加湿器の種類の違いは、加湿方法です。

加湿器の加湿の仕組みの違いによって、それぞれ特徴がありメリットやデメリットがあります。

そこで、加湿器の種類やそれぞれの加湿方法の仕組みや特徴

それによって起こるメリットやデメリット

そして、自分の使い方に合った加湿器の選び方のポイントなどについて書いていきます。

加湿器の種類によって、電気代はもちろんのこと、色々なメリットやデメリットなどの違いがありますからね。

スポンサーリンク

加湿器の種類の違いはコレ

加湿器の種類は、大きく分けて

スチーム式加湿器
気化式加湿器
超音波式加湿器
ハイブリッド式加湿器

の4つの種類があります。

それぞれ加湿方法の仕組みが違っていて、簡単に説明すると

スチーム式加湿器⇒蒸気を出して加湿する

気化式加湿器⇒水分を含んだ冷たい空気をだして加湿する

超音波式加湿器⇒ミスト状の細かい水の粒子を出して加湿する

ハイブリッド式加湿器⇒蒸気と水分を含んだ冷たい空気の両方を使い分けて加湿する

です。

スチーム式加湿器の仕組みと特徴

スチーム式加湿器の仕組みは

タンクに水を入れる

その水を電気の力で加熱させる

水蒸気をファンで放出する

です。

スチーム式加湿器は、やかんでお湯を沸かした時に出る水蒸気で部屋を加湿していくっていうイメージですね。

スチーム加湿器を1時間使った時の電気代は、だいたい7円前後になります。

スチーム式加湿器のメリット

スチーム式加湿器のメリットとしては

早く湿度を上げることができる
加熱することで水蒸気内の殺菌ができる
部屋も暖かくすることができる

などです。

スチーム式加湿器は、水蒸気で加湿していくので、加湿器の種類の中では一番加湿力があります。

そして、水を加熱しているので殺菌効果があります。

更に、温かい水蒸気を放出しているので、それによって部屋自体も暖かくしていくことができます。

スチーム式加湿器のデメリット

スチーム式加湿器のデメリットとしては

電気代が高くなる
吹き出し口が熱くなる
長時間使うと結露が出やすくなる

などです。

スチーム式加湿器は、どうしても電気の力で水を加熱しているので、その分電気代が高くなってしまいます。

なので、4つの種類の加湿器の中では、一番電気代が高くなってしまいます。

そして、熱い水蒸気を出しているので、加湿器の吹き出口も熱によって熱くなってしまいます。

水蒸気を出しているので、長時間使うとどうしても結露が出やすくなってしまいます。

気化式加湿器の仕組みと特徴

気化式加湿器の仕組みは

中に入っているフィルターに水を含ませる

水が含まれているフィルターに風を当たる

水分を含んだ冷たい空気を放出する

です。

気化式加湿器は、洗濯物を部屋干ししているイメージですね。

濡れた洗濯物が乾燥した空気に触れることによって、水分を空気中に混ぜていき加湿していく感じです。

気化式加湿器を1時間使った時の電気代は、だいたい0.5円前後です。

気化式加湿器のメリット

気化式加湿器のメリットは

電気代が安い
吹き出し口が熱くならない
小さい部屋や部分的な加湿におすすめ

などです。

気化式加湿器のメリットはなんといっても、電気代が一番安いことです。

熱を作らなくてもいいので、ただ風を送っているだけなので、扇風機を使っているっていう感じです。

そして、熱によって吹き出し口が熱くならないので、小さい子供がいる部屋でも安心して使っていくことができます。

気化式加湿器のデメリット

気化式加湿器のデメリットとしては

加湿力が弱い
湿度が上がるのが遅い
部屋を暖かくすることができない

などです。

気化式加湿器は、加湿器の種類の中でも一番加湿力が弱いです。

そして、加湿力が弱いので、どうしても湿度を上がるのに時間がかかってしまいますし

部分的にしか湿度を上げることができないので、広い部屋などではあまり加湿の効果が得られません

そして、熱を使っていないので、部屋を暖かくしていくことができません

スポンサーリンク

超音波式加湿器の仕組みと特徴

超音波式加湿器の仕組みは

タンクに水を入れる

タンクの水に超音波の振動を与える

振動によって水分を細かい粒子にする

粒子がミスト状になって放出する

です。

超音波式加湿器は、霧吹きで霧を出しているイメージですね。

超音波の振動で、水を物凄い細かいミスト状にして、ただ放出していっています。

超音波式加湿器を1時間使った時の電気代は、だいたい1円前後です。

超音波式加湿器のメリット

超音波式加湿器のメリットは

すぐに加湿してくれる
熱を作らないので電気代が安い
お洒落な形の種類が多い

