようにしっかりと保湿ケアをしたり

などです。

ストレスを減らす対策

ほくろを増やさない予防対策でストレスを減らす対策っていうのは

ストレスを溜め込み過ぎてしまうと肌のターンオーバーが乱れてメラノサイト(メラニン細胞)が増えてしまいます。

なので、できるだけストレスをうまく解消して減らして溜め込まないようにしてください。

睡眠対策

ほくろを増やさない予防対策で睡眠対策っていうのは

睡眠不足が続いてしまうと成長ホルモンの分泌量が減ってしまったりストレスが溜まったりして肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

なので、できるだけ毎日しっかりと6時間以上は睡眠時間を確保してぐっすりと寝るようにしてください。

これらが、ほくろを増やさないために心がけてほしい予防対策です。

ほくろとは何か、増えてしまう原因やほくろができやすい人の特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろが増えたり大きくなる原因とは!

まとめ

ほくろを小さくできる?消す方法と増やさない予防対策はコレ!について書いていきました。

ほくろは自己ケアでは小さくしていくことができません

なので、ほくろが気になる場合は

・ほくろ除去クリームを使う
・切除手術をする
・レーザー治療をする

などして除去して消していかなくてはいけません

そして、ほくろが増えないようにしたり、大きくならないようにするための予防対策として

・紫外線対策
・肌に強い刺激を与えない対策
・ストレスを減らす対策
・睡眠対策

などのケア対策を毎日の生活習慣の中でしっかりと心がけていってください。

ほくろが大きくなってしまった時に必ずやってほしい対処法や注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろが大きくなった時の対処法と注意すること!

ほくろの毛の正しい処理方法と太くて長くなる原因などについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろの毛の処理の仕方と太く長くなる原因!

ほくろとしみの見分け方の違いやできてしまう原因の違いなどについては、コチラの記事に書いてあります。

ほくろとしみの違いとどっちか見分け方!

スポンサーリンク