美味しいじゃがいもの見分け方は、どこを見て確認すればいいのか

スーパーなどでじゃがいもを買う時などに悩んでしまうのが、どのじゃがいもが美味しいのかっていうことですよね。

そこで、美味しいじゃがいもの見分け方のポイントや

じゃがいもを選ぶ時に注意してほしいポイントなどについて書いていきます。

少し古いじゃがいもを買ってしまうと腐るのが早いので気をつけて、美味しいじゃがいもを選んでください。

スポンサーリンク

美味しいじゃがいもの見分け方のポイント

美味しいじゃがいもの見分け方のポイントは

傷がない
ふっくら丸い形
でこぼこしていない
皮が薄い
中くらいの大きさ
同じ大きさなら重い方

などです。

なので、じゃがいもを買う時は、これらのポイントを忘れずにしっかりとチェックして選んでください。

傷がない

美味しいじゃがいもの見分け方で傷がないっていうのは

じゃがいもに傷がついてしまっていると、その部分が傷んでしまって水分や成分などが抜けて少なくなっていてあまり美味しくありません

なので、じゃがいも全体をしっかりと見て傷がついていないかを確認してください。

ふっくら丸い形

美味しいじゃがいもの見分け方でふっくら丸い形っていうのは

じゃがいもの形がふっくら丸い形になっているのは、水分や栄養素が多く含まれていて美味しいです。

なので、じゃがいもの形が少し縦長や横長など変形していないで、なるべくふっくらして丸い形のじゃがいもを選んでください。

でこぼこしていない

美味しいじゃがいもの見分け方ででこぼこしていないっていうのは、これもじゃがいもの形なのですが

くぼみが少なくでこぼこしていないじゃがいもは、しっかりと成長したじゃがいもです。

しかし、じゃがいもにくぼみが多くあったりしてでこぼこしているじゃがいもは、成長不良のじゃがいもが多いです。

なので、でこぼこしていないじゃがいもは美味しいじゃがいもです。

皮が薄い

美味しいじゃがいもの見分け方で皮が薄いっていうのは

皮が薄いじゃがいもは、新鮮なじゃがいもで水分も成分も多く含まれていて美味しいじゃがいもです。

じゃがいもは、日数が経つと段々と皮が厚くなってきます。

なので、じゃがいもを持った時に皮が薄いと感じる方のじゃがいもを選ぶようにしてください。

中くらいの大きさ

美味しいじゃがいもの見分け方で中くらいの大きさっていうのは

同じ種類のじゃがいもで、小さいじゃがいもは成長不足ですし

逆に大きいじゃがいもは、中がスカスカしていて空洞化していて水分が多く水っぽくなっていたりします。

なので、同じ種類のじゃがいもを見比べて小さすぎず大きすぎず中くらいの大きさのじゃがいもが美味しいじゃがいもです。

ただし、メークインのじゃがいもは、大きい方が美味しいじゃがいもなので種類に注意してください。

同じ大きさなら重い方

美味しいじゃがいもの見分け方で同じ大きさなら重たい方っていうのは

同じ大きさのじゃがいもでも、重たい方のじゃがいもは水分や成分がしっかりと詰まっています。

なので、同じ大きさのじゃがいもなら、より重たい方のじゃがいもの方が美味しいじゃがいもです。

これらが、美味しいじゃがいもの見分け方のポイントです。

甘くて美味しいさつまいもの見分け方のポイントや品種などについては、コチラの記事に書いてあります。

甘くて美味しいさつまいもの見分け方のポイント!

スポンサーリンク

美味しいじゃがいもを選ぶ時に注意するポイント

美味しいじゃがいもの見分け方のポイントについては、わかってもらえたと思います。

そして、美味しいじゃがいもを選ぶ時に注意してほしいポイントもあります。

それは、少し日数が経っているじゃがいもを選ばないことです。

日数が経っているじゃがいもを買ってしまうと腐るのが早いのです。

そこで、美味しいじゃがいもを選ぶ時に注意するポイントは

固さ
皮にシワがあるか
皮が変色していないか
芽があるか

などです。

固さ

じゃがいもの固さっていうのは、じゃがいもは、固い方が新しくて美味しいじゃがいもです。

柔らかくなっているじゃがいもは日数が経って水分が抜けてしまっているじゃがいもです。

日数が経っているっていうことは、それだけ保存期間が短く腐るのが早いので選ばないように注意してください。

皮にシワがあるか

じゃがいもの皮にシワがあるかっていうのは、じゃがいもの皮にシワがあるものは水分が抜けてしまっているじゃがいもです。

水分が抜けているので、柔らかくなってしまうのもすぐです。

なので、じゃがいもの皮にシワがあるのは、保存期間が短く腐るのが早いので選ばないように注意してください。

皮が変色しているか

じゃがいもの皮が変色しているかっていうのは、じゃがいもの皮は日数が経つを段々と緑色く変色してきてしまいます。

なので、じゃがいもの皮が変色しているのは、保存期間が短く腐るのが早いので選ばないように注意してください。

芽があるか

じゃがいもに芽があるかっていうのは、芽が出ているじゃがいもは、それだけ栄養分が芽に取られてしまっています。

そして、じゃがいもの芽には有毒なソラニンが含まれているので食べることができません

なので、じゃがいもに芽があるのは選ばないように注意してください。

これらが、美味しいじゃがいもを選ぶ時に注意してほしいポイントです。

じゃがいもは、日持ちする食べ物ですが日数が経ってしまっていると保存期間が短くなってしまい腐るのも早いので注意してください。

じゃがいもが腐っているかどうかの見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもが腐っているかの見分け方!

まとめ

美味しいじゃがいもの見分け方と選ぶ時に注意するポイント!について書いていきました。

美味しいじゃがいもを選ぶ時の見分け方のポイントは

・傷がない
・ふっくら丸い形
・でこぼこしていない
・皮が薄い
・中くらいの大きさ
・同じ大きさなら重い方

などです。

そして、じゃがいもを選ぶ時に注意してほしいポイントは

・固さ
・皮にシワがあるか
・皮が変色していないか
・芽があるか

などです。

これらのじゃがいもを選んでしまうと保存できる期間が短くすぐに腐って食べれなくなるので注意してください。

じゃがいもの賞味期限や美味しく長持ちさせる正しい保存方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもの賞味期限と長持ちさせる保存方法!

じゃがいもを食べることで得られる体に良い効果などについては、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもを食べることで得られる効果!

じゃがいもの種類は何が違うのか、新じゃがとの違いなどについてはコチラの記事に書いてあります。

じゃがいもの種類の違いや新じゃがとの違い!

スポンサーリンク