などです。

超音波式加湿器は、ミスト状の細かい水をそのまま放出しているので、加湿してくれるスピードは速いです。

電気によって振動を起こしていますが、熱を作らないので気化式加湿器の次に電気代が安いです。

そして、超音波式加湿器の一番のメリットとなるのが、お洒落な形の種類が多いので部屋のインテリアとしても置いておくことができます。

超音波式加湿器のデメリット

超音波式加湿器のデメリットとしては

床や周辺が濡れやすい
雑菌が繁殖しやすい
部屋が暖かくならない

などです。

超音波式加湿器は、ただ水を細かく放出しているだけなので、どうしても床や加湿器の周辺が濡れやすくなってしまいます。

そして、加熱していないので、殺菌効果もないですし、床や周辺がぬれやすくなってしまうので、雑菌などが繁殖しやすい状態になってしまいます。

熱を作っていないので、部屋も暖かくはなりません

ハイブリッド式加湿器の仕組みと特徴

ハイブリッド式加湿器の仕組みは、スチーム式加湿器と気化式加湿器の両方を合わせた感じで加湿していきます。

部屋の湿度が低い状態の時は

中に入っているフィルターに水を含ませる

電気の力でヒーターを温める

ヒーターから出て来る温風をフィルターに当てる

水蒸気によって加湿する

です。

そして、部屋の湿度が上がってくると

ヒーターを止める

普通の風を水を含んだフィルターに当てる

水分を含んだ冷たい空気で加湿する

です。

ハイブリッド式加湿器を1時間使った時の電気代は、だいたい5円前後です。

ハイブリッド式加湿器のメリット

ハイブリッド式加湿器のメリットは、部屋の湿度の状態によって一番適した加湿方法で加湿してくれるです。

湿度が低い時は、一番加湿力のあるスチーム式で加湿してくれますし

湿度が上がってくると、電気代の一番かからない気化式で湿度を保って調整してくれます。

ハイブリッド式加湿器のデメリット

ハイブリッド式加湿器のデメリットは、加湿器自体の価格が一番たかいことです。

スチーム式や気化式や超音波式などの加湿器は、数千円から買うことができますが

ハイブリッド式加湿器は、1万円を超える本体価格です。

加湿器の選び方のポイント

加湿器の種類の仕組みやそれぞれのメリットやデメリットなどの特徴については、わかってもらえたと思います。

どれも良い面も悪い面もあります。

そこで、簡単な選び方のおすすめポイントをまとめてみると

加湿力で選ぶ場合⇒スチーム式加湿器

電気代がかからない加湿器を選ぶ場合⇒気化式加湿器

オールマイティな機能の加湿器を選ぶ場合⇒ハイブリッド式加湿器

見た目のデザインで加湿器を選ぶ場合⇒超音波式加湿器

安全性を重視する加湿器を選ぶ場合⇒気化式加湿器か超音波式加湿器

などになります。

自分の用途に合った加湿器を買っていくのが選び方のポイントになってくるので参考にしてみてください。

加湿器の効果的な置き方や設置場所などについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器をより効率よく使う使い方!

まとめ

加湿器の種類の違いはコレ!仕組みや特徴と選び方のポイント!について書いていきました。

加湿器には4つの種類があって、それぞれ加湿していく仕組みが違います。

スチーム式加湿器⇒蒸気を出して加湿

気化式加湿器⇒水分を含んだ冷たい空気をだして加湿

超音波式加湿器⇒ミスト状の細かい水の粒子を出して加湿

ハイブリッド式加湿器⇒スチームと気化の両方を使い分けて加湿

です。

それぞれの種類によってメリットやデメリットがあるので、自分の用途に一番近い合っている加湿器を選んで

乾燥している部屋をしっかりと加湿して保湿して、快適に過ごしていってください。

加湿器を正常に使っていく為に、綺麗な状態を保つ為の掃除の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器の掃除の仕方と綺麗するポイント!

寝室など寝るときに加湿器を使用していく時の正しい使い方や注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

加湿器をつけて寝るときの正しい使い方!

加湿器だけじゃなくて、部屋の乾燥を防いでいく簡単なおすすめの保湿のやり方については、コチラの記事に書いてあります。

部屋の乾燥対策におすすめの保湿の仕方!

部屋を暖かくする為のおすすめの対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

部屋をすぐに暖めていく良い対策方法!

スポンサーリンク