じゃがいもの種類はとても多くあります。

そんなじゃがいもの種類の中でも特にスーパーなどでよく見るじゃがいもの種類や

それぞれのじゃがいもの特徴やおすすめの料理法

そして、じゃがいもと新じゃがは何が違うのか、新じゃがの特徴やおすすめの料理法などについて書いていきます。

じゃがいもは種類によって特徴がありおすすめの料理方法がありますからね。

じゃがいもを美味しく食べるためにも種類や料理法を知っておくのがいいです。

スポンサーリンク

じゃがいものよく見る種類と特徴

じゃがいもには数多くの種類がありますが、その中でもスーパーなどでよく見る売られているじゃがいもの種類は

男爵いも
キタアカリ
メークイン

などです。

男爵いもの特徴

男爵いもは、一番よく見るじゃがいもの種類です。

男爵いもの特徴は

・丸い形をしている
・皮が茶色い
・くぼみがある
・含まれているでんぷんの量が多い

などです。

じゃがいもって言えば、この形のじゃがいもを想像する

よくスーパーなどで売られているじゃがいものほとんどは、この男爵いもですね。

これが、男爵いもの特徴です。

キタアタリの特徴

キタアタリっていうじゃがいもの種類の名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが

キタアタリの特徴は、男爵いもととても似ていて

・丸い形をしている
・皮が茶色い
・くぼみがある

などです。

男爵いもと何が違うの?って思ってしまいますが

キタアタリは、目の部分が少し赤みがかっています。

そして、男爵いもよりも含まれているでんぷん量は多いです。

これが、キタアタリの特徴です。

メークインの特徴

メークインもよくスーパーなどで売られているじゃがいもの種類です。

メークインの特徴は

・長い卵のような形
・皮の色は茶色
・くぼみが比較的浅い

などです。

なので、スーパーなどで丸い形ではなくて少し長いじゃがいもだなって思ったらメークインですね。

これらのじゃがいもが、よく見るじゃがいもの種類と特徴です。

スポンサーリンク

じゃがいものよく見る種類の料理法

じゃがいものよく見る種類の特徴については、わかってもらえたと思います。

そして、それぞれのじゃがいもの種類によって、おすすめの料理法があります。

そこで、男爵いもとキタアタリは同じ料理法なので

・男爵いものおすすめの料理法
・メークインのおすすめの料理法

について書いていきます。

男爵いものおすすめの料理法

男爵いものおすすめの料理法は

ふかしいも
ジャガバター
コロッケ
マッシュポテト

などです。

男爵いもは、比較的柔らかくて形が崩れやすいです。

なので、カレーや肉じゃがなどの料理にはあまり向いていません

でも、ホクホクした触感なので上記で書いた料理法などがおすすめです。

メークインのおすすめの料理法

メークインのおすすめの料理法は

カレー
シチュー
肉じゃが
煮物

などです。

メークインは、男爵いもと比べて比較的形が崩れにくいです。

なので、カレーや肉じゃがなどしっかりとじゃがいもの形が崩れないでほしい料理におすすめです。

これが、男爵いもやメークインなどよく見るじゃがいもの種類のおすすめの料理法です。

美味しいじゃがいもの見分け方のポイントなどについては、コチラの記事に書いてあります。

美味しいじゃがいもを選んで買うコツ!

じゃがいもと新じゃがとの違い

じゃがいもには、新じゃがと言われるじゃがいもの種類もありますよね。

そこで、じゃがいもと新じゃがとはいったい何が違うのかというと

じゃがいもは、完熟してから販売される

新じゃがは、完熟する前に販売される

が違います。

なので、じゃがいもは一年を通していつでも買うことができますが

新じゃがは、販売される時期が限定されていて4~6月の短い期間だけ買うことができます。

そして、新じゃがはじゃがいもに比べると保存期間が短いです。

これが、じゃがいもと新じゃがの大きな違いです。

新じゃがの特徴

新じゃがは、じゃがいもと違って完熟する前に販売されるっていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、新じゃがにはどんな特徴があるのかっていうと

皮が薄くて一緒に食べる
水分を多く含んでいて柔らかい
大きさは少し小さい

などの特徴があります。

新じゃがは完熟する前の段階なので、皮がとても薄くてすぐに皮を剥くことができますし

皮が薄いので剥かずに皮ごと食べることができます。

更に、新鮮なので水分を多く含んでいて柔らかいのですが、じゃがいもに比べて含まれているでんぷんの量は少ないです。

これが、新じゃがの特徴です。

新じゃがのおすすめの料理法

新じゃがの特徴については、わかってもらえたと思います。

そこで、新じゃがを使ったおすすめの料理法は

皮ごと煮物にする
皮ごと揚げ物にする

などです。

新じゃがは皮ごと食べることができるので、皮ごと食べるのがおすすめの食べ方です。

特に皮の付近には栄養素が多く含まれていますからね。

これが、じゃがいもと新じゃがの違いや新じゃがの特徴やおすすめの料理方法です。

じゃがいもの賞味期限や長持ちさせる正しい保存のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもの賞味期限と日持ちさせる保存のやり方!

まとめ

じゃがいものよく見る種類の特徴や料理法!新じゃがとの違い!について書いていきました。

じゃがいもには多くの種類がありますが、よくスーパーなどで見かけるじゃがいもの種類は

・男爵いも
・キタアタリ
・メークイン

などです。

男爵いもやキタアタリの特徴は、茶色くて丸い形をしたじゃがいも

メークインの特徴は、茶色くて長い卵のような形をしたじゃがいもです。

カレーやシチューや肉じゃがなどじゃがいもの形をしっかりと残したい料理には、メークインがおすすめです。

そして、じゃがいもは完熟してから販売されますが、新じゃがは完熟する前に販売されます。

なので、新じゃがは少し小さくて保存期間はじゃがいもに比べて短いですが

とても柔らかくて皮ごと料理して食べることができます。

じゃがいもが腐っているかどうか確認する方法や変色したり芽が出た時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもが腐っているか食べれるか確認方法!

じゃがいもを食べると体にどんな良い効果があるのかについては、コチラの記事に書いてあります。

じゃがいもの栄養成分と良い効果とは!

甘いさつまいもの品種と選ぶ時の見分け方などについては、コチラの記事に書いてあります。

甘いさつまいもの品種と選び方のポイント!

スポンサーリンク