Wi-Fiルーターの寿命年数はどれくらいなのか

Wi-Fiルーターは一度購入して設定すると、そのままずっと使い続ける人が多いですよね

しかし、Wi-Fiルーターには寿命年数がありますし

故障しなくてもいつまでも同じWi-Fiルーターを使い続けていると、ネットに繋がるスピードが遅くなってしまったり

など色々な不都合などが起こりやすくなってしまいます。

そこで、Wi-Fiルーターの寿命年数やWi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安などについて書いていきます。

スポンサーリンク

Wi-Fiルーターの寿命年数は?

Wi-Fiルーターの寿命年数には

本体寿命
規格寿命
セキュリティ寿命

などの3つの寿命年数があり

このうちのどれか一つでも当てはまるものがある時は、Wi-Fiルーターの寿命と考えなくてはいけません

本体寿命

Wi-Fiルーターの寿命年数で、本体寿命っていうのは

Wi-Fiルーター本体の機械として使える寿命年数っていうことです。

Wi-Fiルーターの本体の寿命年数は、4~5年くらいです。

Wi-Fiルーターを使い始めて4~5年くらい経ってくると本体の耐久性や基盤の消耗による劣化などが起こりやすくなってきます。

それによって、通信速度が遅くなってきてしまったり接続状態が悪くなってきたりなどの症状が出やすくなってきます。

規格寿命

Wi-Fiルーターの寿命年数で、規格寿命っていうのは

使っているWi-Fiルーターの性能が古くなってしまい

現在販売されている新しいパソコンやスマホなどに搭載されている通信規格に対応しきれなくなってしまいます。

Wi-Fiルーターの規格寿命年数は、だいたい2~6年くらいです。

この規格寿命年数の2~6年っていうのは、新しい規格が登場するのがだいたい2~6年くらいの周期だからです。

Wi-Fiの規格の一覧

2021年現在までのWi-Fiの規格の一覧は

・IEEE802.11b(最大通信速度11Mbps)
・IEEE802.11a(最大通信速度54Mbps)
・IEEE802.11g(最大通信速度54Mbps)
・IEEE802.11n(最大通信速度600Mbps)
・IEEE802.11ac(最大通信速度6.9Gbps)
・IEEE802.11ax(最大通信速度9.6Gbps)

となっていて

上から順に古い規格で下にいくほど新しい規格になっていて通信速度が早くなっています。

なので、一度使っているWi-Fiルーターの規格を調べて確認してみてください。

セキュリティ寿命

Wi-Fiルーターの寿命年数でセキュリティ寿命っていうのは

Wi-Fiルーターは、通信を暗号化して他の人がアクセスできないようにセキュリティされています。

このセキュリティも段々とより安全性を高めるために進化していっています。

なので、古いWi-Fiルーターを使っている場合は、セキュリティの暗号化も古いタイプになっています。

このWi-Fiルーターのセキュリティ寿命も規格寿命と同じような感じで、だいたい2~6年くらいです。

これらが、Wi-Fiルーターの寿命年数とされていて、Wi-Fiルーターが壊れていなくて使える状態でも

新しいWi-Fiルーターに買い替えた方がより快適で安全に使っていくことができますよ

っていう寿命年数です。

なので、Wi-Fiルーターの寿命年数は、Wi-Fiルーターの本体寿命もありますが

それ以外の規格寿命やセキュリティ寿命もあるので、どのタイミングで現在のWi-Fiルーターを使い始めたかも重要になってきます。

スポンサーリンク

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安

Wi-Fiルーターの寿命年数については、わかってもらえたと思います。

そして、現在使っているWi-Fiルーターを新しいWi-Fiルーターに買い替えるタイミングの目安としては

Wi-Fi接続が切れやすくなった時
通信速度が遅くなったと感じた時
契約回線の変更をした時
Wi-Fiに接続するデバイスが増えた時
パソコンを買い替えた時
スマホを買い替えた時

