家のWi-Fiが遅い

Wi-Fiの電波が弱い

など、家でWi-Fiを使っている時に遅かったり弱かったりしてネットを快適に使えない時がありますよね。

そんな家のWi-Fiが遅い時に早くするための対処法はどうすればいいのか

家のWi-Fiが遅いのを早くするための自分ですぐにできる簡単な改善方法はどんな方法があるのか

など、家での快適なWi-Fi対策について書いていきます。

スポンサーリンク

家のWi-Fiが遅い時の対処法は?

家のWi-Fiが遅い一番の原因は、Wi-Fiルーターからの電波が届きにくくなっているからです。

Wi-Fiルーターからの電波が届きにくくなってしまう原因としては

・Wi-Fiルーターの故障
・Wi-Fiルーターの置き場所が悪い
・Wi-Fiルーターが古い
・Wi-Fiルーターの上限を超える機器の接続をしている

などです。

これらのことが原因で、Wi-Fiルーターからの電波をうまくキャッチすることができなくて

Wi-Fi接続が弱くなってしまっていたりして使っている機器のWi-Fiが遅くなってしまいます。

なので、家のWi-Fiが遅いと感じている時の対処法は

Wi-Fiルーターからの電波をしっかりと受け取れるようにしなくてはいけません

その為の対処法として、一番いい方法は現在使っているWi-FIルーターを最新のWi-Fiルーターに買い替えることです。

Wi-Fiルーターを新しいタイプに買い替えることで、最大通信速度も高くなり早くなりますし

Wi-Fiルーターの故障や不具合なども改善していくことができます。

なので、家のWi-Fiが遅い時の対処法は、新しいWi-FIルーターに買い替えるのが一番いい方法ですが

すぐに新しいWi-Fiルーターに買い替えたりできない時は、簡単な改善方法で遅い状態を早くしていくこともできます。

家のWi-Fiが遅い時の簡単な改善方法はコレ

家のWi-Fiが遅い時の対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、家のWi-Fiが遅い時に新しいWi-Fiルーターに買い替えなくてもできる簡単な改善方法としては

Wi-Fiルーターとデバイスを再起動する
Wi-Fiルーターの置き場所を替える
5GHzから2.4GHzに周波数を変える
使用していない機器の電源を切る
Wi-Fi中継器を置く

などです。

スポンサーリンク

Wi-Fiルーターとデバイスを再起動する

家のWi-Fiが遅い時の簡単な改善方法で、Wi-Fiルーターとデバイスを再起動するっていうのは

まずは、一番最初にやってほしい改善方法です。

Wi-Fiルーターの不具合や使用しているパソコンやスマホの不具合によって、Wi-Fiの電波をうまくキャッチすることができなくなっていることがあります。

なので、一度Wi-Fiルーターと使用しているデバイスを再起動してみてください。

再起動することで、正常な状態に戻ることがあります。

Wi-Fiルーターの置き場所を替える

家のWi-Fiが遅い時の簡単な改善方法で、Wi-Fiルーターの置き場所を替えるっていうのは

Wi-Fiルーターの置き場所によって、電波がうまく届かないことがあります。

なので、Wi-Fiルーターの置き場所を替えて、しっかりと電波が届くようにします。

Wi-Fiルーターの正しい置き場所

Wi-Fiルーターの正しい置き場所としては

床から1~2m上の場所に置く
できるだけ部屋の真ん中らへんに置く
壁際に置かない
電気機器から離れた場所に置く
ガラス扉などのラックの中に置かない
水槽の近くに置かない

などです。

これが、Wi-Fiルーターの正しい置き場所で、そうすることで電波をうまく届けることができるようになります。

5GHzから2.4GHzに周波数を変える

家のWi-Fiが遅い時の簡単な改善方法で、5GHzから2.4GHzに周波数を変えるっていうのは

Wi-Fiルーターの種類によっては、5GHzと2.4GHzの2つの周波数を切り替えるタイプがあります。

どちらの周波数もそれぞれにメリットとデメリットがありますが

5GHzの周波数は、2.4GHzの周波数に比べて通信速度が早いです。

なので、5GHzの周波数を使っている人が多いですが、5GHzの周波数は壁などの障害物があると電波の通りが悪くなってしまいます。

なので、5GHzの周波数を使っていて遅い時は、2.4GHzの周波数に変えて使ってみてください。

逆に、2.4Ghzの周波数を使っていて遅い時は、一度5GHzの周波数に変えてみてください。

使用していない機器の電源を切る

家のWi-Fiが遅い時の簡単な改善方法で、使用していない機器の電源を切るっていうのは

家でWi-Fiルーターを使用している時っていうのは、パソコンやスマホやテレビなど多くのデバイスを接続していることが多いですよね。

なので、Wi-Fiが遅い時は、一度使っていないデバイスの電源を切って、Wi-Fi接続を解除してみてください。

Wi-Fi中継器を置く

家のWi-Fiが遅い時の簡単な改善方法で、Wi-Fi中継器を置くっていうのは

Wi-Fiルーターと使っているデバイスの距離が遠いと電波が届きにくくなってしまうことがあります。

そこで、Wi-Fi中継器を置くことで、その距離を短くすることができて電波の届きが良くなります。

新しいWi-Fiルーターに買い替えなくてもWi-Fi中継器を置くことで、電波の届きが良くなります。

これらが、家のWi-Fiが遅い時の早くする簡単な改善方法です。

Wi-Fi中継器の使い方や設置方法と選ぶ時の注意点などについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fi中継器のうまい使い方と注意すること!

まとめ

家のWi-Fiが遅い時の対処法は?簡単な改善方法はコレ!について書いていきました。

家のWi-Fiが遅い原因としては、設置しているWi-Fiルーターからの電波が弱かったり届きにくくなっていることが多いです。

なので、一番いい対処法は、新しいWi-Fiルーターに買い替えたりすることです。

新しいWi-Fiルーターに買い替えることができない時の簡単な改善方法としては

・Wi-Fiルーターとデバイスを再起動する
・Wi-Fiルーターの置き場所を替える
・5GHzから2.4GHzに周波数を変える
・使用していない機器の電源を切る
・Wi-Fi中継器を置く

などが簡単でおすすめの改善方法です。

家のWi-Fiルーターの選び方のポイントやおすすめのタイプなどについては、コチラの記事に書いてあります。

家のWi-Fiルーターの選び方とおすすめ!

Wi-Fiルーターの寿命は何年くらいなのか、新しく買い替えるタイミングの目安などについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fiルーターを新しく買い替えるタイミングは!

Wi-Fiルーターが繋がらなくなった時の原因に多いことや自分でできる簡単な対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

Wi-Fiルーターが繋がらなくなった時の対処の仕方!

スポンサーリンク