部屋が乾燥する原因はいったい何か

寒い冬の季節になると部屋が乾燥してしまう

暖房をつけていると部屋が乾燥してしまう

冷房をつけていると部屋が乾燥してしまう

など、部屋が乾燥しやすい時っていろいろあります。

そして、部屋が乾燥していることによって風邪をひきやすかったり、喉が痛くなってしまったりしやすくなってしまいます。

そこで、部屋が乾燥する原因や、乾燥によって風邪をひいたり喉が痛くなってしまう原因などについて書いていきます。

スポンサーリンク

部屋が乾燥する原因はコレ

部屋が乾燥する原因は、空気中の水分が少なくなってしまい空気が乾燥してしまっているからです。

部屋が一番乾燥しやすい状態の時っていうのは、冬の寒い季節に部屋で暖房をつけている時ですよね。

そして、夏に冷房を部屋でつけている時も部屋が乾燥しやすくなってしまいます。

それぞれの部屋が乾燥しやすい原因について書いていきます。

冬に部屋が乾燥しやすい原因

冬に部屋が乾燥しやすい原因は、空気中に含まれている水分が冷え込んで雪や霜などになってしまうからです。

空気中の水分が雪や霜になって降ってしまうと、自然と空気中に含まれている水分量は少なくなってしまいます。

そして、太平洋側など雪があまり降らない地域も空気が乾燥してしまっているのは

冬の寒い季節は、西高東低の気圧配置で日本海側から太平洋側に空気が流れていきます。

なので、日本海側の雪が降りやすい地域の乾燥した空気がそのまま太平洋側に流れていってしまうからです。

更に、部屋が寒い時っていうのは暖房をつけていますよね。

暖房をつけることによって、部屋全体が暖かくなりますが、その暖房の熱によって空気中の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

ただでさえ、寒い季節は空気中の水分が少ないのに、それが更に暖房をつけることによって水分が少なくなってしまい部屋が乾燥してしまいます。

冷房をつけると部屋が乾燥する原因

夏の暑い季節に冷房をつけると部屋が乾燥しやすくなってしまう原因は、空気の冷却によってです。

冷房は、部屋の空気を冷却して冷たくしています。

この部屋の空気を冷却する時に、空気中に含まれている水分が水滴となって結露します。

それによって、空気中の水分が少なくなって冷房をつけていると部屋が乾燥しやすくなります。

よく冷房をつけている時っていうのは、外の室外機から水が排出されていますよね。

あの水は、空気中に含まれている水分が水滴になって排出されています。

スポンサーリンク

部屋の乾燥が原因で風邪をひきやすくなる

部屋が乾燥してしまう原因については、わかってもらえたと思います。

そして、部屋が乾燥してしまっていると風邪をひきやすくなります。

なぜ、部屋の乾燥が原因で風邪をひきやすくなるのかっていうと、空気が乾燥していることによって風邪のウイルスなどが空気中に多く漂ってしまうからです。

乾燥していない湿度が保たれている部屋では、風邪のウイルスなどは床などの低い場所に落ちていきます。

しかし、湿度が低い乾燥している場所では、風邪のウイルスなども乾燥して空気中に漂っている時間が長くなり

それによって、口や鼻から風邪のウイルスなどを吸い込みやすくなってしまい体内に風邪のウイルスが侵入してきてしまい風邪をひきやすくなってしまいます。

部屋の乾燥が原因で喉が痛くなる

部屋の乾燥が原因で喉が痛くなるっていうのは、空気が乾燥していると自然と喉など水分も蒸発して喉が乾いた状態になってしまいます。

喉が乾いた状態になってしまうと、喉の粘膜も乾燥してしまいます。

そこに、空気中に漂っているホコリやゴミなどが喉に多く入ってきてしまい、それらが原因で喉が炎症を起こして痛くなりやすくなります。

更に、先ほどかいたように風邪のウイルスなども多く侵入してきてしまい、それによって炎症を起こしたりして痛くなりやすくなります。

このように、部屋が乾燥してしまっていることによって、肌が乾燥してしまうだけじゃなくて

風邪をひきやすくなってしまったり、喉が痛くなりやすくなってしまったり

更には、頭皮が乾燥してフケが多くなってしまったりなど、色々な症状が出やすくなってしまいます。

なので、しっかりと部屋が乾燥しないように部屋の乾燥対策を行って、部屋の湿度を保っていくようにしてください。

部屋の乾燥対策でおすすめの簡単な対処法については、コチラの記事に色々書いてあります。

部屋を乾燥させない簡単な予防対策はコレ!

まとめ

部屋が乾燥する原因はコレ!風邪をひいたり喉が痛くなる!について書いていきました。

部屋が乾燥してしまう原因は、空気中に含まれている水分量が減少してしまっているからです。

冬の寒い季節は、自然と空気中の水分が少なくなってしまいますし

それに加えて、暖房などの熱によってより多くの水分が蒸発して少なくなってしまいます。

そして、冷房を部屋でつけていることによっても、空気中の水分が減少して乾燥しやすくなってしまうので注意してください。

部屋が乾燥してしまっていることによって、肌の乾燥や肌荒れだけじゃなくて、風邪をひきやすかったり、喉が痛くなりやすかったり

など様々な症状の原因にもなってしまいます。

部屋の乾燥を防いで部屋をしっかりと保湿していく加湿器の効果を高める置き場所や使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

部屋の乾燥を防ぐ加湿器の効果的な使い方!

加湿器が汚れてしまっていると部屋全体の空気が臭くなってしまったりしてしまうので、加湿器を綺麗に使っていく為のおすすめの掃除方法については、コチラの記事に書いてあります。

加湿器を綺麗に保つ簡単な掃除のやり方!

加湿器の種類の違いやメリットやデメリットなどについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器の4つの種類の違いと特徴!

寝るときに加湿器をつける時の正しい使い方や逆効果になる気をつけてほしい注意点などについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器を寝るときに使う時の使い方!

スポンサーリンク