などです。

Wi-Fi接続が切れやすくなった時

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安で、Wi-Fi接続が切れやすくなった時っていうのは

パソコンやスマホを使っている時に、急にWi-Fi接続が切れたりしてネットに繋がらないことが増えてしまったりした時です。

Wi-Fi接続が切れやすくなった時っていうのは、Wi-Fiルーターの本体寿命がきてしまっていることが多いです。

通信速度が遅くなったと感じた時

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安で、通信速度が遅くなったと感じた時っていうのは

パソコンやスマホを使っていてページの更新スピードが遅くなったり

動画などを見ている時に止まりやすくなったり

などすることが増えた時ですね。

通信速度が遅くなったと感じた時もWi-Fiルーターの本体寿命がきてしまっていることが多いです。

契約回線の変更をした時

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安で、契約回線の変更をした時っていうのは

現在使っている家などの契約回線を変更して、より最大通信速度を上げたりした時です。

契約回線の変更をしても、Wi-Fiルーターの通信規格が古いままだと通信速度は変わりません

なので、契約回線の変更をした時は、Wi-Fiルーターも新しいタイプに買い替えてください。

Wi-Fiに接続するデバイスが増えた時

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安で、Wi-Fiに接続するデバイスが増えた時っていうのは

パソコンやスマホが増えたり、テレビなどもWi-Fiに接続したりなど、今までよりもWi-Fiに接続するデバイスが増えた時です。

Wi-Fiルーターは、種類によって接続できるデバイスの数に上限があります。

なので、Wi-Fiに接続するデバイスが増えた時は、Wi-Fiルーターの買い替えもするようにしてください。

パソコンを買い替えた時

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安で、パソコンを買い替えた時っていうのは

新しいパソコンに買い替えた時は、通信速度が早くなっていたりセキュリティも新しいものになっていることが多いです。

今まで使っていたWi-Fiルーターでは対応しきれないことがあります。

なので、新しいパソコンの機能をしっかりと使うためにもWi-Fiルーターも新しく買い替えるのがおすすめです。

スマホを買い替えた時

Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安で、スマホを買い替えた時っていうのは

これも、パソコンを新しく買い替えた時と同じですね。

新しいスマホの機能をしっかりと使うためにもWi-Fiルーターも新しく買い替えるのがおすすめです。

これらが、Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安です。

Wi-Fiルーターの電波が弱い遅いを早くする簡単な改善方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fiルーターの電波が弱い時の改善方法!

まとめ

Wi-Fiルーターの寿命年数は?買い替えるタイミングの目安!について書いていきました。

Wi-Fiルーターの寿命年数は

・本体寿命⇒4~5年
・規格寿命⇒2~6年
・セキュリティ寿命⇒2~6年

と3つの寿命年数があります。

このうちのどれか一つでも今使っているWi-Fiルーターに当てはまるものがある時は

まだ使える状態のWi-Fiルーターでも寿命年数だと考えるのがいいです。

そして、Wi-Fiルーターを買い替えるタイミングの目安としては

・Wi-Fi接続が切れやすくなった時
・通信速度が遅くなったと感じた時
・契約回線の変更をした時
・Wi-Fiに接続するデバイスが増えた時
・パソコンを買い替えた時
・スマホを買い替えた時

などですね。

Wi-Fiルーターは、一度購入して設定するとよほどのことが無い限り新しいWi-Fiルーターに買い替えることが少ないですが

より快適にそして安全な状態でネットを楽しむためにもWi-Fiルーターの寿命や買い替えのタイミングをしっかりと確認しておいてください。

Wi-Fiルーターを選び方のコツや自分に都合が良いおすすめのWi-Fiルーターの選び方などについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fiルーターの選び方と家でのおすすめは!

Wi-Fi中継器の使い方や選ぶ時に気をつけてほしいポイントなどについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fi中継器の使い方と選び方のコツ!

Wi-Fiルーターが繋がらなくなった時の自分でできる簡単な対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fiルーターが繋がらなくなった時の対処の仕方!

スポンサーリンク