洗濯物が凍ったら対処法は自然解凍して元の状態に戻していくことです。

冬の寒い時期に、洗濯物を外干ししていて部屋にしまい忘れてしまって、朝に洗濯物がパリパリに凍ってしまっている時があります。

そんなパリパリに凍ってしまった洗濯物は、すぐに部屋の中に取り込んで室内で自然解凍させていかなくてはいけません

そこで、室内で自然解凍していくやり方や注意してほしいこと

そして凍ってしまった洗濯物は、洗い直ししなければいけないのかなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

洗濯物が凍ったら対処法は自然解凍

冬の寒い季節に洗濯物を外干ししていて困ってしまうのが、外にそのまま放置してしまって洗濯物がパリパリに凍ってしまうことです。

そんな洗濯物が凍ってしまった時の正しい対処法は、すぐに部屋の中に洗濯物を入れて部屋干しで自然解凍していくことです。

洗濯物が凍ってパリパリになる原因

洗濯物が凍ってパリパリになる原因は、洗濯物に含まれている水分が外の冷たい空気によって凍ってしまうからです。

そして凍ってしまうことによって繊維がくっついてしまい洗濯物がパリパリに固まってしまいます。

洗濯物が凍ってしまう気温はだいたい5℃以下の気温だと言われています。

凍った洗濯物の自然解凍のやり方

凍ってしまった洗濯物を元の状態に戻していくには、解凍していかなくてはいけないのですが

急激に解凍してしまうと、洗濯物を傷めてしまったりしてしまいます。

そこで、自然解凍でゆっくりと解凍していくためには、そのまま洗濯物を部屋干ししていくことです。

部屋の中の温度は、外に比べると温かいですし洗濯物が凍ってしまう気温の5℃以上はあります。

なので、そのまま部屋干しをしているだけで、自然にゆっくりと解凍されていき洗濯物が元の状態に戻っていきます。

凍った洗濯物を解凍する時の注意点

凍ってしまった洗濯物を解凍していくは、部屋干ししてゆっくりと自然解凍させていくことが重要っていうことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、凍った洗濯物を解凍するときの注意点として

凍った洗濯物を直接触らない
ドライヤーやヒーターを直接当てない

ことです。

凍った洗濯物を直接触らない

凍った洗濯物を直接触らないっていうのは、洗濯物を室内に取り込む時にハンガーなどを持つようにしてください。

洗濯物を取り込む時っていうのは、洗濯物をハンガーなどから外してまとめて取り込むことが多いですよね。

しかし、凍ってしまっている洗濯物を直接手で触ってしまうと、洗濯物が折れ曲がったりしてしまいます。

普通の状態の時はいいのですが、凍っている状態で洗濯物が折れ曲がったりしてしまうと洗濯物の繊維を傷つけてしまい洗濯物が傷みやすくなってしまいます。

なので、できるだけ直接洗濯物に触れないように、ハンガーなどを持って優しく洗濯物を部屋の中に取り込むようにしてください。

スポンサーリンク

ドライヤーやヒーターを直接当てない

ドライヤーやヒーターを直接当てないっていうのは、急激に解凍してしまうと洗濯物が縮んでしまう可能性があるからです。

凍ってしまっている洗濯物を早く解凍しようとして、ドライヤーを当てたり、ヒーターの近くに置いたりしたくなりますよね。

しかし、ドライヤーやヒーターを凍っている洗濯物に直接当ててしまうと、すぐに解凍はできますが

急激に解凍してしまうと、その時に熱によって繊維が縮んでしまい洗濯物が縮んで小さくなってしまうことがあります。

なので、ドライヤーやヒーターの熱などを洗濯物に直接当てないで、できるだけゆっくりと自然解凍していくようにしてください。

部屋自体が寒いので、ヒーターなど暖房器具をつけるのはいいのですが、できるだけ直接当たらい位置で部屋干ししてください。

洗濯物が凍っても洗い直しはしなくてもいい

洗濯物が凍ってしまった時の対処法は、部屋干しで自然解凍していくこと

そして、自然解凍していく時に注意してほしいことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、凍ってしまった洗濯物を自然解凍で元の状態に戻した後に、洗濯物をまた洗い直ししなくてはいけないのかっていう心配がありますよね。

しかし、洗濯物が凍ってしまっても、また洗濯物を洗い直す必要はありません

先ほども書きましたが、洗濯物に含まれている水分がそのまま凍っています。

雨に濡れて汚れてしまったりしているわけではないので、洗濯物自体は凍ってしまっても綺麗な状態です。

なので、特にまた洗濯物を洗い直す必要はないので、乾いた後は、そのまま収納しても大丈夫です。

外干ししていて、洗濯物が雨で濡れてしまったりした場合の洗い直しの洗い方や対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物が雨で濡れてしまった時の洗い直しの洗い方!

まとめ

洗濯物が凍ったら対処法は自然解凍!洗い直しや注意すること!について書いていきました。

冬の寒い季節に、洗濯物を外干ししていると朝に洗濯物が凍ってしまっていることがよくあります。

そんな洗濯物が凍ってしまった時の対処法は、すぐに部屋の中に入れてそのまま部屋干しで自然解凍させて乾かしていってください。

自然解凍するときに、ドライヤーやヒーターのなどの熱を直接当ててしまうと、洗濯物が傷んでしまうので注意してください。

そして、洗濯物が凍っても洗濯物に含まれている水分が凍ってしまっただけなので、汚れてしまったわけではないので、洗い直しをする必要はありません

冬はどうしても洗濯物が乾きにくいので、外干しは夕方までにして、夕方以降は部屋干しに切り替えるようにしてください。

洗濯しても臭いが残る時の臭いを上手く取っていく洗い方のコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

臭いをしっかり取る洗い方のコツ!

洗濯物にほこりがよくついてしまう時のつかない予防対策と簡単なほこりの取り方などについては、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物にほこりをつけない対策と簡単な取り方!

スポンサーリンク